聖心女子大学

教育研究業績書

専任教員一覧に戻る



■史学科 教授 土田 宏成(ツチダ ヒロシゲ)
専門分野および専門テーマ  史学、日本近代史
取得学位 博士(文学)
学位取得大学 東京大学
最終学歴 東京大学大学院人文社会系研究科日本文化研究専攻日本史学専門分野博士課程満期退学
 
主な職歴概要等
年月日概要等
2003年4月1日~2019年3月31日神田外語大学外国語学部勤務(常勤)
2019年4月1日~現在聖心女子大学現代教養学部史学科教授(常勤)

1. 教育活動
1-1 担当授業科目
年度事項
2019日本史への招待,史料講読Ⅱ,日本近現代史Ⅰ,日本史演習Ⅰ,日本史演習Ⅱ-4,日本近現代史研究

2. 大学及び学校法人における役職の経歴

3. 研究活動
著書・論文等の名称単著・
共著の別
発行または
発表の年月
発行所、発表雑誌
(及び巻・号数)、
発表・講演等のテーマ
及び内容等の名称
編者・著者名
(共著の場合のみ記入)
該当頁数
<論文>
【論文】二〇世紀日本の防災2018年6月『史学雑誌』127-66-19頁
【著書】帝都防衛 戦争・災害・テロ2017年吉川弘文館(歴史文化ライブラリー)全229頁
【論文】第2次世界大戦末期の2つの地震 東南海地震・三河地震と軍需産業2016年『グローバル・コミュニケーション研究』333-56頁
【論文】総力戦体制下の自然災害 敗戦前後を中心に2015年史学会編『史学会125周年リレーシンポジウム 3 災害・環境から戦争を読む』(山川出版社)72-102頁
【論文】下総台地の軍事化2015年荒川章二編『地域のなかの軍隊2 軍都としての帝都 関東』(吉川弘文館)55-81頁
【論文】「交通戦争」の政治社会史2013年坂本一登・五百旗頭薫編『日本政治史の新地平』(吉田書店)555-582頁
【編著書】日記に読む近代日本 4 昭和前期2011年吉川弘文館1-13頁,153-171頁,212-264頁
【論文】ワシントン会議と世論―海軍軍縮反対運動とその影響2011年6月『日本歴史』75771-86頁
【論文】近代の首都と治安・防備2011年3月『歴史と地理』642(『日本史の研究』232)1-14頁
【著書】近代日本の「国民防空」体制2010年神田外語大学出版局全334頁

4. 学会等及び社会における主な活動
4-2 社会における主な活動(地域・産学連携・公的機関への協力)
年月日概要等
2008年5月22日~現在小笠原村文化財保護審議会委員
2017年4月1日~現在瀬戸内町近代遺跡調査検討委員
2017年10月1日~現在福岡県戦争遺跡調査指導委員会委員




Copyright(c), University of the Sacred Heart,Tokyo All rights reserved.