聖心女子大学

教育研究業績書

専任教員一覧に戻る



■日本語日本文学科 教授 小柳 智一(コヤナギ トモカズ)
専門分野および専門テーマ  日本語学 文法 日本語史
取得学位 博士(文学)
学位取得大学 國學院大学
最終学歴 國學院大学大学院文学研究科博士課程後期日本文学専攻修了
 
主な職歴概要等
年月日概要等
2015年4月1日~現在聖心女子大学教授
2009年4月1日~2015年3月31日聖心女子大学准教授
2004年4月1日~2009年3月31日福岡教育大学教育学部助教授

1. 教育活動
1-1 担当授業科目
年度事項
2015日本語史概説Ⅱ,日本語の世界,日本語学研究Ⅱ,日本語学演習Ⅳ,研究法実習Ⅵ,副専攻修了レポートA1 A,副専攻修了レポートA1 B,(大学院)日本語史研究,(大学院)日本語学論文演習Ⅰ,(大学院)人文学特論Ⅷ,(大学院)人文学論文演習Ⅱ
2016基礎課程演習,日本語史概説Ⅰ,日本語史概説Ⅱ,日本語学研究Ⅱ,日本語学演習Ⅳ,研究法実習Ⅵ,日本語史研究,日本語学論文演習Ⅰ,人文学特論Ⅷ,人文学論文演習Ⅱ,副専攻修了レポートA1,副専攻修了レポートA1,人文学共同演習
2017研究法実習Ⅵ,人文学論文演習Ⅱ
1-2 教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)
項目年月日概要等
授業でリアクションペーパーを活用2009年~現在ほぼ毎回の授業で受講生にリアクションペーパーを提出させ、次回授業時に必要な範囲でそれらにコメントする。
授業の導入で前回の内容を確認2009年~現在毎回、前回の授業内容を確認してから、その回の授業に入る。
授業時に確認の時間を設定2009年~現在主題や単元の切れ目で、受講生各自がそれまでの内容を確認する時間を設ける。
中間確認テストを実施2013年~現在中間で確認テスト(成績に反映させない)を実施し、期末テスト(成績に反映させる)のリハーサルを行うとともに、その結果を、受講生が自分の授業の取り組み方、復習の仕方について反省するきっかけにしてもらう。

