聖心女子大学

教育研究業績書

専任教員一覧に戻る



■人間関係学科 教授 岩上 真珠(イワカミ マミ)
専門分野および専門テーマ  社会科学、社会学、家族・親族・人口
ライフコースとジェンダー
取得学位 文学修士
学位取得大学 早稲田大学大学院
 
 

1. 教育活動
1-1 担当授業科目
年度事項
2015社会調査実習2,社会調査入門,人間関係共通演習 A,人間関係共通演習 B,家族社会学演習1,家族社会学演習2,(大学院)社会文化学共同演習Ⅰ,(大学院)社会文化学共同演習,(大学院)社会文化学論文演習Ⅰ
2016人間関係入門,基礎課程演習,家族社会学1,家族社会学2,人間関係共通演習,人間関係共通演習,家族社会学演習1,家族社会学演習2,社会調査実習2,社会学研究特論Ⅰ-1,社会学研究特論Ⅰ-2,社会学特論Ⅰ-1,社会学特論Ⅰ-2,社会文化学論文演習Ⅰ,社会調査入門,社会文化学共同演習Ⅰ,社会文化学共同演習
2017社会文化学共同演習Ⅰ,家族社会学演習2,家族社会学演習1,人間関係共通演習 B,人間関係共通演習 A,社会調査実習2,家族社会学2,家族社会学1,社会文化学論文演習Ⅰ,社会文化学共同演習
1-2 教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)
項目年月日概要等
・グリーン・カードの実施とリアクション・ペーパーの提出2002年~現在毎回グリーン・カードで出席確認をするとともに、授業終了時にリアクション・ペーパーの提出を求め、授業の理解度と興味の所在を知るように努めている。
・ビデオ視聴とディスカッション2005年~現在ビデオ視聴を取り入れた授業は、受講学生の授業参加意欲を高め、よりリアリティを持たせる効果がある。
・プレゼンテーションの実践2005年~現在受講学生がそれぞれのテーマで調べてきたことを、指名に応じてプレゼンテーションを行う。この方式は学生の学習意欲を高め学習効果をあげるのに役立っている。
・個人作業とグループ作業および全体目標との連携2014年~現在社会調査実習において、全体テーマのもので、各自の関心に応じてグループをつくり、グループごとに自主的にテーマを設定し、グループで話し合いながら作業を進める。調査票の作成、実査、集計、分析、報告書の作成まで、教員は、各自がグループで連携しながらそれぞれの課題を達成するよう促す。その際、MLでの指示と指導が効果的である。
・主体的グループ研究活動の実践2004年~2013年毎年聖心祭で、3年ゼミのゼミ発表を行っている。学生が主体となってテーマを決め、複数が協力して調査・分析することを通じて、主体的な研究活動の実践に取り組み、効果をあげている。
1-3 その他教育活動上の特記事項
項目年月日概要等
保健医療従事者用教材執筆2015年1月『ナーシング・グラフィカ健康支援と社会保障① 健康と社会・生活』第3版第5章「家族」(57-78頁)担当執筆(2004年第1版から継続担当)。
放送大学教材『リスク社会のライフデザイン』作成2014年3月編者及び主任講師。今日のリスク社会のなかで、家族がどう変容し、われわれはそれにどう対処すればいいかを多角的に論じた、放送大学ラジオ番組(2014年~2018年)用テキスト。
『大学生のためのキャリアデザイン入門』編著2014年6月大学生の学びと将来への備えを自覚した人生設計を、社会学、心理学、教育学の観点から第一線の研究者が分かりやすく解説した大学生向けテキスト。
『家族援助論 第11巻 改訂版』2007年11月2002年に発行した同名書の改定3版第2刷。
『エンサイクロペディア社会福祉学』2007年12月社会福祉学の総合事典(1312頁)「家族の歴史と概念」(902~905頁)担当。
放送大学教材作成2005年3月放送大学テレビ用テキスト『新訂 比較文化研究:若者とジェンダー』10章、12章執筆担当。
『新・保育士養成講座第11巻家族援助論』2002年4月1日保育士養成のための国家試験用テキスト。
『家族援助論』2002年7月福祉における家族援助の体系的テキスト。
『社会福祉基礎シリーズ13 ソーシャルワーカーのための社会学』2002年10月1日ソーシャルワーカーを目指す学生のための全17巻の社会福祉基礎シリーズの1つ。

2. 大学及び学校法人における役職の経歴
年月日概要等
2012年4月1日~2013年9月30日副学長(学生担当)
2012年4月1日~2013年9月30日健康サービスセンター長

