聖心女子大学

教育研究業績書

専任教員一覧に戻る



■哲学科 教授 冨原 眞弓(トミハラ マユミ)
専門分野および専門テーマ  哲学・倫理学 文学 
フランス哲学 近現代ヨーロッパ思想 北欧文学
取得学位 Docteur en philosophie du 3ème cycle(哲学・思想史)
学位取得大学 Université Paris-Sorbonne(Paris IV)
最終学歴 Université Paris-Sorbonne(Paris IV)大学院博士課程修了
 
主な職歴概要等
年月日概要等
2001年4月1日~現在聖心女子大学文学部哲学科教授
1994年4月1日~2001年3月31日聖心女子大学文学部哲学科助教授
1999年7月~1999年11月Åbo Akademi Universitet, Turku, Finland 客員研究員
1993年4月1日~1994年3月31日聖心女子大学教養課程(キリスト教学)助教授
1990年4月1日~1993年3月31日聖心女子大学教養課程(キリスト教学)専任講師
1985年4月1日~1987年3月31日上智大学一般外国語(フランス語)専任講師
1982年4月1日~1984年3月31日上智大学一般外国語(フランス語)専任講師

1. 教育活動
1-1 担当授業科目
年度事項
2015哲学入門Ⅱ,倫理学概論Ⅲ,哲学・倫理学特講Ⅲ,哲学演習Ⅳ,哲学特殊演習Ⅳ,(大学院)哲学特論Ⅳ,(大学院)現代思想特論Ⅰ-1,(大学院)現代思想特論Ⅰ-2
2016基礎課程演習,宗教思想史Ⅰ,哲学演習Ⅳ,哲学演習Ⅴ-2,哲学特殊演習Ⅳ,哲学特論Ⅲ,現代思想特論Ⅱ-1,現代思想特論Ⅱ-2,人文学特論Ⅵ,人文学論文演習ⅩⅢ
2017哲学・倫理学特論Ⅰ,哲学論文演習Ⅵ,哲学特論Ⅴ,人文学論文演習ⅩⅢ,哲学特殊演習Ⅳ,哲学演習Ⅴ-2,哲学演習Ⅴ-1,哲学概論Ⅳ,倫理学演習Ⅰ,哲学入門Ⅱ,哲学入門Ⅰ
1-2 教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)
項目年月日概要等
「読む」「調べる」「書く」の基礎的な力を涵養する2003年~現在基本となる読解力を養うために「パラグラフリーディング」を学び、中核となるセンテンスと副次的なセンテンスを識別できるようにする。書物を漫然と読むのではなく、意識的に読みとく習慣を身につけさせる。
外国語習得に配慮する2003年~現在フランス語・英語等の原典講読を通じ、テクスト精読による内容理解の深化と言語運用能力の上達をめざす。
少人数クラスでは小論文執筆の実践指導を行う2003年~現在20人以下のクラスでは、3回に2回程度の割合で、小論文(400字~800字)を授業中に書かせ、次回、添削して返却すると同時に、講評を行う。一方、多人数クラスでは、リアクションペーパーが重要な対話のツールであり、時間的制約や進行予定が許す範囲で、学生の質問や疑問に対応するように努めている。
論理的に考え、思考する能力を養い、学生の主体的な参加を促す2003年~現在毎回、あえて不完全なレジュメを学生に配布し、そのレジュメの空白部分を授業のなかで完成させる。また、学生自身にもレジュメの作成を求め、そのレジュメを使って発表させる。ただし、重ねて説明が必要となるため講義の進度が遅くなり、充分な範囲を網羅できなくなる懸念もあり、2008年以降は完全な(空白のない)レジュメを配布している。それぞれの方法の是非を総合的に検証して、今後の判断材料としたい。
視覚データの読解・分析法を教える2010年~現在パワーポイント等の視覚教材を授業用に制作し、特定の地域・時代・文化の脈絡において文字・視覚情報を総合的に把握する能力を養う。
クリエイティヴ・ライティングに挑戦する2016年~現在論理的な文章を書く訓練に並行して、400-600字程度のエッセイを書いて感性と個性を自在に表現する能力を磨く。
1-3 その他教育活動上の特記事項
項目年月日概要等
学内の博士論文審査で主査を務めた2014年1月22日聖心女子大学大学院文学研究科人文学専攻
学外の博士論文の審査に副査として参加した2010年5月27日東京大学論文博士学外審査委員
学内の博士論文審査で主査を務めた2006年12月15日聖心女子大学大学院文学研究科人文学専攻

2. 大学及び学校法人における役職の経歴
年月日概要等
2017年4月1日~2019年3月31日キリスト教文化研究所長

3. 研究活動
著書・論文等の名称単著・
共著の別
発行または
発表の年月
発行所、発表雑誌
(及び巻・号数)、
発表・講演等のテーマ
及び内容等の名称
編者・著者名
(共著の場合のみ記入)
該当頁数
<著書>
『重力と恩寵』(校訂・編訳)単独訳2017年3月岩波書店(岩波文庫)シモーヌ・ヴェイユ(著)全464頁
『ムーミン・コミックス セレクション2』(編訳)単独訳2015年12月筑摩書房(ちくま文庫)トーベ・ヤンソン(著)全174頁
『ムーミン・コミックス セレクション1』(編訳)単独訳2015年12月筑摩書房(ちくま文庫)トーベ・ヤンソン(著)全190頁
『ヴェーユ』(新装版)単著2015年9月清水書院(人と思想107)全216頁
『ヴィクトリア』(訳)単独訳2015年8月岩波書店(岩波文庫)クヌート・ハムスン(著)全224頁
『南の海で楽しいバカンス』(監修)共訳2015年1月筑摩書房トーベ・ヤンソン(著),末延弘子(訳)全43頁
Garm the People’s Watchdog: Tove Jansson and Finland-Swedish Culture’s Definitive Caricature Magazine単著2014年11月青土社Supervised by Mami Adachi, translated by Moe Sakai, Yuko Furuya全372頁
『旅のスケッチ』(編訳)単独訳2014年6月筑摩書房トーベ・ヤンソン(著)全132頁
『トーヴェ・ヤンソン ムーミンを生んだ芸術家』単著2014年4月新潮社全130頁
『ムーミンを読む』単著2014年1月筑摩書房(ちくま文庫)全224頁
『シモーヌ・ヴェイユ選集Ⅲ 後期論集―文明論』(編訳)単独訳2013年12月みすず書房シモーヌ・ヴェイユ(著)全290頁
『長くつ下のピッピ』(訳)単独訳2013年7月角川書店(角川翼文庫)アストリッド・リンドグレーン(著)全216頁
『シモーヌ・ヴェイユ』単著2012年10月岩波書店(岩波人文書コレクション)全334頁
『シモーヌ・ヴェイユ選集Ⅱ 中期論集―労働・革命』(編訳)単独訳2012年8月みすず書房シモーヌ・ヴェイユ(著)全328頁
