聖心女子大学図書館

文字サイズ
本学の図書・雑誌を探す(OPAC)
  • OPACの使い方
  • 詳細検索
国内・海外論文検索 利用ガイド 詳細検索

図書館長メッセージ「知の冒険の森へ、憩いの広場へ、ようこそ!」

  

学生のみなさんにとって“図書館”とはどのような場所でしょうか。毎日のように通って本を読んだり予習・復習に利用しているお馴染みの空間、授業で紹介された参考文献や卒論のための資料をときどき探しに来る場所、グループでの発表の打合せにたまに利用するスペース、一人になりたいときにフッと立ち寄る隠れ家、ガイダンス以来訪れていない疎遠な場所など、人により、また学年や専攻によってもさまざまかもしれません。もちろんどんな形であれ、みなさんに有効活用していただけるにこしたことはありません。そのために大学図書館はあるのですから。

本学の図書館の蔵書数は、現在およそ44万冊で、同規模の大学の中ではずいぶん充実していると自負しています。哲学、歴史学、文学、語学、社会学、経済学、心理学、教育学といった、本学で学ぶことのできるさまざまな学問分野の、古典、研究書、論文集、各種資料、雑誌など、多岐にわたる蔵書がみなさんを待っています。また、学内だけではなく自宅からもアクセスして利用できるオンラインデータベースやオンラインジャーナルも少しずつ増やしています。中には、同規模の他大学にはないような専門的なものもありますし、外国語の蔵書・雑誌・データベースが多いのも本学図書館の特徴です。

どのように図書館を利用するかは、みなさんの自由です。まだあまり図書館を知らないのであれば、空いた時間にとりあえずは足を踏み入れて、気の向くままに散策してみてください。思いもかけずお気に入りの場所が見つかるかもしれません。自分の学びにうってつけの本や資料に出会えるかもしれません。グループ学習に利用できるオープンスペースやリフレッシュコーナーは、友だち同士の語らいの場として気軽に利用してください。学生や教職員による折々の企画展示コーナーにもぜひ足を運んでくれたらと思います。また、実際に訪れなくても、図書館のWEBページにアクセスして、OPACや各種オンラインデータベースからどんな情報や資料が入手できるか、試みに検索をかけてみてください。他大学の図書館にしかない文献や資料でも簡単に取り寄せを依頼することができますし、最近はPDFファイルで公開されている学術論文や参考資料もどんどん増えていますから、卒論やゼミの発表にぴったりの参考文献や情報がその場で瞬時に手に入るかもしれません。

大学図書館は皆さんひとりひとりの学びを支えることを使命としています。欲しい本や雑誌があれば遠慮なく注文してください。「あんなスペースがもっと増えたらいいのに」とか、「こんなサービスは受けられないだろうか」といったご意見・ご要望もぜひお寄せください。皆さんの知の冒険の森として、あるいは憩いの広場として、少しでもより充実した学習環境を提供していければと考えています。

図書館長

伊豆藏 好美(IZUKURA, Yoshimi)

館長への質問

Q1.好きな食べ物は?
A. おいしいものは何でも好きです。毎年健康診断前は少しだけダイエットしますが、当然のことながら効果はほとんどありません。
Q2.好きな歴史上の人物は?
A. パスカル、スピノザ、デカルト、トマス・アクィナスなど、哲学者多数。それ以外では、諸葛亮孔明、明智光秀、ローベルト・シューマンといった人物に心惹かれます。また最近、渋沢栄一について少し知る機会があり、その生涯にも感銘を受けました。
Q3.マイブームは?
A. 都会の洗練されたトイプーの観察。(自宅のある)奈良の田舎で暮らすトイプー(別名タヌプー、またはノラプーとも云う)とあれこれ比較しています。あとは佐野元春の音楽でしょうか。ずっと同時代を生きてきたはずなのに、本格的に出会ったのは比較的最近のことでした。
Q4.宝くじで3億円が当たったら何をしたい?
A. 秘密です。
Q5.現在のご専門を選ばれた理由は?
A. 10代の頃、この世でいちばん大切なことは何かを知りたくて、そのためには哲学を学ぶ必要があるのではないか、と考えたことが最初のきっかけだったと思います。
Q6.座右の銘は?
A. “Ars longa, vita brevis.”(学芸は長く人生は短し)、あるいは「少年老い易く学成り難し」(いや本当に…)。
Q7.初めて買った本は?
A. 残念ながら覚えていませんが、初めて熱中して読んだのは“ドリトル先生”シリーズでした。自前で買った本の記憶としては、卒論(さらには修論)のテーマに選んだ哲学者のペーパーバック全集を神田の古書店で購入した際の、清水の舞台から飛び降りた気分が今でも鮮明に残っています。大学4年生のときでした。
Q8.大学生へお薦めしたい本は?
A. どんな分野にも必ず“古典”あるいは“古典的”とされている書物があるはずです。まずはその中で自分の関心や興味に合いそうなものを探してみてください。それらの本は読んですぐに「よくわかった」り「おもしろかった」りしないかもしれません。でも「わかりたい」と思い「いつかもう一度読みたい」と思う本が必ず出てくるはずです。学生時代にはそうした本にできるだけたくさん出会って欲しいと願っています。
Q9.聖心女子大学図書館の印象は?
A. はじめて訪れた者もやさしく迎え入れてくれる、どこか懐かしい空間。たっぷり時間があるときに、気の向くままに散策したい広大な森、あるいは果てしない迷宮。
Q10.聖心女子大学図書館長としての抱負は?
A. 教職員の方々と力を合わせ、学生の皆さんに寄り添った身近な図書館を作っていければと思っています。どうぞよろしくお願いします。

館長略歴

聖心女子大学文学部哲学科 教授
東京大学大学院人文科学研究科哲学専攻博士課程単位取得退学

研究分野 :
哲学
研究テーマ :
17世紀ヨーロッパの哲学、西洋近現代の政治哲学
著書 :
『哲学の歴史 第5巻 デカルト革命』(共著)(中央公論新社, 2007)
『社会と感情』(共著)(萌書房, 2008)
『ライプニッツ読本』(共著)(法政大学出版局, 2012)
『ライプニッツのデカルト批判 上・下』(イヴォン・ベラヴァル著・共訳)(法政大学出版局, 2011, 2015)

繝壹・繧クTOP縺ク

Share On

  • 閨門ソ・・ウ蟄仙、ァ蟄ヲ蝗ウ譖ク鬢ィ蜈ャ蠑洲acebook繝壹・繧ク
  • 閨門ソ・・ウ蟄仙、ァ蟄ヲ蝗ウ譖ク鬢ィ蜈ャ蠑週witter(@USH_Lib)
  • 蝗ウ譖ク鬢ィnow