1. HOME
  2. 社会連携
  3. マグダレナ・ソフィアセンター

マグダレナ・ソフィアセンター

創立者マグダレナ・ソフィア・バラの名前を冠した当センター(1号館2階)は、ボランティアルームとカトリックルームを拠点として、「聖心スピリット」を積極的に実践していこうとする学生のみなさんのサポートをしています。

ボランティアルーム<ボランティア活動の支援>

ボランティアルームでは、学生のみなさんが共生の精神のもと、自らの社会的使命について考え、その使命を果たすことで自分らしく社会に貢献できるよう、さまざまな取り組みを行っています。

1.ボランティアを始めたい方には…

ボランティア相談会

その時々の必要に応じて、ボランティア入門のための講座を開設しています。また、センター前の掲示板やメールマガジン、twitterではボランティア情報をお届けしています。ボランティアを始めたい方、お気軽にボランティアルームをお訪ねください。

2.さらに一歩進んで…

自分たちで活動の企画を立ててみたい学生のみなさんには、企画の立て方、運営についてご相談に応じます。さらに、意欲あふれる企画に対して奨励金を支給する「はばたけ聖心プロジェクト」という奨励金制度も準備されています。

また、4号館(聖心グローバルプラザ)の1階にあるBE*hiveでは、社会貢献活動のヒントにもなる、SDGsなど地球的規模の課題をテーマとした展示が常設されているので、みなさんの希望に応じてご案内します。

3.災害の被災地支援などの対応は?

オーガニックコットンプロジェクト活動風景

災害発生時には迅速かつ柔軟な緊急援助活動を、そして、復興支援活動は地道に息長く行っています。福島県を中心に活動をしている現在は、南相馬に定期的に学生を派遣する「USHひとづくり・まちづくりボランティア in 南相馬」の他、オンラインを活用しての「Ecoマスクプロジェクト」や講演会など、多様な活動を展開しています。学生発信によってスタートしたオーガニックコットンプロジェクトも進行中です。

4.課外活動団体との連携は…

課外活動団体の説明会

学内にはボランティア活動を行う課外活動団体があります。ボランティアルームでは、団体の活動を紹介するイベントを開催したり、活動のサポートを行うなどの支援を行っています。

マグダレナ・ソフィア センターと協働している学生課外活動団体

5.そのほかに

  • 地域社会(渋谷区、広尾商店街)との連携、地域住民との交流
  • 難民問題(6月20日・世界難民の日)、食料問題(10月16日・世界食料デー)に関する情報発信
  • ASEACCU国際学生会議派遣学生のサポート

・・・など。

ボランティアルームでは、学生のみなさんが自ら進んで活動できるようになるためのお手伝いをしています。今、何が必要とされているのか、そのために何をなすべきか、という問いかけに、マグダレナ・ソフィアセンターはみなさんと共に応えていきたいと願っています。

カトリックルーム<宗教的支援>

誰もが社会の急速な流れの中に身を置く現代において、神様と向き合う静かな時は、自分を見失うことなく愛によって生きていくための貴重な糧となるはずです。そのような時と場所、そして出会いを、カトリックルームで見出してください。

1.聖書を読んでみたい方には…

聖書の勉強会をご紹介しています。洗礼を希望する方のご相談にも応じています。

2.シスター、教職員や友人と語らいのひとときをもちたい方には…

「シスターと語ろう会」をお昼休みにおこなっています。

3.静かなひとときを過ごしたいときに…

<心の深呼吸510>
毎週木曜日17:10~17:25、聖堂で行っています。聖書の一節と静かな音楽を聴きながら、15分間沈黙で過ごします。

4.課外活動団体との連携は…

「クリスマス・パジェント」

学内でおこなわれるキリスト教の行事、例えば、学生ミサ、そして、多くの課外活動団体による救い主イエス・キリストの誕生を祝う降誕劇「クリスマス・パジェント」などの支援をおこなっています。