『トーベ・ヤンソン短篇集 黒と白』(編訳)単独訳2012年3月筑摩書房(ちくま文庫)トーベ・ヤンソン(著)全288頁
『シモーヌ・ヴェイユ選集Ⅰ 初期論集―哲学修業』(編訳)単独訳2012年1月みすず書房シモーヌ・ヴェイユ(著)全328頁
『小さなトロールと大きな洪水』(訳・文庫版)単独訳2011年9月講談社(講談社文庫)トーベ・ヤンソン(著)全112頁
『ろうそくの炎がささやく言葉』(カリン・ボイエ「もとより、痛みはある」を翻訳・解説)共著2011年8月勁草書房菅啓次郎・野崎歓(編)154-158頁
『ムーミンのふたつの顔』単著2011年1月筑摩書房(ちくま文庫)全342頁
『根をもつこと(下)』(訳)単独訳2010年8月岩波書店(岩波文庫)シモーヌ・ヴェイユ(著)全346頁
『根をもつこと(上)』(訳)単独訳2010年2月岩波書店(岩波文庫)シモーヌ・ヴェイユ(著)全324頁
『フロイト全集 6』(月報:「フロイトを読むシモーヌ・ヴェイユ」を執筆)共著2009年8月岩波書店渡邉俊之他訳1-5頁
『トーヴェ・ヤンソンとガルムの世界』単著2009年5月青土社全464頁
『ムーミン谷のひみつの言葉』単著2009年4月筑摩書房全272頁
『ムーミン画集-ふたつの家族』(文と訳)単著2009年3月講談社全112頁
『本を生きる』(「タゴールからヴェイユへ」を執筆)共著2008年11月上智大学出版73-79頁
『カロカイン 国家と密告の自白剤』(訳)単独訳2008年9月みすず書房カリン・ボイエ(著)全266頁
『哲学の歴史』別巻(13)(「シモーヌ・ヴェイユの『根をもつこと』――植物としての人間の魂」を執筆)共著2008年8月中央公論社新社268-273頁
『ムーミン谷のひみつ』(増補版)単著2008年8月筑摩書房(ちくま文庫)全256頁
『フィンランドを知るための44章』(「トーベ・ヤンソンの世界 書くことと描くこと」を執筆)共著2008年7月明石書店百瀬宏編230-235頁
『マドレーヌ=ソフィー・バラ―キリスト教女子教育に捧げられた燃ゆる心』(共訳)共訳2008年3月みすず書房フィル・キルロイ(著),安達まみ(共訳)全604頁
『誠実な詐欺師』(改訳)単独訳2006年7月筑摩書房(ちくま文庫)トーベ・ヤンソン(著)全224頁
『共生と平和への道―報復の正義から赦しの正義へ』(「正義を担保する注意力―シモーヌ・ヴェイユにみる宗教と科学の効能」を執筆)2005年2月春秋社加藤信朗監修239-252頁
『ムーミンのふたつの顔』単著2005年7月筑摩書房全208頁
『トーベ・ヤンソン短篇集』(編訳)単独訳2005年7月筑摩書房(ちくま文庫)トーベ・ヤンソン(著)全288頁
『自由と社会的抑圧』(訳)単独訳2005年3月岩波書店(岩波文庫)シモーヌ・ヴェイユ(著)全198頁
Toven matkassa: Muistoja Tove Janssonista共著2004年4月WSOY(Helsinki)toimittanut Helen Svensson127-139頁
『ムーミンを読む』単著2004年4月講談社全218頁
『ヴェイユの言葉』(編訳)単独訳2003年11月みすず書房(大人の本棚)シモーヌ・ヴェイユ(著)全300頁
『シモーヌ・ヴェイユ』単著2002年12月岩波書店全332頁
Resa med Tove: en minnes bok om Tove Jansson共著2002年10月Schildts (Esbo)redigerad av Helen Svensson118-130頁
『中世思想原典集成』15「女性の神秘家」(総序)共著2002年4月平凡社冨原眞弓(編訳・監修)7-29頁
『中世思想原典集成』15「女性の神秘家」(フォリーニョのアンジェラ「幻視と教え」解説)共著2002年4月平凡社冨原眞弓(編訳・監修)576-583頁
『中世思想原典集成』15「女性の神秘家」(スウェーデンのビルギッタ「天使の言葉」解説)共著2002年4月平凡社冨原眞弓(編訳・監修)778-788頁
『ひとりぼっちのムーミン』(編訳)単独訳2001年8月筑摩書房「ムーミン・コミックス14」トーベ・ヤンソン,ラルス・ヤンソン(共著)全94頁
『しあわせな日々』(編訳)単独訳2001年7月筑摩書房「ムーミン・コミックス13」トーベ・ヤンソン,ラルス・ヤンソン(共著)全88頁
『ふしぎなごっこ遊び』(編訳)単独訳2001年6月筑摩書房「ムーミン・コミックス12」トーベ・ヤンソン,ラルス・ヤンソン(共著)全90頁
『魔法のカエルとおとぎの国』(編訳)単独訳2001年5月筑摩書房「ムーミン・コミックス11」トーベ・ヤンソン,ラルス・ヤンソン(共著)全80頁
『春の気分』(編訳)単独訳2001年4月筑摩書房「ムーミン・コミックス10」トーベ・ヤンソン,ラルス・ヤンソン(共著)全90頁
『彗星がふってくる日』(編訳)単独訳2001年3月筑摩書房「ムーミン・コミックス9」トーベ・ヤンソン,ラルス・ヤンソン(共著)全84頁
『ムーミンパパとひみつ団』(編訳)単独訳2001年2月筑摩書房「ムーミン・コミックス8」トーベ・ヤンソン,ラルス・ヤンソン(共著)全88頁
『まいごの火星人』(編訳)単独訳2001年1月筑摩書房「ムーミン・コミックス7」トーベ・ヤンソン,ラルス・ヤンソン(共著)全88頁
『おかしなお客さん』(編訳)単独訳2000年12月筑摩書房「ムーミン・コミックス6」トーベ・ヤンソン,ラルス・ヤンソン(共著)全86頁
『ムーミン谷のクリスマス』(編訳)単独訳2000年11月筑摩書房「ムーミン・コミックス5」トーベ・ヤンソン,ラルス・ヤンソン(共著)全90頁
『シモーヌ・ヴェイユ 力の寓話』単著2000年10月青土社全288頁
『恋するムーミン』(編訳)単独訳2000年10月筑摩書房「ムーミン・コミックス4」トーベ・ヤンソン,ラルス・ヤンソン(共著)全96頁
『ムーミン、海へいく』(編訳)単独訳2000年9月筑摩書房「ムーミン・コミックス3」トーベ・ヤンソン,ラルス・ヤンソン(共著)全92頁
『あこがれの遠い土地』(編訳)単独訳2000年8月筑摩書房「ムーミン・コミックス2」トーベ・ヤンソン,ラルス・ヤンソン(共著)全94頁
『黄金のしっぽ』(編訳)単独訳2000年7月筑摩書房「ムーミン・コミックス1」トーベ・ヤンソン,ラルス・ヤンソン(共著)全76頁
『島暮らしの記録』(訳)単独訳1999年7月筑摩書房トーベ・ヤンソン(著)全170頁
『小さなトロールと大きな洪水』(訳・青い鳥文庫)単独訳1999年3月講談社(青い鳥文庫)トーベ・ヤンソン(著)全126頁
『ギリシアの泉』(改訳)単独訳1998年9月みすず書房(みすずライブラリー)シモーヌ・ヴェイユ(著)全276頁
『聴く女』(訳)単独訳1998年5月筑摩書房「トーベ・ヤンソン・コレクション8」トーベ・ヤンソン(著)全204頁
