聖心女子大学 2008年 史学専攻(日本史)「学科旅行」のご紹介

 わたくしたち史学専攻の日本史コースでは、2年次生を対象として年度末に史跡や博物館などをめぐる、通称「学科旅行」を行っています。2008年3月も、2泊3日で奈良・京都をめぐる研修旅行を実施しました。その様子をご紹介したいと思います。

 今回の学科旅行は、学生19名と教員3名が参加しました。まずその日程を簡単に記しておきます。
    3月10日(月)  正午に京都駅に集合、近鉄で奈良に向かい、興福寺境内・国宝館・東大寺南大門・大仏殿・三月堂(法華堂)・二月堂・正倉院を見学、京都に戻り、市内泊。
    3月11日(火)  バスで京都西北郊外の栂尾へ。高山寺から神護寺を見学した後、嵐山で昼食、清涼寺の釈迦如来、広隆寺の弥勒菩薩などを見学。京都泊。
    3月12日(水)  午前中は下鴨神社・京都御所を見学。午後は伏見に移動し、坂本龍馬で有名な寺田屋や酒造業についての博物館を見学。午後4時過ぎに京都駅で解散。
 以上のように、今回の旅行は、いわばかつての修学旅行の定番コースともいえるものですが、最近の修学旅行ではあまり京都・奈良に行かないらしく、東大寺や清水寺は初めてという人も少なくありませんでした。
 このところ、3年間連続して京都・奈良に行っており、正倉院や京都御所など、個人の旅行ではなかなか見学できない場所については、毎年のように訪れていますが、それ以外は少しずつ見学先を変えています。それでも京都・奈良は世界遺産の地でもあり、まだまだ見るべき場所は数多くありそうです。
(聖心女子大学 史学科(日本史)教員一同)


東大寺門前、鹿にせまられる学生

東大寺南大門(1)
(金剛力士像)

東大寺南大門(2)(1)

東大寺南大門(3)

東大寺大仏殿(1)

東大寺大仏殿(2)

東大寺大仏殿(3)

東大寺二月堂(1)

東大寺二月堂(2)

東大寺正倉院、宝庫の下を見学(1)

東大寺正倉院、宝庫の床下を見学(2)

東大寺正倉院、宝庫の床下を見学(3)

栂尾高山寺(1)

栂尾高山寺(2)

高尾神護寺

京都御所(1)
(紫宸殿)

京都御所(2)

京都御所(3)

研修旅行のしおり(1)

研修旅行のしおり(2)