聖心女子大学

教育研究業績書

専任教員一覧に戻る



■国際交流学科 准教授 奥切 恵(オクギリ メグミ)
専門分野および専門テーマ  応用言語学、言語習得学、
構文習得、談話分析、コーパス言語学
取得学位 博士(学術)
学位取得大学 東京大学大学院
最終学歴 東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学専攻博士課程修了
HPアドレスリンク http://www.u-sacred-heart.ac.jp/okugiri/

1. 教育活動
1-1 担当授業科目
年度事項
2015英語コミュニケーションⅠ(1) A,英語コミュニケーションⅠ(1) C,英語コミュニケーションⅠ(2) A,英語コミュニケーションⅠ(2) B,英語コミュニケーションⅠ(2) C,英語コミュニケーションⅡ(1) C,英語コミュニケーションⅡ(2) C
2016Contemporary American Culture(1),英語コミュニケーションⅠ(1) A,英語コミュニケーションⅠ(1) B,英語コミュニケーションⅠ(1) C,英語コミュニケーションⅠ(2) A,英語コミュニケーションⅠ(2) B,英語コミュニケーションⅠ(2) C,英語コミュニケーションⅡ(1) A,英語コミュニケーションⅡ(1) B,英語コミュニケーションⅡ(1) C,英語コミュニケーションⅡ(2) A,英語コミュニケーションⅡ(2) B,英語コミュニケーションⅡ(2) C
2017英語コミュニケーションⅡ(2) C,英語コミュニケーションⅡ(2) B,英語コミュニケーションⅡ(2) A,英語コミュニケーションⅡ(1) C,英語コミュニケーションⅡ(1) B,英語コミュニケーションⅡ(1) A,英語コミュニケーションⅠ(2) C,英語コミュニケーションⅠ(2) B,英語コミュニケーションⅠ(2) A,英語コミュニケーションⅠ(1) C,英語コミュニケーションⅠ(1) B,英語コミュニケーションⅠ(1) A,Contemporary American Culture(2)
1-2 教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)
項目年月日概要等
アクティブラーニングを促進する、ディベートとプレゼンテーションの実践2015年度~現在受動的学習にならぬよう、学生が自発的に大学生としてアクティブかつアカデミックに学習する能力を養うため、ディベートとプレゼンテーション能力の育成をする。
パワーポイントを使用した授業の実践2015年度~現在授業時間内に、学生がより多くのことを学習できるよう、パワーポイントに整理され、まとめられた情報を提供する。
アカデミック英語の教育促進のためのプレゼンテーションとライティング指導2015年度~現在グローバル社会の一員となり、国際社会での即戦力を養うため、アカデミックレベルでのプレゼンテーション能力とライティング能力の養成をする。