『人間学命題集』(「地表を覆いつくす労働者の<根こぎ>」を執筆)共著1998年3月新曜社作田啓一他編134-139頁
『地球化時代のキリスト教』(「<根づき>と<根こぎ>の文明論』を執筆)共著1998年1月春秋社聖心女子大学キリスト教文化研究所編134-153頁
『フェアプレイ』(訳)単独訳1997年12月筑摩書房「トーべ・ヤンソン・コレクション7」トーベ・ヤンソン(著)全128頁
『太陽の街』(訳)単独訳1997年9月筑摩書房「トーベ・ヤンソン・コレクション6」トーベ・ヤンソン(著)全224頁
『人形の家』(訳)単独訳1997年2月筑摩書房「トーベ・ヤンソン・コレクション5」トーベ・ヤンソン(著)全232頁
『石の原野』(訳)単独訳1996年11月筑摩書房「トーベ・ヤンソン・コレクション4」トーベ・ヤンソン(著)全136頁
『クララからの手紙』(訳)単独訳1996年6月筑摩書房「トーベ・ヤンソン・コレクション3」トーベ・ヤンソン(著)全186頁
『誠実な詐欺師』(訳)単独訳1995年12月筑摩書房「トーベ・ヤンソン・コレクション2」トーベ・ヤンソン(著)全186頁
『ムーミン谷へようこそ』単著1995年12月KKベストセラーズ全176頁
『テディベアが書いた本』(訳)単独訳1995年11月世界文化社クリスティーナ・ビョルク(著)全94頁
『軽い手荷物の旅』(訳)単独訳1995年10月筑摩書房「トーベ・ヤンソン・コレクション1」トーベ・ヤンソン(著)全248頁
『カイエ3』(訳)単独訳1995年9月みすず書房シモーヌ・ヴェーユ(著)全452頁
『ムーミン谷への旅』(「ムーミンの誕生」他、計62頁執筆)共著1994年4月講談社全143頁
Theologie zwischen Zeiten und Kontinenten -- Für Elisabeth Gösmann (”Birgitta of sweden, Visiionary and Foundres”を執筆共著1993年1月Freiburg: Herder136-152頁
『小さなトロールと大きな洪水』(訳)単独訳1992年6月講談社トーベ・ヤンソン(著)全114頁
『ヴェーユ』単著1992年4月清水書院(人と思想107)全216頁
『カイエ4』(訳)単独訳1992年1月みすず書房シモーヌ・ヴェーユ(著)全644頁
Cahiers de Recherches sur la Philosophie et le Langage nr. 13 (”Le sens du folklore dans les écrits des derniers jours de Simone Weil”を執筆)共著1991年11月Mandès-France281-291頁
『彫刻家の娘』(訳)単独訳1991年11月講談社トーベ・ヤンソン(著)全238頁
『フェミニズム・入門』(「クリステヴァと<女のエクリチュール>」を執筆)共著1990年2月JICC出版局別冊宝島編集部100-110頁
『別冊宝島 フェミニズム・入門』(「クリステヴァと〈女のエクリチュール〉」を執筆)共著1988年12月 JICC 出版局別冊宝島編集部118-128頁
『ギリシアの泉』(訳)単独訳1988年11月みすず書房シモーヌ・ヴェーユ(著)全262頁
<論文>
一〇〇年後のトーヴェ・ヤンソン―若き芸術家の成型「思想の言葉」単著2014年2月5日岩波書店『思想』1078号2-6頁
ル・ピュイのシモーヌ・ヴェイユ単著2012年8月1日岩波書店『図書』762号14-19頁
ムーミンを生んだ芸術家-トーヴェ・ヤンソンのすべて単著2009年4月25日新潮社『藝術新潮』5月号14-118頁
アッシジのヴェイユと須賀敦子-そして丘をおりていく単著2008年12月4日新潮社『考える人』27号76-79頁
逸脱する「女」、またはアンティゴネー単著2005年9月青土社『現代思想 特集 女はどこにいるのか』33-10号172-181頁
シモーヌ・ヴェイユ『自由と社会的抑圧』解題単著2004年9月青土社『現代思想 臨時増刊 ブックガイド60』32-11号142-145頁
シモーヌ・ヴェーユの〈ヴィシー〉―〈根こぎ〉から〈無化〉への道単著1999年7月1日青土社『現代思想』27-8号24-40頁
シモーヌ・ヴェイユの修業時代単著1998年11月5日岩波書店『思想』893号4-27頁
みずからを知らぬ魂 ― アランに出逢うまでのシモーヌ・ヴェーユ単著1998年10月1日青土社『現代思想』26-12号22-31頁
〈ムーミン谷〉への遠い道のり ― ヘルシンキ 1933-1945単著1998年4月1日青土社『ユリイカ』30-5号96-117頁
画家としてのトーベ・ヤンソン単著1998年4月1日青土社『ユリイカ』30-5号151-158頁
シモーヌ・ヴェーユのギリシア ― 英雄たちの変貌単著1997年12月1日青土社『現代思想』25-13号20-34頁
工場のアンティゴネー ― 1933年-36年のシモーヌ・ヴェイユ単著1997年5月5日岩波書店『思想』875号16-41頁
シモーヌ・ヴェーユのギリシア ― プラトンの〈洞窟〉を転移する単著1997年3月1日青土社『現代思想』25-3号8-29頁
シモーヌ・ヴェーユのギリシア ― 悩めるプラトン的二元論の再構築単著1996年4月1日青土社『現代思想』24-4号26-44頁
Meeting the author ― Japanese readership of Tove Jansson’s later works for adults単著1996年3月1日Helsinki University Library, Books from Finland nr2trans. Mami Adachi28-31頁
シモーヌ・ヴェーユのイタリア(1937年~1940年)― 戯曲『救われたヴェネツィア』もしくは〈憐れみ〉の悲劇単著1995年6月1日青土社『現代思想』23-6号80-96頁
聖書伝承の再解釈についての覚書単著1995年3月聖心女子大学キリスト教文化研究所『宗教と文化』16号73-91頁
トーベ・ヤンソンの〈ポスト・ムーミン〉― 孤独の肖像単著1994年11月1日青土社『ユリイカ』26-11号288-297頁
南仏のシモーヌ・ヴェーユ ― カタリ派とオク語地方のインスピレーションの教えるもの単著1994年6月1日青土社『現代思想』22-7号320-340頁
中世後期の女性宗教者の系譜 ― スウェ-デンのビルギッタ単著1992年7月1日日本カトリック神学会『日本カトリック神学会誌』3号19-48頁
シモーヌ・ヴェーユの後期思想における民間伝承研究(前)単著1991年8月聖心女子大学『聖心女子大学論叢』77号125-148頁
