スタディツアー

スタディツアー一覧

 永田研究室では、2008年に初めての海外スタディツアーを開始してから年に一度のペースで継続してきました。大学主催の企画が多いですが、日本国際理解教育学会の主催のものもあります。

 訪れた国やテーマは次の表の通りです。各回の報告書は下記のURLをクリックして下さい。

実施年度実施国/地域主なテーマ
2007 ラオス(ビエンチャン、ルアンパバーン)タイ(バンコク、カンチャナブリ) 世界遺産、孤児の教育、戦争と平和
2008 オーストラリア(アデレイド、カンガルー島) 自然との共生、持続可能なライフスタイル
2009 インド(シッキム、ダージリン) 生物多様性、フェアトレード、食と「いのち」
2010 ラオス(ビエンチャン、シェンクワン) グローバリゼーションと発展、参加型開発
2011 インド(ニューデリー、ダラムサラ) 難民、非暴力(ガンディー、ダライラマ法王)
2012 スリランカ(コロンボ、ゴール) 災害とリジリエンス
2013 オーストラリア(アデレイド、カンガルー島) 持続可能なライフスタイル
2014 スリランカ(キャンディ、シギリア) 女性のエンパワメント
2015 スイス(ジュネーブ) 難民問題、国際協力

 大学の研修として実施する回は、学生のニーズや国際社会のトレンドなどを考慮してトピックを設定し、現地に赴く前に事前学習会をくり返し、帰国後は日本語と英語で報告書やビデオを作成してきました。

 学習会では、海外で会う人物の著作を読んだり、関連のビデオを観たりして、討論を重ねます。これまでに現地で一緒に調査をしたり、インタビューしたりした人物の中には、ユネスコの専門家の他、ソンバット・ソンポン氏(マグサイサイ賞受賞者)やラジャ・バナジー氏(ラシュトリヤ・ラタン(インド・国の宝石)勲章受賞者)、ダライラマ法王14世(ノーベル平和賞受賞者)も含まれます。「本物」と直に接することを通して、学生たちの中には座学ではなかなか見られない、ちょっとした「跳躍」が起こります。

 また、2013年度からは教育学科開講の「発展途上国における教育問題I/II」という授業の一環としても実施するようになりました。前期に、発展途上国の教育問題の理論やデータを学び、スタディツアーに希望者は参加し、後期にはその報告書やビデオを作成するという一連の学びです。

以下、各回の報告会の様子や報告書です。

2007年度:ラオス&タイ

『ノンフォーマル教育におけるESDのグッドプラクティスを学ぶためのスタディーツアー』

Study Tour for Learning Good Practices of ESD in Non-Formal Education.

2008年度:オーストラリア

『持続可能な暮らしを学ぶESDスタディーツアー報告書:大学生の価値観・行動・ライフスタイルを育むESDとは』2010年

報告会レポート

報告書(英)

2009年度:インド

『持続可能な暮らしを学ぶESDスタディーツアー報告書:インドにおけるサスティナブルな生活様式と実践』

Learning to Live in a Sustainable Way through Mutural Understanding: Challenge of ESD Fostering Values, Behaviour and Life-styles of University Students.

ビデオ (ユネスコ本部コンペ「Learning Today to Tomorrowdにて最優秀作品賞を獲得した学生制作ビデオクリップ)

2010年度:ラオス

『「本当の豊かさとは何か」:ラオスにおける貧困と教育に関するフィールド調査:ESDスタディーツアー報告書』

2011年度:インド

『ESDスタディーツアー報告書:北インドで難民の人々と共に考える「希望」への道』

2012年度スタディツアー:スリランカ

『レジリエンス「しなやかな強さ」を学ぶスリランカESDスタディツアー』

2013年度スタディツアー:オーストラリア

『持続可能な食と農・エネルギー・教育を学ぶESDスタディツアー』

2014年度スタディツアー:スリランカ

『女性のエンパワメントと教育』

2015年度スタディツアー:スイス

『国際的な難民支援について学ぶスタディツアー@スイス・ジュネーブ』