2. 大学及び学校法人における役職の経歴

3. 研究活動
著書・論文等の名称単著・
共著の別
発行または
発表の年月
発行所、発表雑誌
(及び巻・号数)、
発表・講演等のテーマ
及び内容等の名称
編者・著者名
(共著の場合のみ記入)
該当頁数
<著書>
Information status and English relative constructions: A corpus-based study of Japanese learners in spoken language共著2014年12月1日『Yearbook of the German Cognitive Linguistics Association』 , De Gruyter MoutonSusanne Flach & Martin Hilpert(編)pp.21-37
『The acquisition of the discoursal properties of English relative constructions by Japanese learners』 単著2014年10月1日風間書房全176頁
The acquisition and the animacy status of English relative constructions and the input by English textbooks in Japan共著2014年3月1日『グローバル化時代の外国語教育(Changing Roles of Foreign Language Teaching/Learning in the Context of Globalization in Japan)』 , MAYA ConsortiumTom Gally 他(編)pp.81-97
The animacy status and the acquisition of English relative clauses in written language by Japanese learners 共著2012年3月1日『West to East, East to West: Studies in the Field of English Education _ Dedicated to Professor Paul Rossiter on His Retirement _ 』, 成美堂The Professor Rossiter Festschrift Editorial Committee(編)pp.135-156
<論文>
The Overuse of I Think by Japanese Learners and To-omou/To-kangaeru by English Learners in Essay Writing共著2017年Proceedings of Pacific Second Language Research Forum 2016Ijuin, Ikuko& Komori, Kazukopp.163-168
日本人英語学習者による意見文の論理展開?言語形式とその機能に着目して?共著2015年日本語用論学会第17回大会論文集伊集院郁子、小森和子pp.243-246
Information status of English relative constructions by Japanese speakers: A comparison between spoken and written language単著2014年6月1日日本認知言語学会『日本認知言語学会論文集』第14巻pp.225-236
English relative constructions and discourse in spoken and written language単著2014年3月1日駒場言葉研究会, 『KLA Journal』Vol. 1pp.29-40
The effect of animacy status on the acquisition of English relative constructions by Japanese learners: A comparison of spoken and written language単著2014年3月1日JACET関東支部,『JACET-KANTO Journal』第1号  pp.20-35
The animacy status in the production of English relative constructions by Japanese learners in spoken and written discourse単著2014年2月1日『Proceedings of the 18th Conference of Japanese Studies Association of Australia: Peer-reviewed full papers』Duck-Yong Lee(編) ISBN: 978-0-9750321-2-1pp.1-11
The use of English relative constructions by Japanese learners in written language 単著2013年9月1日『The International Journal of Literacies』Common Ground Publishing http://ijlll.cgpublisher. com/product/pub.254/ prod.24pp.13-24
<発表・講演等>
作文評価手法を問い直す―IRTを用いた尺度値析―共同2016年12月17日第27回第二言語習得研究会全国大会(於 九州大学)野口裕之、李在鎬、小森和子、伊集院郁子
意見文の評価を左右する要因は何か―KH Coder を用いた評価コメントの分析を通して―共同2016年12月17日日本語教育学会2016年度秋季大会(於 ひめぎんホール、愛媛県)伊集院郁子、小森和子、李在鎬、野口裕之
What is the Reason for Your Reason? Japanese Learners’ Metalinguistic Use of “Reason”単独2016年7月3日JACET Kanto 10th Anniversary Convention(於 青山学院大学)
The Use of “I” by Native English Speakers and Japanese English Learners in Academic Writing単独2015年11月28日JACET関西支部2015年秋季大会(於神戸学院大学)
日本人英語学習者による意見文の論理展開?言語形式とその機能に着目して?共同2014年11月30日日本語用論学会第17回年次大会(ポスター)(於 京都ノートルダム女子大学)伊集院郁子、小森和子
Active English skills: communicative English through Tezuka manga 単独2013年11月3日2013年度JACET英語教育セミナーと教材展示?英語教材と指導法の今?にて、テキストの使い方について発表(於 早稲田大学)
<国際会議>
“I Think” as an Opinion Marker by Japanese Learners of English単独2016年9月2日JACET 55th International Convention (於 Hokusei Gakuin University, Sapporo, Japan)
The function of ” I think ” by Japanese learners of English and first language transfer共同2016年8月25日EuroSLA 26(於 The University of Jyväskylä, Jyväskylä, Finland)Ijuin, Ikuko& Komori, Kazuko
The overuse of ”I think” by Japanese learners in English academic writing共同2016年9月11日Pacific Second Language Research Forum 2016 (於 中央大学)Ijuin, Ikuko& Komori, Kazuko
Preferred argument structure and the English relative constructions by Japanese learners in spoken language単独2014年8月14日Applied Linguistics Association of Australia World Congress 2014(於 Brisbane)
SLA and discourse analysis: what can discourse properties tell us about the acquisition of English relative clauses by Japanese learners and about teaching?単独2013年9月1日JACET Convention 2013: The 52nd International Convention  (於 京都大学)
The animacy status in the production of English relative constructions by Japanese learners in spoken and written discourse単独2013年7月10日Japanese Studies Association of Australia 2013 Conference  (於 Australian National University)   
The information status of English relative constructions by Japanese learners in spoken and written language (英語関係節構文の習得とその談話特徴?日本人学習者の話し言葉と書き言葉においての比較?)単独2013年6月1日第13回日本第二言語習得学会年次大会(於 中央大学)
The acquisition of English relative constructions by Japanese learners in written language単独2012年9月6日The 22nd_Annual Conference of the European Second Language Association(於 ポーランド Adam Mickiewicz大学)
The use of English relative constructions by Japanese learners in written language単独2012年8月15日The 19th Annual Conference on Learning(於 University of London)
<学会等の招待講演>
SLA and corpus linguistics: A new linguistic corpus with comparable L1 & L2 data MOECS単独2017年1月29日KLA・TALK 第15回合同セッション(於 早稲田大学)https://sites.google.com/site/komabalanguage/annoucements/kla-talk-fy-2016-joint-workshop-kla-talk-di15hui-he-tongsesshon
Our roles in foreign language teaching in the context of globalization in Japan単独2013年11月17日駒場言葉研究会MAYA Consortium共催「グローバル化時代の外国語教育学生コロキアム」(於 東京大学 駒場キャンパス)
Does ”discourse” matter in the acquisition of English relative constructions by Japanese learners in the spoken and written language?単独2013年5月25日駒場言葉研究会第6回研究会 (於 東京大学駒場キャンパス)
談話で分析する日本語話者の英語関係節構文習得単独2013年3月5日名古屋大学シンポジウム:第二言語習得研究のための学習者コーパス(於 名古屋 大学)
The information status of English relative constructions by Japanese speakers: A comparison between spoken and written languages 単独2013年9月22日日本認知言語学会第14回全国大会(於 京都外国語大学)
<その他>
Active English skills: communicative English through Tezuka manga 共著2014年1月Macmillan Languagehouse (大学生対象総合英語テキスト)Evans, Hywel

4. 学会等及び社会における主な活動
4-1 学会活動
年月日概要等
2017年~現在大学英語教育学会学術出版委員Selected Papers 副委員長
2016年~現在大学英語教育学会国際大会組織委員会運営委員
2015年~現在Pacific Second Language Research Forum 2016大会実行委員
2015年~現在日本第二言語習得学会運営委員
2014年~現在大学英語教育学会関東支部月例研究委員・支部大会運営委員・支部紀要編集委員会・大会査読委員
2014年~現在駒場言葉研究会KLA Journal Advisory Board
2010年~現在The European Second Language Association会員
4-3 受賞歴,その他
年月日概要等
2015年7月29日東京医療保健大学平成26年度教育研究活動部門表彰
2015年日本語教員と専門教員によるアカデミック・ライティングの評価:評価基準の策定と検証  科学研究費補助金「基盤C」課題番号:15K02633 3300千円 代表者:伊集院郁子(分担者)2015~2017年度
2014年『日本人英語学習者の論文の執筆のための基礎研究?日本語と英語の学術論文に見られる連体修飾節構造の比較?』 2013-2015年度 科学研究費補助金 基盤(C) 課題番号:25370705 4680千円 (代表者)
2013年“The acquisition of the discoursal properties of English relative constructions by Japanese learners” 2014年度 科学研究費補助金 研究成果公開促進費 課題番号:265064 800千円(代表者)2013~2015年度




Copyright(c), University of the Sacred Heart,Tokyo All rights reserved.