聖心女子大学

教育研究業績書

専任教員一覧に戻る



■国際交流学科 准教授 CORBEIL S.(コルベイユ スティーブ)
専門分野および専門テーマ  文学(日仏比較文学)、翻訳論、外国語教育(フランス語)
取得学位 修士(文学)
学位取得大学 モントリオール大学大学院
最終学歴 モントリオール大学大学院比較文学科修士課程修了
 
主な職歴概要等
年月日概要等
2016年4月1日~現在聖心女子大学 准教授
2015年4月1日~現在上智大学 非常勤講師
2015年4月1日~2016年3月31日静岡大学 准教授
2010年4月1日~2015年3月31日静岡大学 専任講師 
2007年4月1日~2010年3月31日立命館大学 嘱託講師 

1. 教育活動
1-1 担当授業科目
年度事項
20161年フランス語(オラル),1年フランス語(オラル),1年フランス語(オラル),2年フランス語(会話),2年フランス語(会話),フランス語コミュニケーションⅡ(1),フランス語コミュニケーションⅡ(2)
2017日仏文化交流論(2),日仏文化交流論(1),国際交流概論,2年フランス語(会話) C,2年フランス語(会話) A,1年フランス語(オラル) E,1年フランス語(オラル) C,1年フランス語(オラル) A,国際交流入門
1-2 教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)
項目年月日概要等