シモーヌ・ヴェーユの後期思想における民間伝承研究(後)単著1991年12月聖心女子大学『聖心女子大学論叢』78号159-186頁
シモーヌ・ヴェーユの神秘体験単著1989年6月上智大学『カトリック研究』55号153-177頁
ヴェーユの〈脱-創造〉の出発点としての〈洞窟神話〉再解釈単著1987年3月上智大学『上智大学仏語仏文学論集』21号137-155頁
生の完結としての自殺:映画〈ソナチネ〉をめぐる考察単著1987年12月1日上智大学『人間学紀要』17号141-161頁
ヴェーユにおけるプラトン的二元論あるいは善の超越単著1986年3月上智大学『上智大学仏語仏文学論集』20号131-152頁
成長の一契機としての認識行為についての試論単著1985年2月上智大学『人間学紀要』15号135-155頁
ヨハネ文書におけるμάρτυςとπαράκλητοςとしての聖霊単著1984年2月上智大学『カトリック研究』46号67-82頁
観照(θεωρία):知的認識と美的直感のヴェーユ的弁証法単著1983年3月上智大学『上智大学仏語仏文学論集』17号89-112頁
De la doctrine de la préexistence: essai de la comparaison entre les Cathares lombards et Origène (2)単著1982年5月20日上智大学 Les Lettres Françaises 236-60頁
La transposition de la notion grecque de médiation dans la pensée religieuse de Simone Weil単著1982年3月1日Université Paris-Sorbonne (Paris IV) doctorat du troisième cycle en philosophie全218頁
De la doctrine de la préexistence: essai de la comparaison entre les Cathares lombards et Origène (1)単著1981年5月20日上智大学 Les Lettres Françaises 134-58頁
L’iidée de médiation chez Platon selon l’interprétation de Simone Weil単著1979年2月1日上智大学『フランス語フランス文学研究』10号45-59頁
<国際会議>
As she likes it. Garm as a site of Evolvement for Tove Jansson単独2014年11月ストックホルム大学アウラ・マグナ大講堂(スウェーデン)Tove Jansson Centennial Conference-Multiple Aesthetics. Passion,Politics and Philosophy
Svenskheten i Finland och språkstriden avspeglade av Tove Janssons politiska skämteckningarna för teckningarna (Garm och andra) under 1930-talet単独1999年11月オーボ・アカデミー大学(フィンランド)
Simone Weil’s Concept of War vis-a-vis Human Freedom, alternative Readings of ”I’Iliade ou la poème de la force”単独1999年11月オーボ・アカデミー大学(フィンランド)
Actualities of the Studies of Tove Jansson’s Work in Japan, 単独1994年8月タンペレ・ホール(フィンランド)Celebrating the 80th Anniversary of Tove Jansson
Le sens mystique du folklore dans les dernières pensées de Simone Weil,単独1990年9月マンデス=フランス大学(フランス)国際シモーヌ・ヴェイユ学会
<学会等の招待講演>
ムーミンを哲学する――「公案」を生きるユートピアの住人たち単独2016年6月臨済宗大本山円覚寺第81回 円覚寺夏期講座
To celebrate the 100th Anniversary of Tove Jansson単独2014年10月フィンランド大使館(東京)ソフィア・ヤンソン、トゥーラ・カルヤライネン、マヌ・ヴィルタモ大使
トーヴェ・ヤンソン 夏の家 (展覧会の基調講演とシンポジウム)単独2013年7月竹中工務店東京本社ギャラリーA4トゥーラ・カルヤライネン(対談)、安達まみ(通訳)
ムーミンだけじゃない、作家トーベ・ヤンソンの魅力(特別講演)単独2013年6月朝日カルチャーセンター名古屋校
トーヴェ・ヤンソンのふたつの世界 ムーミン谷と20世紀の北欧(4回)単独2010年6月岩波市民セミナー
本の島シンポジウムvol2単独2010年6月青山ブックセンター本店堀江敏幸・前田秀樹との鼎談
画家トーヴェ・ヤンソン―イラスト・カリカチュア・コミックス単独2009年8月東京パナソニックセンター有明
再発見 マドレーヌ=ソフィー・バラ―キリスト教女子教育に捧げられた燃ゆる心単独2008年11月キリスト教文化研究所公開講演会  中村邦生・山崎輝子・安達まみ・印出忠夫と共演
ヴェーユとレヴィナス―共苦と正義の理論・実践へ向けて単独2007年2月朝日カルチャーセンター新宿校合田正人との対談
近くて遠いムーミン谷「北欧文学展」基調講演単独2006年7月国立国際子ども図書館
ムーミン谷の7つの謎「北欧のスタイリッシュ・デザイン」基調講演単独2006年5月東京都庭園美術館
ムーミン誕生60年の集い単独2005年8月新宿紀伊國屋ホール岸田今日子、ソフィア・ヤンソンとの共演(講談社・筑摩書房共催)
物語とコミックス、変幻自在のトロールたち単独2001年6月青山ブックセンター本店
北欧の社会と女性単独2001年1月20日西脇市教育委員会西脇市まなびーたセンター
トーベ・ヤンソンとわたし単独1995年11月品川区立図書館
文化的エンクレーヴとしてのムーミン谷単独1994年10月北欧文化協会国立教育会館
北欧の家族観単独1993年9月上智大学人間学会上智大学
自我の確立過程における葛藤―『トロールの冬』を読む単独1992年6月白百合女子大学児童文化研究センター白百合大学
歴史的変数としての女の身体単独1992年5月上智大学学際的研究会上智大学
