聖心女子大学

2007年度 ラオス・タイ スタディーツアー報告会実施 (2008.09.24)

 9月24日(水)12:10〜13:10にマリアンホール1階ブルーパーラーで、今春(2月6日〜14日)に行われたラオス&タイ.スタディーツアーについての報告をツアー参加者の学生4名(大学院生2名、学部生2名)が行った。副学長、学務部長、学生部長を初め、10名の先生方が足を運んでくださった。また、スタディーツアーに興味のある学生たちが見学に来ていた。
 報告会では、スタディーツアー参加学生がラオスとタイで見たり感じたりしてきたことや学んできたことを、現地で撮影してきた写真をスライドで見せながら、説明した。また、学生たちがツアーを通して感じたことをまとめた映像を上映した。そして、学生たち(ツアー参加当時、学部生3名)が作成した、スタディーツアーの副産物である開発教育教材「つながりサイクル」を用いて、来訪者に「生徒」になっていただき、模擬授業を行った。最後に、学生4名から、スタディーツアーを通しての感想や今考えていることなどをそれぞれが述べ、報告会を終了した。
 今回の報告会では、学生たちの日ごろの関心事やスタディーツアーに参加した学びを、専攻を超えた先生方に報告するよい機会となった。

大学院人間科学研究科 曽我幸代

 

 

◯ ラオス・タイ スタディーツアー報告書はこちらをご覧ください。
 >> 日本語版 (PDF | 18.4MB)   >> 英語版(PDF | 7.1MB)

 

 

 

close