2011/3/18

全学生/全関係者へ

東日本大震災による構内施設等の緊急点検結果について

総務部

 このたびの大震災により被災され方々へ心よりお見舞い申し上げます。一刻も早い復旧、復興をお祈りしています。

 さて、標記のことにつきまして、地震直後の去る3月12日から校舎等建物への影響を調査してまいりましたが、3月17日までに目立った被害等は発生していないことが判明しました。これは専門業者による全施設の点検調査と職員による点検等の結果を突き合わせて確認したものであり、新年度からの授業等に支障はありません。また、各事務部署においては基本的に通常勤務の体制をとっており、新年度に向けて学生の皆さんを迎える準備を行っております。使用する施設等に関して気になることがあれば、いつでも相談してください。

 なお、本学の校舎は平成12年以降2回にわたり耐震診断を行い、1号館、2号館の教育研究棟は平成14年度に耐震補強工事を実施しております。また、3号館は平成10年に竣工したものであり、新耐震基準により建設されておりますことを申し添えます。

 おって、学内では国内電力事情を考慮して節電に努めております。新年度に入ってからもエアコンやエレベータの使用制限を継続します。学生の皆さんも使用していない教室や部屋の照明をこまめに消すなど、自らの積極的な行動で計画節電に協力してください。

以上