平成15年度 第22回 教養講座(終了のご報告)

 本学の教養講座は昭和57年から開催しております。平成15年度の第22回教養講座は、統一テーマ「望み」にて実施し、田邉 菫元本学哲学科教授他、本学の4人の教員により各専門分野から実り多い講義が行われました。
 以下、ご参考までに教養講座の様子と募集概要をご紹介いたします。


第22回教養講座の様子


第1回


第2回


第3回


第4回


第5回


受講者の様子


募集概要(ご参考)
開講の言葉
 聖心女子大学は、マグダレナ・ソフィア・バラが1801年にフランスで創立した聖心女子学院の教育理念に基づいて、戦後、日本で最も早く1948年にスタートした大学の一つです。
 その教育理念は、一人一人の人間をかけがえのない存在として愛するキリストの精神に学び、学業を修め、その成果をもって社会との関わりを深めることにあります。
 この教育理念に基づいて、本学は50余年、多くの優れた人材を育て、社会に送り出すとともに、研究と教育の成果をさまざまな形で社会に還元するための努力を継続してまいりました。
 「聖心女子大学教養講座」はその一つとして長い歴史を持ち、多くの方々の参加を得てきました。毎回、統一テーマを、時代と社会が提起する問題から選び、それを本学の豊かな教授陣が講師として多角的な視点から考察・提言し、皆様と共に考え、認識を深めることを目的としています。
 この講座が皆様にとって、興味深くまた有意義であることを願い、同時に本学のあり方についても知っていただく機会になることを期待します。
 今回も多数の方々の参加を願ってやみません。
                   聖心女子大学学長 山縣喜代


統一テーマ「望み」
 平成15年度の教養講座の統一テーマには、「望み」を選びました。
 八方塞がりの、いわば「望みのない」時代として語られることの多い昨今の世相ですが、人間は何かを望むことなしに、人間として生き続けることはできないはずです。
 一口に望みと言っても、その内容はじつにさまざまです。ただ人間が一個の生物であり、文化の構成員であり、あるいは歴史的存在である以上、私たちが現に抱く望みは何らかので制約を受け、更には一定の方向に導かれていることだけは確からしく思われます。
 望みはいったいどこから来て、何に向かおうとするのでしようか。哲学・史学・文学・心理学のそれぞれの立場から語られる望みの種々相に耳を傾けつつ、受講生の皆様方ご自身の「望み」との、対話の機会とされてはいかがでしようか。


第1回 5月24日(土) 時間:10:30〜12:00
明治人の大望「不羈独立」
講師:佐々木 隆
聖心女子大学教授(史学)
内 容(募集要項より)
 明治の人々の大いなる望み「不羈独立」、それは「自分のことを自分で決められる」主体性のことである。それは国家・民族のあり方に始まり、団体・集団、個人のあり方としても希求された。明治人の悲願「不羈独立」の実相を多角的に検証する。

第2回 5月31日(土) 時間:10:30〜12:00
近代的個人と「望み」 −『ロビンソン漂流記』における自己探求の旅−
内 容(募集要項より)
ロビンソー・クルーソーをとらえた「運命の力」とは何か?また、彼が果てしなき自己探求の旅の中で見つけたものとは何か?本講座では、ダニエル・デフォーの『ロビンソン漂流記』を題材にして、市民社会の成立期にめばえた「近代的個人」という概念とその諸問題を考察していきます

第3回 6月7日(土) 時間:10:30〜12:00
蒋介石の理想と日中戦争
講師:味岡 徹
聖心女子大学教授(史学)
内 容(募集要項より)
 保守的で「旧中国」の代表者と言われている蒋介石にも独自の政治理想があり、彼はとくに日中戦争中にその理想実現のための改革に取り組んだ。彼がどのような理想を持ち、なぜ苦しい対外戦争中に改革に踏み切り、どのような結末を迎えたのかを考察する。

第4回 6月14日(土) 時間:10:30〜12:00
「私の研究における『望み』」
講師:川上 清文
聖心女子大学教授(心理学)
内 容(募集要項より)
 私自身の、ニホンザルの新生児・ヒトの胎児や乳児の心理学的研究について語る。胎児・新生児・乳児には、将来性という「望み」がある。また、この分野には、研究の発展性という「望み」もある。

第5回 6月21日(土) 時間:10:30〜12:00
聖書の世界と望み
講師:田邉 菫
聖心女子大学教授(哲学)
内 容(募集要項より)
 人は望みが全くないと生きられない。人の「いのち」について語る聖書の世界では、「望み」は根源的なテーマである。望みとは何かという考察ではなく、望みはどこから来るのか、また深い望みは人間の生き方とどのように関わるのかを考えてみたい。

平成15年度 春季教養講座
会場 聖心女子大学 3号館「宮代ホール」
受講料 全5回 3,000円(一般) 1,500円(学生)
※各回毎の受付はいたしません
終了証書 全5回出席された方には修了証書を発行いたします
定員 200名
受講資格 どなたでも受講できます。
申込期間 平成15年4月1日(水)より
締め切り 申し込み順に受け付け、定員に達した場合は、
受け付けを終了させていただきます。
申込方法
(1) 先ずお電話にてお申し込み下さい。
(2) 振込用紙兼申込書に必要事項をご記入のうえ、最寄りの銀行の窓口よりお振り込みください(機械振込はご遠慮ください)。
(3) ご入金後、受講証明書をお送りします。なお納入された受講料は、原則としてお返し致しませんのでご了承ください。
申し込み・
お問い合せ先
聖心女子大学入学広報室 (担当:三浦)
TEL.:03-3407-5242(直通)
TEL.:03-3407-5811(代表) 内線647


Copyright 1996-2003, University of the Sacred Heart, Tokyo   All rights reserved.