聖心女子大学

教育研究業績書

専任教員一覧に戻る



■哲学科 教授 加藤 和哉(カトウ カズヤ)
専門分野および専門テーマ  哲学
西洋中世哲学史、哲学と神学、倫理学
取得学位 文学修士
学位取得大学 東京大学大学院
最終学歴 東京大学大学院人文科学研究科博士後期課程満期退学
 
主な職歴概要等
年月日概要等
2010年4月1日~現在聖心女子大学文学部教授
2006年4月1日~2010年3月31日聖心女子大学文学部准教授
2001年4月1日~2006年3月31日聖心女子大学文学部助教授
1997年4月1日~2001年3月31日山口大学人文学部助教授
1992年4月1日~1997年3月31日山口大学人文学部講師

1. 教育活動
1-1 担当授業科目
年度事項
2015災害と人間,現代を考える,基礎課程演習 20,キリスト教学Ⅰ-5,哲学入門Ⅰ,哲学入門Ⅱ,倫理学演習Ⅱ,哲学・倫理学特講Ⅳ,キリスト教学概論Ⅱ,キリスト教学演習Ⅱ,哲学特殊演習Ⅰ,宗教科教育法1,副専攻修了レポートA1 A,副専攻修了レポートA1 B
2016キリスト教学Ⅰ-5,現代を考える,副専攻修了レポートA1,副専攻修了レポートA1,倫理学演習Ⅱ,哲学・倫理学特講Ⅳ,キリスト教学概論Ⅰ,キリスト教学演習Ⅱ,哲学特殊演習Ⅰ,宗教科教育法1,キリスト教学特論Ⅰ,人文学共同演習,災害と人間,哲学入門Ⅰ,哲学入門Ⅱ
1-2 教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)
項目年月日概要等
・哲学的アクティブ・ラーニングの実践2013年度~現在総合現代教養科目「現代を考える」において、多人数によるディスカッションを行う実践的授業を実施している。表裏色の違うカードを用いて全員に意見表示させた上で、自由な討議をしている。「哲学倫理学特講Ⅳ」では、Google シートを活用し、授業のテーマに関するアンケート、リアクションの提出などをさせている。
・キリスト教学用入門テクストの作成2013年度~現在キリスト教学I-5用のテクスト。初めてキリスト教に触れる学生を念頭にキリスト教に関する知識全般を解説したもの。
・授業リアクションに対するリアクション2001年度~現在1年生向けの「キリスト教学Ⅰ」では、リアクションペーパーの中から、その一部を取り上げ、コメントを付したプリントを作成し、次週の授業で配布している。学生は、大学の教員から、自分のコメントに対するきちんとした応対をしてもらうことは少ないため、このやり方は好評である。また、同じ授業を受講している他の学生のコメントを知ることは刺激や興味の喚起になっている。
・リアクションペーパーの提出2001年度~現在リアクションペーパーは講義系の授業では毎回課している。
・学科の学習ガイドブックの作成2006年度~現在哲学の学習法については、理解していない学生も多いため、各学年ごとの履修法や、研究の心構えなどを説明したガイドブックを作成した。
・学科紹介ビデオの作成2006年度~現在哲学の内容を知らずに敬遠する学生が多いので、特に専攻を決定する1年生のために、哲学の特徴や哲学科の学習の魅力について、哲学科の4年生や修士課程の大学院学生に語ってもらうビデオを作成している。この効果は大変高く、哲学への進学希望者が大幅に増加した。
・「キリスト教生命学」テクストの作成2001年度~2008年度キリスト教学I-13用のテクストを作成した。
・哲学ラテン語入門テクストの作成2003年度~2005年度中世哲学のテクストを読むためのラテン語文法のテクストを作成した。

2. 大学及び学校法人における役職の経歴
年月日概要等
2015年4月1日~2017年3月31日キリスト教文化研究所長
2013年4月1日~2015年3月31日キリスト教文化研究所長
2011年4月1日~2013年3月31日キリスト教文化研究所長

