To research issues related to environmental and marine sustainability in Japan

8月8日 英語英文学科 Bushell准教授のプロジェクト(アジアの海洋における環境問題)が、ネパール国立カトマンズ大学の学生4名と武蔵工業大学と本学の学生各10名の協働で、本学3号館にて行われました。


ネパール語でWelcome!
よくいらっしゃいました!

ネパールの学生4名を交えて
意見交換
午前中は築地市場をネパール人のコーディネータの先生、Bushell先生、各大学の学生が見学しました。
海洋を取り巻く問題を実地調査するためです。
ネパールの学生は初めて生のマグロを食べたそうです。

午後は聖心女子大学にて
★燃料の高騰による漁獲量の減少
★アジア各国の魚の需要変化に伴う問題
★不法漁獲の問題
などについてディスカッションをしました。

アジアの学生たちが、意見交換をする貴重な機会になりました。

学生からも活発に意見がでました

Bushell先生を中心にディスカッション
午前中の築地での様子。