1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 学部
  4. 学科・専攻案内(2~4年次)
  5. 人間関係学科

人間関係学科Department of Human Relations

多様化した社会と人間のあり方を考える研究を通して、知を磨き、社会を見通す力、実行力を育みます。

めまぐるしく動く現代社会の中で生きる私たちは、絶えず新しい生き方を模索して変化し、その変化がまた社会を変えていきます。人間関係学科では、心理学、社会学、文化学という3分野の学問的視点から互いに連動しながら、複雑に変化する社会と人間のあり方を考察します。文献の研究にとどまらず、フィールドワークによって実社会の今を理解し、日常の中にある問題を問い直す目、将来を見通す力を養います。

学科の特徴

1現代の身近なテーマから学ぶ「社会と人間」

人間関係学科の学びのキーワードは「社会と人間」です。少子・高齢化、非婚・晩婚化、格差社会、バーチャル・コミュニティ、LGBT、流行現象、貧困、地球温暖化……私たちの身近なところにある多様なテーマを糸口に、複雑で多様化した現代の社会と人間のあり方を考えます。

23つの学問領域の視点を身につけ、多角的に考察

社会と人間を学際的・総合的に理解するため、心理学、社会学、文化学という学科の3つの学問領域の概論を2年次に全員が学ぶカリキュラムとなっています。常に多方面にアンテナを張り、現代の諸問題を客観的かつ多角的に考察する力を身につけます。

3フィールド調査を行うバイタリティとスキル

本学科では社会調査士の資格を取得できます。社会事象を観察し、面接によって人々の意識を探り、質問紙調査のデータを統計的に解析する「社会調査」の手法を学びます。文献研究だけでなく、フィールドに出て人や社会と積極的に関わるバイタリティとスキルを培います。

学びの分野

心理学

人間の「心のメカニズム」に焦点を置いて、社会との相互作用を読み解く。対人関係や群集行動を扱う社会心理学と、集団・組織心理や消費者行動を扱う産業・組織心理学とがある。

学びのキーワード
  • 対人関係
  • 集団心理
  • 群集行動
  • メディア
  • 消費者行動
  • ストレスと健康

社会学

「社会構造」と人間のあり方を考察する。家族やコミュニティを軸とする家族社会学と、職業の観点から捉える職業社会学がある。

学びのキーワード
  • ライフコースの多様化
  • 家族・コミュニティ
  • 労働や雇用の環境
  • ジェンダー

文化学

「文化」の枠組みからあらゆる社会事象を分析する。グローバルな視点での比較文化学や国際開発学、文化人類学がある。

学びのキーワード
  • 伝統文化の継承
  • 多文化共生
  • 貧困や格差
  • 難民や移民などグローバルな諸問題の理解と貢献
  • 観光文化
  • 持続可能な開発

学びの流れ

画面を拡大してご覧下さい。

卒業後の進路

本学科の卒業生は、社会調査士資格を生かし、調査・マーケティングの分野や、システム・エンジニアなどの情報通信業で活躍する割合が高いのが特徴です。その他、国際機関、金融・保険、アナウンサー・新聞記者などマスコミ関係、食品メーカー、アパレルなどさまざまな進路を選択しています。

【その他】
その他の製造業/法務/医療業・保健衛生/はん用・生産用・業務用機械器具製造業/運輸業・郵便業/宿泊業・飲食サービス業/生活関連サービス業・娯楽業/学校教育/その他の教育・学習支援業/社会保険・社会福祉・介護事業/複合サービス事業/国家公務/地方公務/国内進学

取得できる免許・資格

  • 社会調査士
  • 日本語教員
  • 博物館学芸員
  • 図書館司書
  • 司書教諭

活動紹介

教員紹介

社会(文化)人類学、アフリカ民族誌学、移民研究

職業社会学、労働とジェンダー、キャリア形成

家族社会学、ライフコース論、社会問題の社会学、質的調査法

社会心理学、マス・コミュニケーション、メディア、ファン心理、不思議現象信奉

対人社会心理学、承認欲求、自己意識と対人不安、装い行動

組織心理学(リーダーシップ等)、メンタルヘルス(ストレス)、消費行動、社会調査法