シモーヌ・ヴェーユにおけるプラトン的二元論単独1982年10月日本フランス語フランス文学会 特別研究発表岡山大学
<事典項目>
『現代社会学事典』の項目執筆(「ヴェイユ」)共著2012年12月弘文堂 89頁
『現代倫理学事典』のコラム「人生論の名著を読む」執筆(「シモーヌ・ヴェイユ『神を待ちのぞむ』」)共著2006年12月弘文堂64-65頁
『現代倫理学事典』の項目執筆(「シモーヌ・ヴェイユ」)共著2006年12月弘文堂66頁
『岩波キリスト教辞典』の項目執筆(「ヴェイユ」「ハデヴェイヒ」他共著2002年6月岩波書店122頁,887頁,940頁,941頁,1106頁
『フランス哲学・思想辞典』の項目執筆(「シモーヌ・ヴェイユ(大項目)」「ジャンヌ-マリ・ギュイヨン」「 フェリシテ・ドゥ・ラムネ」共著1999年1月弘文堂25頁,321頁,356-359頁
『岩波 哲学・思想事典』の項目執筆(「女性神秘主義(大項目)」他5項目共著1998年3月岩波書店124頁,794-795頁,1279頁,1343頁,1343-1344頁,1585頁
『新カトリック大事典』の項目執筆(「シモーヌ・ヴェイユ」「ビンゲンのヒルデガルト」「テレーゼ・ノイマン」共著1996年6月研究社
『世界・日本キリスト教文学事典』の執筆項目(「ヴェーユ」)共著1994年3月教文館
<記事>
スウェーデンからの旅人は、楽しく世界一周したあと、意気揚々と《楽しいわが家》に帰っていった単著2017年4月みすず書房『みすず』4月号14-24頁
ボンベイで悠久の時間と諦念の深さを知る単著2016年12月岩波書店『図書』1月号2-6頁
フランスのテゼでドイツの兵役拒否者と語りあう 単著2016年9月岩波書店『文学』9/10月号240-244頁
ユートピアの記憶単著2016年6月三和鉄器株式会社「三和新聞」7月号4頁
以七個異世界 解讀単著2016年3月博識出版(『冥』日本怪談誌01)台湾6-41頁
「ル・モンド」に埋もれて、暗がりでユゴーを暗唱する単著2016年2月10日筑摩書房『早稲田文学』74-77頁
沈潜と超越―ヘレン・シャルフベックの視線の先に単著2015年6月25日新潮社『藝術新潮』7月号86-91頁
ムーミンたちの怖るべき〈無垢〉と「わが家がいちばん」主義単著2015年2月15日筑摩書房『南の海で楽しいバカンス』映画評34-35頁
素顔のトーヴェ・ヤンソン単著2015年3月1日経団連『月刊 経団連』3月号51頁
ムーミンの変貌―語り部トーベ・ヤンソンの忠実なる相棒単著2014年10月朝日新聞社『トーベ・ヤンソン展』カタログ15-17頁
子ども/大人がはじめて出会うムーミン物語(川上弘美との対談)単著2014年7月27日青土社『ユリイカ 特集 ムーミンとトーベ・ヤンソン』46-11号59-68頁
トーヴェ・ヤンソンへの旅(Tove Jansson Here I Come)単著2013年7月1日竹中工務店東京本社ギャラリーA4『トーベ・ヤンソン夏の家―ムーミン物語とクルーヴ島の暮らし』Translated by Mami Adachi
『ムーミン』を7つの異世界キーワードで読み解く単著2013年4月25日メディアファクトリー『冥』2号(「エンメリーナ」改訳・解題)6-21頁,28-43頁
眠れる原生林のおとなたち単著2013年1月4日新潮社『考える人』43号66-67頁
ムーミン おいしい北欧レシピ〈ムーミン特集〉単著2012年1月白泉社『MOE』1月号36-48頁
ムーミン谷の魅力9:始まりの予感『小さなトロールと大きな洪水』訳者解説+解説単著2011年9月15日講談社(講談社文庫)99-109頁
ムーミン谷の魅力8:からっぽの谷にひびく、六つの音色『ムーミンパパ海へいく』解説単著2011年8月15日講談社(講談社文庫)313-318頁
ムーミン谷の魅力7:変わるひと、変わらないひと『ムーミン谷の十一月』解説単著2011年8月15日講談社(講談社文庫)244-248頁
ムーミン谷の魅力6:だれにも、変わる、瞬間がある『ムーミン谷の仲間たち』解説単著2011年7月15日講談社(講談社文庫)278-282頁
ムーミン谷の魅力5:トロールのサーガ、または冬もまた楽し『ムーミン谷の冬』解説単著2011年6月15日講談社(講談社文庫)284-287頁
ムーミン谷の魅力4:この世は舞台、人はみな役者『ムーミン谷の夏まつり』解説単著2011年5月15日講談社(講談社文庫)240-244頁
ムーミン谷の魅力3:うそも、まことも、なんでもあり『ムーミンパパの思い出』解説単著2011年5月15日講談社(講談社文庫)287-294頁
ムーミン谷の魅力2:くるり、びっくり、もとどおり『たのしいムーミン一家』解説単著2011年4月15日講談社(講談社文庫)284-288頁
ムーミン谷の魅力1:風変わりでも、かまわない『ムーミン谷の彗星』解説単著2011年4月15日講談社(講談社文庫)248-252頁
紀行文学3冊単著2010年12月28日新潮社『考える人』35号107頁
この人・この3冊〈ケストラー〉(ケストラーと冨原の挿絵は和田誠)単著2010年9月26日毎日新聞社「毎日新聞」9頁
「ムーミン」にひそむ翳り 「おとなむけ」小説家ヤンソン単著2010年5月20日朝日新聞社「朝日新聞」夕刊7頁
遠くて遠い島単著2009年11月7日文藝春秋『文學界』12月号226-227頁
いつか、マジョルカ島で(江國香織『ウエハースの椅子』の解説)単著2009年11月新潮社(新潮文庫)209-216頁
百年の孤独 シモーヌ・ヴェイユ 「シモーヌ・ヴェイユ生誕100年」単著2009年10月12日読売新聞社「読売新聞」15頁
Tシャツがいやに似合っていた単著2009年10月3日『本の島』39頁
評論にはなじまない単著2009年6月1日筑摩書房『ちくま』459号10-11頁
森と海と化石の島単著2009年3月15日日本万国博覧会記念機構『森発見』13号15頁
ムーミンが好き(堀江敏幸との対談)単著2008年9月1日筑摩書房『ちくま』451号6-11頁
近代もイスラムも多種多様-タラル・アサド『世俗の形成』(コラム「旬を読む」)単著2006年6月12日産経新聞社『産経新聞』10頁
そうだ、ムーミン谷へ行こう(子どもの文化を育む本 651)単著2006年6月生活クラブ『本の花束』266号10頁
「ムーミン谷のむこうに」「ひとり遊びの達人」「ヤンソンの手紙-石の国から」特集企画監修単著2006年1月25日光村図書出版『飛ぶ教室』4号11-13頁,40-42頁,46-48頁
ムーミンのふたつの顔(著書を語る402)単著2005年10月5日ジュンク堂書店『書標』323号 2-3頁
