聖心女子大学

教育研究業績書

  • 文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大
検索トップに戻る

 

■英語英文学科 専任講師 杉本 淳子

2013.10.13更新

標準表示|強調表示

取得学位
修士(言語学)/ MA in Phonetics
教育活動
教育実践上の主な業績 年月日 概要
1 教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)
 
 
・語学授業における学生への個別指導
2005年度~現在
受講者数が30名以下の語学授業では、一人ひとりの学生に丁寧な指導ができるように心がけている。1年英語ではチュートリアルの時間をもうけ、一人ひとりの英作文の問題点を個別に指導した。
・講義形式授業における平常点の評価方法
2006年度~現在
人数の多い講義形式の授業で、「平常点を評価に加えてほしい」という学生からの要望に答えるため、平成18年度から前回授業の復習問題を出題し、その解答を出席カードの裏に書かせる方法を利用して出席をとった。効率よく出席をとることができ、また前回授業のよい復習にもなり学生に好評であった。
・卒論ワークショップの開催
2006年度~現在
長期休暇を利用して卒論ワークショップを開いている。文献収集の方法、剽窃防止の指導、論文アウトラインの決め方などを学生一人ひとりに対して具体的に指導している。
・文献収集の指導
2007年度~現在
3年演習、4年演習の学生に対する文献収集の指導。本学図書館の使用法は知っているが、論文の収集法などについての知識が不足している学生が多い。そのため英語学(特に音声学・音韻論)の分野の論文の探し方と入手方法について具体的に説明している。本学図書館だけでなく、他大学の図書館や国会図書館に積極的に出かけていく学生が増え、自分の力で文献を探し出す力が身についた。
・学生への個別発音指導
2005年度~現在
英語発音法の授業は受講者数が30名以下であるため、特に一人ひとりの学生に丁寧な指導ができるように心がけている。授業のはじめに文章を読んで録音したものを提出させ、弱点をチェックしてから各自の問題点を改善するための練習を授業中行った。
2 作成した教科書、教材、参考書
 
 
・東京外国語大学21世紀COEプログラム言語運用を基盤とする言語情報学拠点英語発音モジュール
2002年6月~現在(WEB上公開中)
小学生を対象とした英語発音教材。アクセント、リズム、イントネーションの問題・解答を作成。
 
 
 
研究活動
著書・論文等の名称 単著・共著の別 発行または発表の年月 発行所、発表雑誌(及び巻・号数)、発表・講演等のテーマ及び内容等の名称 編者・著者名(共著の場合のみ記入) 該当頁数
<著作>
 
 
 
 
 
大人の英語発音講座
共著
2003年9月
日本放送出版協会(NHK出版)
英語音声学研究会
担当: 第3章, 63頁~88頁
<辞書>
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
辞書学辞典
分担訳
2003年7月
研究社
R.ハートマン,G.ジェームズ(著)
竹林滋、他(訳監修)
分担訳
ライトハウス英和辞典 第5版
 
2007年10月
研究社
竹林滋、他(編)
発音執筆担当
 
 
 
 
 
 
<論文>
 
 
 
 
 
音声の語用論
共著
1999年11月
『東京外国語大学百周年記念論文集』
宗宮喜代子
Section 2.2-2.3; 4.2
(pp.84-92; pp.100-108)
 
 
 
 
 
 
What is coarticulation?
単著
2001年8月
RANDOM Vol. 26
 
pp.71-82
Quantitative analysis of English rhythm spoken by Japanese learners: focusing on vowel duration
単著
2003年6月
LEXICON (Vol. 33)
 
64~95頁
Historical development of English-Japanese dictionaries in Japan (7): Jukugo-Hon'i-Eiwa-Chu-Jiten (Saito's Idiomological English-Japanese Dictionary, 1915)
共著
2004年6月
LEXICON (Vol. 34)
Dohi, Kazuo et al.
pp.30-230
(pp.71-80; pp.168~170担当)
The stress and nucleus placement rule in English connected speech
単著
2007年1月
『聖心女子大学論叢』第108集
 
17~33頁
Historical Development of English-Japanese Dictionaries in Japan (8): Shin Eiwa Dai Jiten (Kenkyusha's New English-Japanese Dictionary on Bilingual Principles, 1927) by Yoshisaburo Okakura, General Editor
共著
2008
Lexicon No. 38
Dohi, Kazuo et al.
pp.156-299
An Analysis of the Merriam-Webster's Advanced Learner's English Dictionary
共著
2010
Lexicon No. 40
Kokawa, Takahiro et al.
pp.27-84
 
 
 
 
 
 
<発表・講演等>
 
 
 
 
 
母音長コントロールにみる日本人学習者による英語リズムの問題点
単独発表
2001年6月
日本音声学会 第303回研究例会
 
 
言語リズムをつくりだす日英音韻構造の比較
単独発表
2002年11月
日本英語学会第20回大会ワークショップ
 
 
シンポジウム:「新時代の音声教育」
東京外国語大学モジュール
英語発音モジュール
共同発表
2004年9月
日本音声学会第18回全国大会
 
 
東京外国語大学夏期英語セミナー講師
 
2006年8月1日、2日
関東地区の高等学校の英語教員を対象にした「高校英語教師のための英語セミナー」に講師として参加。発音や音声の指導法についての講義および演習。
 
 
第3回音声学入門講座『発音指導に役立つ英語音声学』
講師
2012年3月4日
日本音声学会
 
 
 
 
 
 
 
 
学会等および社会における主な活動
1998年10月~現在
日本音声学会
2004年4月~2010年3月
日本音声学会企画委員
2002年11月~現在
日本英語学会
2011年~
大学英語教育学会 (JACET)
 
 
 
 

▲ページトップへ