アイスランド共和国大使を迎えてのディナーセミナーを開催

大使とのディナーセミナー

 2019年1月29日(火)、国際交流学科は霞関会女性の会との共催で、駐日アイスランド共和国大使エリン・フリゲンリング閣下(Her Excellency Ms. Elin Flygenring)を囲むディナーセミナーを開催しました。
※霞関会は外務省の現役・OB・OGからなる社団法人

 お食事を囲んでの和やかな雰囲気のもと、大使から “Iceland's Path to More Gender Equal Society” というタイトルでご講演をいただきました。

大使とのディナーセミナー

 2016年に国交樹立60周年を迎えた日本とアイスランド両国。エリン・フリゲンリング大使のお話に耳を傾けながら夕べのひと時を共に過ごしました。

大使とのディナーセミナー 大使とのディナーセミナー

参加学生の感想

 私はジェンダー問題に対して深い関心があり、アイスランドのお話を通じて日本が抱える男女差別問題の解決策を少しでも見出せるのではないかと思い、講演会の参加を決めました。日本がこれから課題にどう向き合っていくべきかを考えさせられる素晴らしい機会となりました。中でも、“Don't change women, change the world”という大使のお言葉が最も印象的で非常に感銘を受けました。

竹谷(2年)


 I participated in the seminar because I have been interested in gender issues and women leadership. It was an excellent opportunity to learn both of them. Her Excellency Ms. Elin Flygenring told us that we can balance work and family life. She gave us a strong message that “get educated” is a key to solve gender issues and to make the right decision. I was really encouraged by her words. I felt that we should be more confident and speak up to build a better society. I was also impressed by attractions of Iceland not only gender equality but also other elements by the seminar.

五味(2年)


 It was a great honor to be the inspiring seminar. Her Excellency Ms. Elin Flygenring has charming humanity, and it seems to be that her inner beauty was overflowing. I asked that how we could pursue gender equality in Japan through political frameworks and systems which has been already institutionalized since Iceland has archived that many progressive approaches make successfully activated and consequently ranked at first in Gender Gap Index in recent years. I was inspired by her attitude throughout the seminar which took all of our questions seriously and gave her thoughts although some of them were hard to answer.

岡本(2年)


 権利は獲得しようとする者にしか与えられず、そのために声をあげることをためらってはならないと強く感じ、そして勇気づけられました。当然ながら、アイスランドの歩んできた格差是正のプロセスは真似るに難しいものです。しかし、不条理に対して疑問を抱き立ち向かうことを当たり前とする人々の姿勢はすべからく見習わなければならないと思いました。またお話にあったように、「教育」を最大の突破口として、今を変えるのでなく未来を変えることに希望を持ち続けていくべきなのだと思いました。

森本(3年)


 It was a great pleasure for me to hear the processes of fixing the gender gap in Iceland by Her Excellency, Ms. Elin Flygenring. Through the dinner seminar, I was surprised that there are so many gaps between Japan and Iceland in the field of people's recognition of gender inequality. Moreover, I realized recent Japan's situation must be more proceeded as respected to Iceland's achievements. With Her Excellency's words, I have learned the importance of the grass-roots movement compared with Iceland's history and gathering the individual's power to solve the problem.

梅田(2年)


 I participated in this dinner seminar because I was interested in the pay gap between men and women. Now I am thinking about my future after graduation. I believe an environment women work in is very important. Therefore, this seminar was an excellent opportunity for me. I got inspiration from the last word “Don't change women, change the world!” I was surprised that Her Excellency Ms. Elin FLYGENRING participated at movement woman protested against the gender pay gap in 1975 in Iceland. She explained her experience that she thought “we change the world” even though she was young. Given the fact, I decided I tried to have a proactive approach to our society.

内藤(3年)


 この度、駐日アイスランド共和国大使のディナーセミナーに参加することができ、とても光栄でした。セミナーでは主に、アイスランドが誇る、男女共同参画社会について学習しました。このことは、女性の活躍社会を促進している現在の日本において非常に関心が高く、また今春より社会人になる私にとっても、これから女性も活躍できる社会を実現するために、アイスランドの実践を知ることは大変に重要なことでした。その中で、セミナーの最後に駐日アイスランド共和国大使のエリン・ブリゲンリング閣下が次のようにおっしゃっていました。
 「女性が変わるのではなく、社会が変わるべき。」女性や男性といった、性差に関わらず、一人ひとりの人間が活躍できる社会の実現に向けて、知見を広げていきたいです。

赤井(4年)

国際交流学科
本セミナーの告知ポスター

close