クニハウス車寄

 旧 久邇宮(クニノミヤ)邸の本館の車寄(現クニハウス車寄)です。香淳皇后は大正13年1月御成婚の折、この本館車寄(現クニハウス車寄)よりお輿入れされました。
 久邇宮邸本館はこの車寄の東側に立地しており、和風平屋建て(1918年完成)の建物でしたが、火災により正面玄関を残して焼失。その後に建てられた平屋建洋館を、本学では「クニハウス」と呼んでいました。このクニハウスは大学の正面受付、学長室、教授室、図書室、寄宿生食堂などに用いられてきました。
 現在はクニハウスは取り壊され3号館となっていますが、車寄は現存しており、内部は「クニギャラリー」として大学史料などの展示スペースになっています。また、2017年旧久邇宮邸が重要文化財に指定された際に、車寄も附(ツケタリ)指定されました。

 

×CLOSE