2008(平成20)年度 第27回 教養講座(終了のご報告)

 本学の教養講座は昭和57年から開催しております。2008(平成20)年度の第27回教養講座は、公開シンポジウム「国際交流の現場から」にて実施いたしました。
 以下、本年度の教養講座の様子とご参考までに募集概要をご紹介いたします。


第27回教養講座の様子

ご参加いただいた皆様、
どうもありがとうございました。



                 募集概要(ご参考)

     第27回 教養講座 公開シンポジウム「国際交流の現場から」

■ 本シンポジウムの主旨 ■
 本年度の「聖心女子大学教養講座」では、「国際交流の現場から」というテーマのもと、現在、社会人として活躍している本学卒業生を招き、「国際化・情報化・地球化時代に求められる人間像」について、さまざまな視点から語ってもらうことにしました。
 国際社会の中で、日本の役割と責任も大きく変わってきています。このような状況の中で、これまで日本人が考えていた「調整型のコミュニケーション能力」だけでは、実りある相互理解はできません。他の社会や文化を理解する積極的な受信能力と、自文化を理解し紹介できる発信力がより一層求められています。
 そのためには、社会や大学の場で、どのような学びをし、それをどのように生かしていけばよいのでしょうか。このシンポジウムを通じて、そのためのヒントや行動の「礎」を見出していただけたら幸いです。
 1993年設置の本学歴史社会学科国際交流専攻は、来年15周年を迎え、600人を越える卒業生が巣立っています。今回、世界というフィールドで活躍する卒業生を迎えることにより、国際交流専攻の教育の成果を感じていただけることを願いながら、本シンポジウムを開催致します。

■ 内 容 ■
13:00〜 開場・受付開始
13:30〜14:10 基調報告
日本に求められる人間像
行廣 泰三 本学 歴史社会学科 国際交流専攻 教授 (コミュニケーション論)
14:20〜16:00 シンポジウム
国際交流の現場から
パネリスト
 井上 まり子 (帝京大学医学部助教)
 岡橋 純子  (ユネスコ・パリ本部職員)
 橋本 直子  (国際移住機構 元国連日本政府代表部調査員)

進行 行廣 泰三
   内容の詳細につきましては以下のパンフレット(pdfファイル)をご参照ください。
 
     - - - - - - - - - - - - - -
 
  ■開 催 日■ 平成20年11月29日(土) 開場・受付開始 午後13時00分より
  ■ 場  所 ■ 聖心女子大学 3号館「宮代ホール」
  ■受 講 料■ 500円を当日いただきます。
  ■申込方法■ 事前にご予約をお願いしています。以下の予約申込用紙をご使用ください。
  ■お問合せ■ 聖心女子大学 入学広報室 教養講座係までお問合せください。



 


 


Copyright 1996-2006, University of the Sacred Heart, Tokyo   all rights reserved.