自由な人間として必然に服する-労働の尊厳を回復する明晰な思考と有効な実践(著・訳・編者からのメッセージ シモーヌ・ヴェイユ『自由と社会的抑圧』を語る)単著2005年8月5日読書人『週間 読書人』2598号3頁
トーベ・ヤンソンへの旅単著2005年8月1日筑摩書房『ちくま』413号18-19頁
わたしの翻訳作法単著2005年1月青土社『ユリイカ 特集 翻訳作法』37-1号216-218頁
ムーミン谷再訪単著2004年6月講談社『本』(読書人の雑誌)42-43頁
わたしの論文作法単著2004年3月青土社『ユリイカ 特集 論文作法』36-3号138-139頁
トーヴェ・ヤンソンとムーミン・パペット(映画パンフレット)単著2003年7月プチグラ・パブリッシング67頁
パペット版ムーミントロール(スペシャル版) 作品解説単著2003年7月ランブリング・レコーズ 
パペット版ムーミントロール 作品解説単著2003年6月ランブリング・レコーズ 
タゴールからヴェイユへ「書物をめぐる旅」4単著2003年6月上智大学『ソフィア』51-44-9頁
西脇と広尾の桜によせて 単著2003年3月1日兵庫県西脇市役所『東京西脇会会報』8号4頁
トーベ・ヤンソン「ムーミン谷の暮らし」単著2003年1月1日東神開発『たまがわ』1月号 2-3頁
翻訳者のことば単著2002年5月6日メディアファクトリー『ダ・ヴィンチ』5月号125頁
ユゴーを暗唱する友人によせて単著2002年4月1日国際交流基金『国際交流』1頁
まぼろしの「ムーミン・コミックス」刊行によせて-力を抜いて、のんびりと単著2000年8月筑摩書房『ちくま』353号4-6頁
空飛ぶ詩人を追って(山崎庸一郎との対談)共著2000年7月1日青土社『ユリイカ 特集サン=テグジュペリ』32-10号108-127頁
トーベ・ヤンソンの〈ハル〉- 孤独な人びとの島単著1999年11月1日青土社『ユリイカ』31-12号260-261頁
文化的エンクレーヴ(飛び地)としてのムーミン谷単著1999年10月北欧文化協会『宇宙樹Yggdrasill 北欧文化協会創立50周年記念特別号』153-154頁
トーベ・ヤンソンと虚実の曖昧な境界線単著1999年9月1日筑摩書房『ちくま』341号18-19頁
カイエ(雑記帳)メモ4単著1998年11月20日みすず書房ヴェーユ『カイエ1』6-8頁
〈われ発見せり〉シモーヌ・ヴェイユの桜の花単著1998年6月1日青土社『ユリイカ』30-7号286頁
アトリエと岩島―ふたつの空間を往来する〈贅沢〉単著1998年5月1日河出書房新社『文藝』37-2号252-253頁
トーベ・ヤンソンの生きてきた時代 ― フィンランドの近現代史を辿る(百瀬宏との対談と記事)共著1998年4月1日青土社『ユリイカ』30-5号200-209頁
トーベ・ヤンソン略年譜/著作一覧単著1998年4月1日青土社『ユリイカ』30-5号231-234頁
ある夏のトーベ・ヤンソン単著1996年9月1日筑摩書房『ちくま』306号20-21頁
ムーミントロールを知っていますか?単著1996年5月フィンランド航空機内誌『Kiitos』創刊号8頁
カイエ(雑記帳)メモ3単著1995年9月18日みすず書房ヴェーユ『カイエ3』6-8頁
スウェ-デンの作家クリスティーナ・ビョルクを訪ねて(取材と記事)単著1995年4月白泉社『MOE』4月号40-47頁
彫刻家の娘―父の背中、母のまなざし単著1995年1月15日大阪ガスエネルギー・文化研究所『CEL』31号56-58頁
トーベ・ヤンソンさんへの手紙単著1994年11月5日毎日新聞社「毎日新聞」
(下)ちょっとムーミン―真実と魅力:じつは、自分探しのワンダーランドだ単著1994年9月17日毎日新聞社「毎日新聞」
(中)ちょっとムーミン―真実と魅力:成長するキャラクター/プロセスの重要さ描く単著1994年9月16日毎日新聞社「毎日新聞」
(上) ちょっとムーミン―真実と魅力:自由・独立を尊ぶ北欧的アイデンティティの象徴単著1994年9月15日毎日新聞社「毎日新聞」
〈研究手帖〉異文化空間におけるずれ単著1994年9月1日青土社『現代思想』22-10号350頁
カイエ(雑記帳)メモ2単著1993年7月14日みすず書房ヴェーユ『カイエ2』6-8頁
カイエ(雑記帳)メモ1単著1992年12月27日みすず書房ヴェーユ『カイエ4』8-10頁
4 ムーミンの世界:ムーミンの冬単著1991年5月平凡社『月刊百科』336号12-15頁
3 ムーミンの世界:ムーミンパパの家出単著1991年2月平凡社『月刊百科』338号12-15頁
2 ムーミンの世界:ムーミン前史単著1990年12月平凡社『月刊百科』340号20-23頁
1 ムーミンの世界:自分自身のために書かれた物語単著1990年10月平凡社『月刊百科』343号18-21頁
Doctrine des âmes préexistantes: comparaison entre les Cathares Lombards 〈mitigés〉et Origène単著1980年7月Ecole Pratique des Hautes Etudes, Annuaire LXXXVII 1979-1980 431頁
<翻訳>
ヴァンサン・デュクレール「一九世紀転換期フランスにおけるスピノザの思想と民主的知識人の誕生」共訳2015年3月5日岩波書店『思想』1091号佐藤紀子(共訳)、佐藤紀子(解題)92-116頁
トーベ・ヤンソン「ボートとわたし」単独訳2014年8月1日青土社『ユリイカ』46-11号52-58頁
トーベ・ヤンソン「着想を得る」単独訳2006年1月15日光村図書出版『飛ぶ教室』4号20-21頁
フォリーニョのアンジェラ「幻視と教えの書」共訳2002年4月24日平凡社『中世思想原典集成』15巻「女性の神秘家」584-602頁
シモーヌ・ヴェイユ「美と善」単独訳1998年11月5日岩波書店『思想』893号シモーヌ・ヴェイユ(著)26-39頁
トルディス・オリャセーテル「トーベは語る」共訳1998年4月1日青土社『ユリイカ』30-5号70-71頁
トーベ・ヤンソン「スカット岬」共訳1998年4月1日青土社『ユリイカ』30-5号164-169頁
トーベ・ヤンソン「島暮らしの記録」共訳1998年4月1日青土社『ユリイカ』30-5号170-175頁
トーベ・ヤンソン「非合理な物語」単独訳1998年4月1日青土社『ユリイカ』30-5号62-69頁
第1部第3章「アビラのテレサ」共訳1998年5月平凡社『キリスト教神秘思想史』第3巻89-128頁
第1部第4章「十字架のヨハネ」共訳1998年5月平凡社『キリスト教神秘思想史』第3巻129-186頁
第2部第3章「フランシスコ会の春」共訳1997年4月21日平凡社『キリスト教神秘思想史』第2巻421-469頁