マグダレナ・ソフィア センターと協働している学生課外活動団体

5.学生ミサ

「成人式ミサ」祝福を受ける新成人

毎週木曜日のお昼休み(12:35~13:05)に、聖堂で学生ミサをおこなっています。在学生はどなたでも参加できますので、お気軽にご参加ください。

学生ミサの年間予定表(37KB)

カトリックルームからのメッセージ

シスター佐々木 良子(聖心会)
カトリックルームの職員もシスターたちも、皆さんにお会いしたいと思っています。そしてご一緒に語らい、笑い、祈り、学び、くつろぎながら、日常の中で働かれる神様について気づきを広げていければと思っています。皆さんのお越しをお待ちしています。

マグダレナ・ソフィア センター長からのメッセージ

マグダレナ・ソフィアセンター長 上石 学
こんにちは。マグダレナ・ソフィアセンター長の上石 学です。令和2年度より、センター長を務めることとなりました。学内では、センター長という仕事と併せ、哲学科の教員をしています。

センターの名前となっている「マグダレナ・ソフィア」という名称をご存じでしょうか。これは、本学の設立母体である聖心会を創立した、聖マグダレナ・ソフィア・バラのお名前をいただいたものです。そのため、本センターは、本学の理念を体現し、それを学生一人ひとりにとってより身近にする場所だと考えられます。活動の中心は、学内のボランティア活動と宗教的活動の支援であり、それぞれをボランティアルーム、カトリックルームが担っておりますが、その根本にあるのは、本学の理念である「一人ひとりの人間をかけがえのない存在として愛するキリストの聖心(みこころ)に学び、自ら求めた学業を修め、その成果をもって社会との関わりを深める」ことのお手伝いにあります。

以前(2011年)センター長代理を務めたさい、自分はこの任にふさわしいのか、といく度も自問したことがありました。わたくしは、哲学(より詳しくは美学・芸術学)を専門とする研究者であり、ボランティアについては、その活動を積極的に行ってきた人間ではありませんでした。高校時代に、街頭で募金活動などを行ったことはありましたが、むしろその時の経験は、ボランティアを、自己満足の、あるいは偽善的な行為として感じるきっかけとなり、ボランティアから自身を遠ざけるものとなりました。こうした自分がセンターに関わるという戸惑いを振り払ってくれたのは、東日本大震災が起こったさい、すぐさま募金活動や支援物資を集めようとした学生たちの行動でした。彼らはまっさきに立ちあがり、センターにも呼びかけ、懸命に活動をしていました。支援や助けを必要としている人がいるかぎり、その方々のために行動すること、そこに一切の迷いは無用でした。

また、わたくしは信者ではありませんので、信仰の定まらない人間が、宗教的活動を支援する資格があるのか、少なからず不安はありました。ただ、わたくしの専門が、キリスト教的実存思想の哲学者・劇作家とされるガブリエル・マルセル(1889-1973)の研究であり(もちろん哲学を専門とするとき、宗教的なものは、客観的に、冷静に見つめる対象とならざるを得ませんが)、また、小学校から高校までカトリックの学校であったことに、何がしかの繋がりを見出すことはできました。ここでも私の不安を取り除いてくれたのは、センターに集う学生たち、シスターや職員の方々の、真摯に神様と向きあい、また、謙虚に優しく人を迎えてくれる、その姿勢でありました。自分自身も、神様を中心としたその共同体のなかに、(たとえ信者でなくても)居場所を見出すことができるのだと気づかされました。

このように、わたくしを支え、導いてくれるのは、ボランティアや宗教的なものに対する、学生たちのひた向きな積極的活動と、シスターや教職員の方々の献身的な活動です。このセンターは、一人ひとりを、他の一人ひとりへと結びつけ、一人では出来ないことを可能にし、一人では感じられない・経験できない何かを与えてくれる場であると、わたくしは、身をもって、日々実感しています。

学生のみなさん、そして関係者のみなさん、ぜひ一度、そしてできればたびたび、センターを訪れ、みなさんの思い、情熱、知識、スキルを活かす場を見つけてください。そして、ご自身のなかに眠っている何か、可能性として広がる多くの人々との結びつきを見出してください。それぞれにとって、かけがえのない何かが見つかるはずです。