3. 研究活動
著書・論文等の名称単著・
共著の別
発行または
発表の年月
発行所、発表雑誌
(及び巻・号数)、
発表・講演等のテーマ
及び内容等の名称
編者・著者名
(共著の場合のみ記入)
該当頁数
<著書>
『哲学中辞典』共著2016年11月知泉書館尾関周二、他(編)
『ポストフクシマの哲学 原発のない世界のために』共著2015年7月明石書店村上勝三・東京大学国際哲学研究センター(編著)104-135頁
『西洋哲学史Ⅱ 「知」の変貌・「信」の階梯』共著2011年12月講談社神崎繁・熊野純彦・鈴木泉(責任編集)331-380頁
『キリスト教をめぐる近代日本の諸相--響鳴と反撥』共著2008年7月オリエンス宗教研究所加藤信朗(監修)、鶴岡賀雄・加藤和哉・小林 剛(編)39-66頁
『哲学の歴史3 神との対話 中世 信仰と知の調和』共著2007年10月中央公論社中川純男(責任編集)498-531頁
『事典 哲学の木』共著2002年3月講談社永井均、他(編)600-602頁
『岩波キリスト教辞典』共著2002年6月岩波書店大貫隆、他(編)
<論文>
『神学大全』は誰のために書かれたのか単著2016年10月中世哲学会『中世思想研究』第58号35-53頁
トマス・アクィナスの至福論とアリストテレス単著2007年7月『聖心女子大学論叢』第109集1-16頁
子どもは罪深いか 〜キリスト教における子どもの道徳性についての一試論単著2007年10月哲学会『子ども』哲学雑誌第122巻第794号22-38頁
未完の学としての神学−トマス・アクィナスにおける「聖なる教え」単著2000年9月中世哲学会『中世思想研究』第49号35-53頁
「教育現場に臨む哲学」の試み−『医療現場に臨む哲学』にならって−単著1999年2月『山口大学文学会志』第49巻285-302頁
人間の受動的完全性について−トマス・アクィナスの「賜物(donum)」論の一考察単著1999年2月上智大学中世思想研究所(編)『トマス・アクィナスの倫理思想』(創文社)193-218頁
<発表・講演等>
カトリック学校の教員に求められているもの−授業『キリスト教倫理学』を通して−2014年9月関東地区カトリック小学校宗教部会
道徳の「教科」化をめぐって、投稿・コメント・依頼執筆2007年4月『朝日新聞』(2007.4.27.)「私の視点」に投稿掲載。その後英字新聞International Herald Tribune/the Asahi Shinbunに英訳掲載。『読売新聞』(2007.5.8.)にて記事中でのコメントを求められる。
<記事>
トマス・アクィナスにおける「ストア派」(Stoici)の使用法(2010年度大会シンポジウム提題要旨)単著2011年9月中世哲学会『中世思想研究』第53号
「スコラ学」における学/哲学としての神学の誕生(2006年度大会シンポジウム提題要旨)単著2007年9月中世哲学会『中世思想研究』第49号144-146頁
トマス・アクィナスの至福論とアリストテレス単著2007年7月『創文』504号6-9頁
道徳は「教科」にできるか単著2007年8月公明党機関誌委員会『公明』2007年8月号18-23頁
新渡戸稲造 〜武士道とキリスト教(明治を生きたキリスト者たち11)単著2003年12月オリエンス宗教研究所『福音宣教』2003年12月号51-59頁

4. 学会等及び社会における主な活動
4-1 学会活動
年月日概要等
2013年11月~現在中世哲学会常任理事
2014年11月~現在中世哲学会編集委員
2015年7月~現在日本哲学会編集委員
2005年12月~2009年11月中世哲学会委員・常任委員
2002年11月~2006年3月中世哲学会庶務幹事(事務局主宰幹事)
4-2 社会における主な活動(地域・産学連携・公的機関への協力)
年月日概要等
2010年11月~現在医療法人加藤レディスクリニック倫理委員会委員




Copyright(c), University of the Sacred Heart,Tokyo All rights reserved.