第2部第4章「ドミニコ会の躍進」共訳1997年4月21日平凡社『キリスト教神秘思想史』第2巻470-510頁
トーベ・ヤンソン「夏の子ども・後」 共訳1994年7月6日白泉社『MOE』7月号38-41頁
トーベ・ヤンソン「夏の子ども・前」 共訳1994年6月6日白泉社『MOE』6月号38-41頁
トーベ・ヤンソン「記憶を借りる女」単独訳1993年9月15日みすず書房『みすず』390号2-11頁
ジルベール・カーン「シモーヌ・ヴェーユにおける必然の感覚」単独訳1987年4月1日上智大学『ソフィア』141号ジルベール・カーン講演の通訳と記録編訳82-93頁
シモン・ドゥクルー「修道生活における対神関係」共訳1986年12月1日上智大学『神学ダイジェスト』61号52-62頁
ホアン・ルイス・セグンド「解放の神学に見る二つの流れ」共訳1985年6月上智大学『神学ダイジェスト』58号27-37頁
フランソワ・ドレフュス「神のことばに仕える教会」共訳1984年6月上智大学『神学ダイジェスト』56号17-28頁
<書評>
私の三冊アンケート2017年5月1日岩波書店『図書 岩波文庫創刊90年記念臨時増刊号』50-51頁
本をめぐる記憶のプロムナード2017年3月31日風濤社『読書空間、または記憶の舞台』262-265頁
去年読んだ5冊の本「2016年読書アンケート」2017年2月1日みすず書房『みすず』656号19頁
去年読んだ5冊の本「2015年読書アンケート」2016年2月1日みすず書房『みすず』645号87頁
去年読んだ5冊の本「2013年読書アンケート」2014年2月1日みすず書房『みすず』623号98-99頁
去年読んだ5冊の本「2012年読書アンケート」2013年2月1日みすず書房『みすず』612号60-61頁
去年読んだ5冊の本「2011年読書アンケート」2012年2月1日みすず書房『みすず』601号58-59頁
去年読んだ5冊の本「2010年読書アンケート」2011年2月1日みすず書房『みすず』590号73-74頁
去年読んだ5冊の本「2009年読書アンケート」2010年2月1日みすず書房『みすず』579号44-45頁
去年読んだ5冊の本「2008年読書アンケート」2009年2月1日みすず書房『みすず』568号36-37頁
去年読んだ5冊の本「2007年読書アンケート」2008年2月1日みすず書房『みすず』557号70-71頁
去年読んだ5冊の本「2006年読書アンケート」2007年2月1日みすず書房『みすず』546号64頁
去年読んだ5冊の本「2005年読書アンケート」2006年2月1日みすず書房『みすず』535号43-44頁
「シモーヌ・ヴェーユ著作集」復刊完結によせて1999年3月図書新聞社「図書新聞」1-2頁
Compte rendu du Christus Mediator: The platonic doctrine and mediation in the religion and philosophy of Simone Weil (Eric O. Springsted)1981年3月1日L’Association pour l’étude de la pensée de Simone Weil, Cahiers Simone Weil IV56-58頁
<その他>
ブランシュヴィックのスピノザ解釈がシモーヌ・ヴェイユの思想成型に与えた影響(資料集)2017年3月24日学術研究助成基金 2012年度基盤研究(C)(一般)研究分担者は佐藤紀子全36頁
ブランシュヴィックのスピノザ解釈がシモーヌ・ヴェイユの思想成型に与えた影響(研究代表者)2012年4月1日~2017年3月31日学術研究助成基金 2012年度基盤研究(C)(一般)研究分担者は佐藤紀子
「折々のことば」 鷲尾清一による拙訳トーベ・ヤンソン「彗星がふってくる日」紹介2016年7月11日朝日新聞社「朝日新聞』朝刊1頁
グッズから深入り、トーベの世界(インタヴュー記事)2014年10月11日朝日新聞社「朝日新聞」4頁
ムーミンに学ぶ寛容さ(インタヴュー記事)2014年9月20日日本経済新聞社「日本経済新聞」5頁
ムーミン 若い女性ぞっこん(インタヴュー記事)2014年7月5日讀賣新聞社「讀賣新聞」17頁
大人向き小説も魅力 ムーミン作者の初期作を刊行(「土曜訪問」インタヴュー記事)2014年6月14日東京新聞社「東京新聞」夕刊4頁
はじめてのムーミン(インタヴュー記事)2014年5月12日朝日新聞社「朝日新聞」21頁
ムーミンママのパンケーキ(グレーテルのかまど番組監修)2012年4月21日NHK教育テレビ
「独房」を超える自由―新訳・未邦訳の論文から浮かび上がるヴェイユ思想の全体像(インタヴュー記事)2012年3月24日図書新聞社「図書新聞 特集 ヴェイユの世界」3055号1-2頁
シモーヌ・ヴェイユ生誕百年(インタヴュー記事)2009年12月24日朝日新聞社「朝日新聞」夕刊8頁
ムーミンをめぐる27人の証言2009年7月26日TBSラジオ爆笑問題の日曜サンデーへのインタヴュー出演
「迷宮美術館-絵本の中の人気者」2009年5月25日NHKテレビテレコムスタッフ企画協力
豊かで深い、ムーミンの物語(インタヴュー記事)2009年5月6日白泉社『MOE』5月号16-17頁
ソフィー・バラの足跡をたどる(聖心女子学院職員研修)2009年1月8日聖心女子大学安達まみと共演
翻訳家が語るフィンランドの児童文学(インタヴュー記事)2008年6月1日フィンランドセンター『Koivu』13号25-27頁
トーベ・ヤンソンのムーミン「楽しいムーミン一家」(下巻)DVD全26巻(解説)2007年12月テレビ東京メディアネット1.ムーミンの歴史と世界観 2.ムーミンたちの魅力と北欧の四季
トーベ・ヤンソンのムーミン「楽しいムーミン一家」(上巻)DVD全26巻(解説)2007年12月テレビ東京メディアネット1.家族のなかで育まれる芸術家 2.ムーミンとその仲間たちのキャラクター紹介
ムーミンと第二次大戦2007年8月16日FM J-WAVE Jam the World: 15 minutesゲスト
近くて遠いムーミン谷(『北欧文学展』特別講演記録)2006年7月15日国立国際子ども図書館(『国際子ども図書館の窓』7号 国立国会図書館)40-41頁
ちびのミイを語る:フィンランドの架空のヒーロー・ベスト82006年6月7日フィンランド国営テレビYLE(フィン語局)
4つのキーワードに見るスナフキニズム「特集 スナフキンにさようなら。」企画監修・インタヴュー記事2005年12月6日メディアファクトリー『ダ・ヴィンチ』12月号
フィンランド・タンペレ美術館「NHK世界美術館紀行」2005年10月7日NHK教育テレビ・BSデジタル他番組企画協力