3. 研究活動
著書・論文等の名称単著・
共著の別
発行または
発表の年月
発行所、発表雑誌
(及び巻・号数)、
発表・講演等のテーマ
及び内容等の名称
編者・著者名
(共著の場合のみ記入)
該当頁数
<著書>
『国際比較:若者のキャリア』共著2015年3月新曜社岩上真珠(編著)3-14頁,14-32頁,35-48頁
『リスク社会のライフデザイン』共著2014年3月放送大学教育振興会宮本みち子・岩上真珠(編著)48-62頁,131-146頁,147-162頁
『大学生のためのキャリアデザイン入門』共著2014年6月有斐閣岩上真珠・大槻奈巳(編著)1-20頁,179-186頁
『ライフコースとジェンダーで読む家族〔第3版〕』単著2013年12月有斐閣全240頁
『〈若者と親〉の社会学-未婚期の自立を考える共著2010年11月青弓社岩上真珠(編著)7-21頁,168-189頁
『いま、この日本の家族ー絆のゆくえ』共著2010年5月弘文堂岩上真珠・鈴木岩弓・森謙二・渡辺秀樹1-10頁,90-131頁
『高度成長の時代2 過熱と揺らぎ』(第5章 担当執筆)共著2010年12月大月書店大門正克、大槻奈巳、岡田知弘、佐藤隆、進藤兵、高岡裕之、柳沢遊(編)209-262頁
『家族社会学研究シリーズ⑥ 雇用流動化のなかの家族』共著2008年3月ミネルヴァ書房舩橋恵子、宮本みち子(編)121-144頁
『都市化とパートナーシップ』共著2008年2月ミネルヴァ書房森岡清志(編)182-215頁
『「家族」はどこへいく』共著2007年12月青弓社沢山美果子、岩上真珠、立山徳子、赤川学、岩本通弥65-102頁
『ライフコースとジェンダーで読む家族[改訂版]』単著2007年10月有斐閣228頁
『テキストブック家族関係学』共著2006年3月ミネルヴァ書房山根常男、玉井美知子、石川雅信(編著)64-77頁
『新訂比較文化研究-若者とジェンダー』共著2005年3月放送大学教育振興会宮本みち子(編著)149-164頁,181-198頁
『ナーシング・グラフィカ7 社会・生活論 ―社会と生活者の健康』共著2004年10月メディカ出版平野かよ子(編)111-130頁
『家族革命』共著2004年4月弘文堂清水浩昭、森謙二、岩上真珠、山田昌弘(編著)6-10頁,19-28頁,54-60頁,92-105頁,174-183頁
『ライフコースとジェンダーで読む家族』単著2003年7月有斐閣220頁
<論文>
多様性と共生単著2008年3月早稲田社会学会、社会学年誌Vol.491-3頁
現代日本の家族構造 ―新しい家族のかたち―単著2007年4月財団法人鉄道弘済会『社会福祉研究』第98号10-18頁
社会変動とライフコース ―高齢者が生きた時代を見つめて―単著2007年3月財団法人長寿社会開発センター『生きがい研究』1324-46頁
「ひとりっ子だから困る」時代じゃない単著2006年8月赤ちゃんとママ社『月刊赤ちゃんとママ』Vol.107 30-31頁
ライフコースの多様化と個人の選択単著2006年7月自治研中央推進委員会『月刊自治研』Vol.48NO.562
女性と結婚 ―未婚化の意味単著2006年7月至文堂『現代のエスプリ』別冊54-63頁
発達する家族 ―ライフステージからみる若い親たち単著2006年10月資生堂社会福祉事業財団『世界の児童と母性』Vol.6110-13頁
子育て「問題」と家族の問題解決力単著2005年8月金子書房『児童心理臨時増刊』NO.828 11-17頁
平成17年版労働経済白書をめぐって ―人口減少社会における労働政策の課題共著2005年12月『日本労働研究雑誌』No.545労働政策研究・研修機構(編)62-83頁
未婚化・晩婚化と若者シティズンシップ単著2005年1月生活経済政策研究所『生活経済政策』NO.9613-18頁
少子社会とライフコース単著2004年7月『社会心理学研究』第23巻第3号121-124頁
親の養育意識とモラル単著2003年5月慶応義塾大学出版会『教育と医学』第51巻5号37-42頁
<発表・講演等>
After The Lost Decade : Changing Pattern of Transition to Adulthood in Japan since 1990s単独2007年9月5日~2007年9月8日TIY(European Research Network on Transition in Youth):Ghent University
<その他>
『若者のキャリア形成過程におけるジェンダー格差の国際比較』共著2009年3月平成21年度科研費成果研究報告書研究代表者岩上真珠全390頁
『少子・高齢社会における成人親子関係のライフコース的研究』共著2005年3月平成17年度科研費研究成果報告書研究代表者岩上真珠全326頁

4. 学会等及び社会における主な活動
4-1 学会活動
年月日概要等
2013年9月~現在日本家族社会学会監査
2014年9月~現在家族問題研究学会専門査読委員
2007年6月~2009年6月日本社会学会査読委員
2006年7月~2009年7月家族問題研究会編集委員長
2007年9月~2009年9月日本家族社会学会研究活動委員
2005年6月~2007年6月日本社会学会学会賞推薦委員
2005年6月~2007年6月関東社会学会理事
2004年7月~2006年7月家族問題研究会事務局長
2002年4月~2005年3月日本家族社会学会専門委員




Copyright(c), University of the Sacred Heart,Tokyo All rights reserved.