2. 大学及び学校法人における役職の経歴

3. 研究活動
著書・論文等の名称単著・
共著の別
発行または
発表の年月
発行所、発表雑誌
(及び巻・号数)、
発表・講演等のテーマ
及び内容等の名称
編者・著者名
(共著の場合のみ記入)
該当頁数
<著書>
『日本語の配慮表現の多様性―歴史的変化と地理・社会的変異―』共著2014年6月15日くろしお出版野田尚史編pp.57-74
『日本語学と通言語的研究の対話―テンス・アスペクト・ムード研究を通して―』共著2014年6月10日くろしお出版定延利之編pp.55-82
『日本語文法の歴史と変化』共著2011年11月9日くろしお出版青木博史編pp.1-24
『ことばに向かう日本の学知』共著2011年10月20日ひつじ書房釘貫亨・宮地朝子編pp.79-96
『日本語の構造変化と文法化』共著2007年7月30日ひつじ書房青木博史編pp.115-140
『日本語のとりたて―現代語と歴史的変化・地理的変異』共著2003年11月15日くろしお出版沼田善子・野田尚史編pp.159-177
<論文>
文法変化の方向単著2015年6月14日『KLS』(関西言語学会)35pp.323-334
副助詞の形―「だに」「さへ」「すら」の場合―単著2015年3月31日『国語語彙史の研究』(国語語彙史研究会)34pp.37-54
「じもの」考―比喩・注釈―単著2014年10月20日『万葉集研究』35稲岡耕二監修、神野志隆光・芳賀紀雄編pp.247-284
「主観」という用語―文法変化の方向に関連して―単著 2014年10月15日『日本語文法史研究』2青木博史・小柳智一・高山善行編pp.195-219
言語変化の傾向と動向単著2014年3月31日『日本エドワード・サピア協会研究年報』28pp.17-27
文法的意味の源泉と変化単著2013年10月10日『日本語学』(明治書院)32-12pp.44-54
文法制度化―文法変化の種類Ⅱ―単著2013年7月30日『聖心女子大学論叢』121pp.57-76
たましゐをいれべきてには―副助詞論の系譜―単著2013年4月1日『日本語の研究』(日本語学会)9-2pp.1-15
言語変化の段階と要因単著2013年3月15日『学芸国語国文学』(東京学芸大学国語国文学会)45pp.14-25
機能語生産―文法変化の種類Ⅰ―単著2013年3月28日『国語研究』(国学院大学国語研究会)76pp.60-72
被覆形・情態言・形状言・情態性語基単著2012年12月28日『日本語文法史研究』1高山善行・青木博史・福田嘉一郎編pp.1-20
「てには」と「てにはの字」単著2012年12月20日『国語文字史の研究』(国語文字史研究会)13pp.153-173
上代の動詞未然形―制度形成としての文法化―単著2011年3月10日『万葉語文研究』(万葉語文研究会)6pp.71-88
『あゆひ抄』の副助詞研究単著2010年1月1日『国語と国文学』(東京大学国語国文学会)87-1pp.52-68
同語反復仮定の表現と従属句化単著2009年2月20日『福岡教育大学国語科研究論集』(福岡教育大学国語国文学会)50pp.1-18
副助詞研究の可能性単著2008年9月30日『日本語文法』(日本語文法学会)8-2pp.3-19
古典文法研究と古典文法教育―動詞の活用についての実践例―単著2008年3月『教育実践研究』(福岡教育大学教育学部附属教育実践総合センター)16pp.1-8
複数と例示―接尾語ラ追考―単著2008年3月31日『国語語彙史の研究』(国語語彙史研究会)27pp.147-164
訳語の位置―『あゆひ抄』の移動訳―単著2007年2月『福岡教育大学紀要』(福岡教育大学)56・第1分冊pp.25-38
上代の複数―接尾語ラを中心に―単著2006年11月30日『万葉』(万葉学会)196pp.35-51
上代語―解釈と文法の研究単著2005年5月10日「国文学 解釈と教材の研究』(学燈社)50-5pp.6-14
副詞と否定―中古の「必ず」―単著2005年1月31日『福岡教育大学国語科研究論集』(福岡教育大学国語国文学会)46pp.35-50
「ずは」の語法―仮定条件句―単著2004年7月31日『万葉』(万葉学会)189pp.25-40
ベシ・ラシ・ラムの接続について単著2004年2月15日『国学院雑誌』(国学院大学)105-2pp.16-31
「あさずをせ」考―古事記歌謡三九番歌と万葉集三四二九番歌―単著2003年10月31日『野州国文学』(国学院大学栃木短期大学国文学会)72pp.15-34
名詞の論―名詞の本質―単著2003年12月25日『国語研究』(国学院大学国語研究会)67pp.1-14
<事典項目>
『日本語文法事典』共著2014年7月10日大修館日本文法学会編
『暮らしのことば 新語源辞典』共著2008年11月20日講談社山口佳紀編
『暮らしのことば 擬音・擬態語辞典』共著2003年11月1日講談社山口仲美編
<記事>
学界時評 日本語歴史的研究2012.7-2012.12単著 2013年6月『リポート笠間』(笠間書院)54pp.25-27
2010年・2011年における日本語学界の展望 文法(史的研究)単著20112年7月1日『日本語の研究』(日本語学会)8-3pp.18-25
紹介 小田勝『古典文法詳説』単著2011年3月15日『國學院雑誌』112-3pp.31-35
未然形の向こう側単著2010年12月20日福岡大学研究部論集A人文科学編10-7(総合科学研究チームⅡ研究成果報告書)pp.253-260
『日本語の現在』共著2006年3月10日勉誠社出版諏訪春雄編pp.148-163
『ケーススタディ日本語のバラエティ』共著2005年10月10日おうふう上野智子・定延利之・佐藤和之・野田春美編pp.12-17
<書評>
書評 青木博史著『語形成から見た日本語文法史』単著2012年4月1日『日本語の研究』(日本語学会)8-2pp.38-44
書評 野村剛史著『話し言葉の日本史』単著2011年12月20日『言語・情報・テクスト』(東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学専攻紀要)18pp.79-82
書評 蜂矢真郷著『国語派生語の語構成論的研究』単著2011年6月30日『万葉』(万葉学会)209pp.55-64
書評 宮地朝子『日本語助詞シカに関わる構文構造史的研究』単著2008年10月1日『日本語の研究』(日本語学会)4-4pp.89-94

4. 学会等及び社会における主な活動
4-1 学会活動
年月日概要等
1994年~現在日本語学会会員
1996年~現在万葉学会会員
1999年~現在訓点語学会会員
2000年~現在古事記学会会員
2001年~現在日本語文法学会会員
2013年~現在日本語文法学会学会誌委員
2015年~現在日本語文法学会評議員
2015年~現在日本語学会編集委員
2015年~現在日本語学会評議員
2009年~2012年日本語学会大会企画運営委員




Copyright(c), University of the Sacred Heart,Tokyo All rights reserved.