自著『ムーミンを読む』を語る2005年10月7日文化放送「吉田照美2時の興味津々」コーナーゲスト出演
ムーミン誕生60 年の集い(インタヴュー記事)2005年8月24日赤旗新聞社「赤旗」
日本のムーミン受容2005年8月8日フィンランド国営テレビYLE(スウェーデン語局)
ムーミン還暦 出版60年(インタヴュー記事)2005年8月1日産経新聞社「産経新聞」(大阪朝刊)16頁
日本はムーミン王国(インタヴュー記事)2005年7月19日産経新聞社「産経新聞」(東京朝刊)30頁
ミクロシュ・ヴェトー「シモーヌ・ヴェイユにおける善と欲望」(講演での特定質問)2004年11月京都大学研究科21世紀COEプログラム「グローバル化時代の多元的人文学の拠点形成」『宗教学論集』22号94-119頁
ムーミンの解説本刊行 魅力を聞く(インタヴュー記事)2004年9月毎日新聞社「毎日中学生新聞」2頁
ムーミン谷で教わったこと(岸田今日子・池内紀との鼎談)2004年7月「日曜喫茶室」NHKラジオ
ピュハ・ティラ<聖なる空間>―フィンランドから12の教会とムーミン作者トーベ・ヤンソンの島―(展示協力)2003年8月東京デザインセンター ガレリアホール
トーベ・ヤンソンとムーミンの世界(インタヴュー記事)2003年10月1日ボルボ・カーズ・ジャパン『Leva』20-23頁
トーベ・ヤンソンの世界(インタヴュー記事)2001年9月1日生活クラブ『本の花束』 210号4頁
シモーヌ・ヴェイユの後期思想にみる共苦(コンパッション)としての正義単独2001年6月15日聖心女子大学キリスト教文化研究所定例研究会
根をもつこと-シモーヌ・ヴェイユの思想をめぐって(拙著のインタヴュー記事)2000年12月図書新聞社『図書新聞』1-3頁
Tove Jansson på japanska (インタヴュー記事)   1999年11月Birka (Åbo)スウェーデン語雑誌「ビルカ」16-19頁
Japansk och historisk afton hos Schildts (インタヴュー記事)1999年9月Huhvudstadbladet (Helsinki)スウェーデン語新聞 「首都新聞」13頁
Tolk i Tove Janssons Värld (インタヴュー記事)1999年9月Åbo Underrättelse (Åbo) スウェーデン語新聞 「オーボ通信」1頁,8頁
『ムーミン・ポストカードブック』(監修)1997年11月講談社
翻訳家インタヴュー記事1996年7月バベル・プレス『翻訳の世界』57-59頁
カフカの〈マラーノ性〉をめぐる解釈 単独1996年5月聖心女子大学キリスト教文化研究所定例研究会
顔ぶれ多彩 不思議いっぱい―作者ヤンソン「多国籍、少数派」の生い立ち影響(インタヴュー記事)1994年12月北海道新聞社「北海道新聞」14頁
Creator of Moomin Celebrates 80th Birthday(英文インタヴュー記事)1994年11月12日毎日新聞社 Mainichi Weekly8-9頁
Muumibuumi tasoittuu muttei laannu(インタヴュー記事)1994年8月6日Helsingin Sanomatフィン語新聞「ヘルシンキ新聞」2頁

4. 学会等及び社会における主な活動
4-1 学会活動
年月日概要等
1979年7月~現在Association pour l’étude de la pensée de Simone Weil 会員
1987年4月~現在上智大学人間学会会員
1993年4月~現在中世哲学会会員
2006年11月~現在日本文藝家協会会員
4-2 社会における主な活動(地域・産学連携・公的機関への協力)
年月日概要等
2016年6月5日ムーミンを哲学する ― 「公案」を生きるユートピアの住人たち(臨済宗大本山円覚寺 第81回夏期講座)
2014年10月21日To celebrate the 100th Anniversary of Tove Jansson(マヌ・ヴィルタモ・フィンランド大使主催の会合でのスピーチ)
2012年4月21日ムーミンママのパンケーキ(NHK教育テレビ「グレーテルのかまど」番組監修)
2010年5月27日東京大学博士論文の外部審査委員(主査は東京大学教授鈴木啓二)
2009年7月26日ムーミンをめぐる27人の証言(TBSラジオ「爆笑問題の日曜サンデー」へのインタヴュー出演)
2009年5月25日「迷宮美術館-絵本の中の人気者」(NHKテレビ テレコムスタッフ企画協力)
2007年8月16日ムーミンと第二次大戦(FM J-WAVE Jam the World: 15 minutesゲスト)
2006年5月4日ムーミン谷の7つの謎(東京都庭園美術館主催の「北欧スタイリッシュ・デザイン展」特別講演)
2006年6月7日ちびのミイを語る:フィンランドの架空のヒーロー・ベスト8(フィンランド国営テレビYLEフィン語局による取材と出演)
2006年7月15日近くて遠いムーミン谷(国立国際子ども図書館主催「北欧文学展」オープニング講演)
2005年8月8日日本のムーミン受容(フィンランド国営テレビYLEスウェーデン語局による取材と出演)
2005年10月7日フィンランド・タンペレ美術館「NHK世界美術館紀行」(NHK教育テレビ・BSデジタルの番組企画協力)
2004年7月18日ムーミン谷で教わったこと(NHKラジオ「日曜喫茶室」での岸田今日子・池内紀との鼎談)
2004年11月1日ミクロシュ・ヴェトー「シモーヌ・ヴェイユにおける善と欲望」講演での特定質問(京都大学研究科21世紀COEプログラム「グローバル化時代の多元的人文学の拠点形成」)
2001年1月20日北欧の社会と女性(兵庫県西脇市教育委員会主催 西脇市まなびーたセンターでの市民向けの講演)
1995年11月11日トーベ・ヤンソンとわたし(品川区立図書館主催 読書週間特別講演)
1994年10月25日文化的エンクレーヴとしてのムーミン谷(北欧文化協会主催の特別講演)
4-3 受賞歴,その他
年月日概要等
2014年3月スウェーデン文化協会出版助成(Svenska kulturfonden i Finland)
1998年9月日本翻訳出版文化奨励賞(日本翻訳家協会)
1994年8月フィンランド国際交流基金(Centre for International Mobility)
1993年7月カトリック学術研究奨励金「研究奨励賞」(日本カトリック大学連盟)




Copyright(c), University of the Sacred Heart,Tokyo All rights reserved.