1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 学部
  4. 学科・専攻案内(2~4年次)
  5. 人間関係学科

人間関係学科Department of Human Relations

多様化した社会と人間のあり方を考える研究を通して、知を磨き、社会を見通す力、実行力を育みます。

めまぐるしく動く現代社会の中で生きる私たちは、絶えず新しい生き方を模索して変化し、その変化がまた社会を変えていきます。人間関係学科では、心理学、社会学、文化学という3分野の学問的視点から互いに連動しながら、複雑に変化する社会と人間のあり方を考察します。文献の研究にとどまらず、フィールドワークによって実社会の今を理解し、日常の中にある問題を問い直す目、将来を見通す力を養います。

学科の特徴

1現代の身近なテーマから学ぶ「社会と人間」

人間関係学科の学びのキーワードは「社会と人間」です。少子・高齢化、非婚・晩婚化、格差社会、バーチャル・コミュニティ、LGBT、流行現象、貧困、地球温暖化……私たちの身近なところにある多様なテーマを糸口に、複雑で多様化した現代の社会と人間のあり方を考えます。

23つの学問領域の視点を身につけ、多角的に考察

社会と人間を学際的・総合的に理解するため、心理学、社会学、文化学という学科の3つの学問領域の概論を2年次に全員が学ぶカリキュラムとなっています。常に多方面にアンテナを張り、現代の諸問題を客観的かつ多角的に考察する力を身につけます。

3フィールド調査を行うバイタリティとスキル

本学科では社会調査士の資格を取得できます。社会事象を観察し、面接によって人々の意識を探り、質問紙調査のデータを統計的に解析する「社会調査」の手法を学びます。文献研究だけでなく、フィールドに出て人や社会と積極的に関わるバイタリティとスキルを培います。

学びの分野

心理学

人間の「心のメカニズム」に焦点を置いて、社会との相互作用を読み解く。対人関係や群集行動を扱う社会心理学と、集団・組織心理や消費者行動を扱う産業・組織心理学とがある。

学びのキーワード
  • パーソナリティ
  • 対人関係
  • 集団心理
  • 群集行動
  • メディア
  • 消費者行動
  • ストレスと健康

社会学

「社会構造」と人間のあり方を考察する。家族やコミュニティを軸とする家族社会学と、職業の観点から捉える職業社会学がある。

学びのキーワード
  • ライフコースの多様化
  • 家族・コミュニティ
  • 労働や雇用の環境
  • ジェンダー

文化学

「文化」の枠組みからあらゆる社会事象を分析する。グローバルな視点での比較文化学や国際開発学、文化人類学がある。

学びのキーワード
  • 伝統文化の継承
  • 異文化間コミュニケーション
  • 多文化共生
  • 貧困や格差
  • 難民や移民などグローバルな諸問題の理解と貢献

学びの流れ

画面を拡大してご覧下さい。

卒業後の進路

本学科の卒業生は、社会調査士資格を活かし、調査やマーケティングの分野で活躍する人もいれば、システム・エンジニアになる人もいます。その他、アナウンサー、新聞記者などマスコミ関係、アパレルや食品メーカー、国際機関、金融・保険など、進路はさまざまです。

【その他】
小売業/保険業/不動産取引・賃貸・管理業/法務/生活関連サービス業・娯楽業/その他の教育・学習支援業/社会保険・社会福祉・介護事業/複合サービス事業/国内進学

取得できる免許・資格

  • 社会調査士
  • 日本語教員
  • 博物館学芸員
  • 図書館司書
  • 司書教諭

活動紹介

教員紹介

担当科目文化人類学、社会調査実習3、文化人類学演習1-2および2・2-1および2

専門は、社会人類学、アフリカ民族誌学。調査対象は、東アフリカ農耕民社会。近年は、アフリカからのディアスポラの調査を行い、「もう一つの発展」との接点に関心を持っています。

担当科目職業社会学、キャリア形成の社会学、職業社会学演習1-2および2・2-1および2

専門は職業社会学、労働とジェンダー。女性と男性の働き方やキャリア形成の格差を社会構造から研究しています。近年の研究テーマは、新入社員の働く意識とその変化、派遣社員の働き方と改正派遣法、働く意識の30代と60代のコーホート比較、同一価値労働同一賃金の原則に基づく賃金の決定方法などです。

担当科目比較文化学、比較文化学特講、比較文化学演習1-2および2・2-1および2

専門は国際開発学。社会開発や貧困問題、市民社会組織(NGOやNPO)や社会運動、南アジア( バングラデシュとインド)、農村開発、SDGs等、幅広く勉強中です。さまざまな社会活動に、国内外で取り組んでいます。

担当科目社会学、家族社会学1・2、家族社会学演習1-2および2・2-1および2

専門は家族社会学と質的調査法。家族生活や家族という人間関係がどのように形作られ日々営まれているのかということについて、家族としての活動(家族をするということ)に着目しながら研究しています。

担当科目メディアと社会心理、マスコミ社会心理学演習1-2および2・2-1および2、社会調査実習1

専門は社会心理学で、特にマス・コミュニケーション研究。災害や犯罪、テレビ・オーディエンス研究、ファン心理、不思議現象を信じる心理など、フィールドの問題を多く扱っています。

担当科目対人社会心理学、社会統計学、対人社会心理学演習1-2および2・2-1および2

専門は社会心理学。日常生活の対人関係について、心理学の視点から研究しています。特に、失態場面で覚える羞恥や、人前でスピーチするときの「あがり」などに関心を持っています。

担当科目社会調査入門、組織心理学1、組織心理学演習1-1および2・2-1および2

専門は組織心理学。特に上司・部下間の信頼関係の研究をしています。また、上司・部下間の信頼と関連の深いリーダーシップやメンタリングなども研究しています。