2. 大学及び学校法人における役職の経歴

3. 研究活動
著書・論文等の名称単著・
共著の別
発行または
発表の年月
発行所、発表雑誌
(及び巻・号数)、
発表・講演等のテーマ
及び内容等の名称
編者・著者名
(共著の場合のみ記入)
該当頁数
<著書>
『石川淳と戦後日本』(第二部八章 担当執筆共著2010年3月ミネルヴァ書房タイラー ウィリアム・鈴木貞美(編)147-159頁
<論文>
間文化主義の政策と教育の改革 (シンポジウム記録)単著2016年9月15日ケベック研究108-110頁
不在を語る時―劇団四季による三島由紀夫の「鹿鳴館」単著2016年3月翻訳の文化/文化の翻訳第11号21-25頁
When a Director Remakes His Own Film: A Comparative Analysis of Ozu Yasujiro’s A Story of Floating Weeds and Floating Weeds単著2015年3月翻訳の文化/文化の翻訳』第10号64-78頁
The Representation of montage in Matsumoto Seicho’s Vessel of Sand単著2014年3月翻訳の文化/文化の翻訳』第9号81-98頁
大島渚の「日本の夜と霧」~戦後映画と記憶と赦し~ 単著2013年3月翻訳の文化/文化の翻訳』第8号1-9頁
Shibusawa Tatsuhiko et le rôle du traducteur dans la société japonaise d’après-guerre単著2011年3月翻訳の文化/文化の翻訳第6号31-44頁
Paris sera toujours Paris! L’influence des représentations et des stéréotypes sur l’enseignement du français langue étrangère au Japon 共著2008年Revue japonaise de didactique du français, vol.3, n.2Alexandre Gras60-74頁
Théophile agonique: le cachot du libertin, la cellule de l’écrivain単著2001年Tangence, n.6636-47頁
<発表・講演等>
Ethics and Politics of Translation: The Case of Shibusawa Tatsuhiko単独2016年7月9日East Asian Translation Studies Conference: Constructing/Deconstructing Asia (於・明治大学)
ケベック文学における主権と間文化主義の表象~教育現場からの文学論~単独2015年3月28日日本ケベック学会研究会 (於・立教大学)
間文化主義の政策と教育の改革 :各学校段階の取り組みに目を向けて単独2015年10月3日日本ケベック学会2015年度大会 (於・跡見学園女子大学)
Le partage du sensible dans le Japon des années 60 : Shibusawa Tatsuhiko et Nosaka Akiyuki 単独2014年3月11日リヨン第3大学 
17世紀リベルタンの思想と作家のエトス~テオフィル・ド・ヴィオーの詩をめぐって~単独2014年10月25日日本フランス語・フランス文学学会2014年度秋季大会(於・広島大学)
ロベール・バダンテールの『死刑執行』と加賀 乙彦の死刑廃止論についてのディスクール――デリダの1999年~2000年ゼミの第2と第3セアンスをめぐって単独2013年7月25日翻訳研究会(於・静岡大学)
世界的な作家・松本清張――ミステリー小説の映画化について単独2012年12月1日松本清張研究会第27回研究発表会(於・静岡大学)
Le haïku et ses prolongements au Québec. Considérations sur la littérature japonaise単独2008年2月21日La Chaire de recherche du Canada sur la littérature québécoise et le discours culturel (於・モントリオール大学)
野坂昭如のエロスを超えて~パフォーマンス理論と凝視理論 ~単独2008年4月12日日本比較文学会関西支部4月例会 (於・大阪大学)
石川淳とパーフォマティヴィテ:野坂昭如と比較する単独2008年6月28日国際日本研究センター・第34回国際研究集会「石川淳と戦後日本」(於・国際日本文化研究センター京都)
Bodily metamorphosis: Edogawa Rampo and Matsumoto Seicho単独2007年12月8日江戸川乱歩とグローバル文化としてのモダニズム視覚性と日本文学(於・立命館大学)
<学会等の招待講演>
ケベックと日本における間文化教育の課題:言語、文化、宗教単独2016年3月29日国際研究集会2016異文化間教育の文脈化をめぐって(於・京都大学)
<翻訳>
『Noism劇的舞踊vol.3ラ・バヤデール幻の国』 劇の字幕翻訳単訳2016年静岡県舞台芸術センター
『イナバとナバホの白兎』 劇の字幕翻訳単訳2016年静岡県舞台芸術センター
『グスコーブドリの伝記』 劇の字幕翻訳単訳2015年静岡県舞台芸術センター
『グリム童話本物のフィアンセ』 劇の字幕翻訳単訳2012年静岡県舞台芸術センター
『マハーバーラタ』 劇の字幕翻訳単訳2012年静岡県舞台芸術センター
『グリム童話少女と悪魔と風車小屋』 劇の字幕翻訳単訳2011年静岡県舞台芸術センター
<書評>
Catherine Russel’s Classical Japanese Cinema Revisited単著2012年3月翻訳の文化/文化の翻訳第7号95-101頁
<その他>
翻訳の〈倫理〉をめぐる総合的研究単著2015年3月平成27年度科研研究成果報告書155-165頁
ケベック文化を表象することば単著2015年8月日本フランス語圏文学研究会会報第5号5頁
箱への籠城・脱出を求めて――平田オリザ作『忠臣蔵』単著2014年シアターアーツ第58号48-50頁
消費者に生きる孤独の少女たち~美少女の美術史単著2014年REAR第33号137頁
王様が目を覚ます方法 ――『本物のフィアンセ』の中の慰戯と劇中劇単著2012年劇場文化、静岡県舞台芸術センター1-3頁

4. 学会等及び社会における主な活動
4-1 学会活動
年月日概要等
2013年~現在日本フランス語・フランス文学会
2013年~現在表象文化論学会
2013年~現在松本清張研究会
2014年~現在日本ケベック学会、広報・渉外・学会誌担当の理事
2008年~現在日本比較文学会
4-2 社会における主な活動(地域・産学連携・公的機関への協力)
年月日概要等
2011年~2015年静岡市外国人住民懇話会(於・静岡市市役所)
2014年2月28日映画X宝塚!?佐伯祐三が憧れた1920年代のパリをもっと知る二つのキーワード(於・静岡市LINK)
2014年8月23日ジャック・タチとユロのいる情景 ~フランス社会の変化~ (於・静岡シネギャラリー)
2014年12月14日公開シンポジウム : 中村文則×野崎歓~創作と翻訳の罪 と悦楽~(聞き手、於・静岡市あざれあ)
2012年11月17日シンポジウム 大学で映画を学ぶ/映画で学ぶ 教養科目としての映像文化論の必要性について~視覚表象の観点から~ (於・静岡大学)
2010年9月12日『パリ20区、僕たちのクラス』公開記念セミナー(於・静岡シネギャラリー)
2010年5月22日立命館大学土曜講座(講演)




Copyright(c), University of the Sacred Heart,Tokyo All rights reserved.