1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 大学院
  4. 修士課程・博士前期課程
  5. 人間科学専攻

人間科学専攻(博士前期課程)

専攻の構成と特徴
本専攻は、教育学分野の【教育研究】領域ならびに心理学分野の【視聴覚情報研究】領域、【発達心理学研究】領域、【臨床心理学研究】領域の4研究領域によって構成され、更にそれらを支える共通の基礎として「人間科学基礎論」の領域が置かれている。すなわち、本専攻では専攻生全員がまず「人間科学基礎論」において、人間の心的過程及び行動全般を支える感覚、学習、記憶の心理学及び脳神経科学、進化生物学などに関する基礎的知識を習得すると共に、人間性と人間の教育に関する哲学的・社会歴史的理解を深める。そしてその上で、【教育研究】【視聴覚情報研究】【発達心理学研究】【臨床心理学研究】の4研究領域のうちいずれか一つを選択し、修士論文を作成することになる。
各研究領域には別項で説明されているような専門分野の専任教員及び兼任講師が配置され、多彩な授業・研究指導を受けることができる。
なお入学試験の際には、教育研究・視聴覚情報研究・発達心理学研究・臨床心理学研究のいずれかの領域を選択して受験することになる。
専攻修了後の進路
【教育研究】領域修了後は、就学前教育・初等教育・中等教育の現場で指導的な役割を担う人材として、教育・福祉関係の専門家、生涯学習、マスメディア、情報、デザイン、アートなどの分野で新しい領域と方法を開発することができる人材として、また、NPO、NGO、国際教育関係に貢献する人材として活躍することが期待される。
【視聴覚情報研究】【発達心理学研究】【臨床心理学研究】の3領域は、修了後博士後期課程に進学すること、【臨床心理学研究】領域では、医療機関・教育相談機関などに臨床心理士として勤務することなどが期待される。
委託聴講制度
人間科学専攻【教育研究】領域を対象とした委託聴講制度は、青山学院大学大学院教育人間科学研究科教育学専攻および東洋大学大学院文学研究科教育学専攻との単位互換に関する協定に基づくもので、学生が研究上の必要により、上記大学院の開講科目を履修しようとする場合に許可されるものである。
【視聴覚情報研究】【発達心理学研究】【臨床心理学研究】の3領域を対象とした委託聴講制度は、青山学院大学大学院教育人間科学研究科心理学専攻との委託聴講生に関する協定に基づくもので、学生が研究上の必要により、上記大学院の講義科目を履修しようとする場合に委託される聴講制度である。いずれも単位の認定は10単位以内である。

教育研究領域

教育実践研究

幼児教育および初等中等教育をめぐる諸問題、新しい領域のカリキュラム開発、教師教育や保育・授業研究等に関する理論的・実践的研究を行う。

生涯学習研究

地域社会、家庭、職場その他社会における子ども・青年・成人・高齢者までの学習活動や学習環境に関する実践的研究、生涯学習の理論やシステムに関する研究を行う。

国際教育研究

海外の教育事情や国際機関・NGOの活動に関心のある学生に対し、グローバルとローカルの双方向の視点から諸外国の教育制度・政策、国際教育協力や持続可能な開発のための教育について研究を行う。

上記3分野が重複する研究課題の設定も可能であり、いずれの分野においても教育現場に関心のある社会人および現職教員を歓迎する。幼・小・中・高の専修免許取得も可能である。
修了後は、幼児教育や学校教育の現場で指導的な役割を担う人材として、教育・福祉関係の専門家、生涯学習、マスメディア、情報、デザイン、アートなどの分野で、新しい領域と方法を開発することができる人材として、また、NPO、NGO、国際教育関係に貢献する人材として活躍することが期待される。

視聴覚情報研究・発達心理学研究・臨床心理学研究領域

視聴覚情報研究領域

視、聴、触知覚などの知覚的情報処理のメカニズム、あるいはその発達や発達障害、さらには、これらの応用について学ぶ。
また、カリキュラム構成は、本領域以外に【発達心理学研究】【臨床心理学研究】の履修も求められるなど、他領域について学ぶように意図されている。これにより、広い視野を獲得することができ、そのような知見を自分の専門領域の理解を深めていくために利用できることが、本専攻の特長である。

発達心理学研究領域

乳児から老年までのさまざまな発達の様相、発達の仕組み、また、発達を規定する生物学的、文化・社会的要因について学ぶ。
また、カリキュラム構成は、本領域以外に【視聴覚情報研究】【臨床心理学研究】の履修も求められるなど、他領域について学ぶように意図されている。これにより、広い視野を獲得することができ、そのような知見を自分の専門領域の理解を深めていくために利用できることが、本専攻の特長である。

臨床心理学研究領域

多様な心理的問題と、その問題を抱える人への援助について、理論的学習に加えて、臨床心理査定や面接の技法等を学内、学外での実習を通して学ぶ。カリキュラム構成は、本領域以外に【視聴覚情報研究】【発達心理学研究】の履修も求められるなど、他領域について学ぶように意図されている。これにより、広い視野を獲得することができ、そのような知見を自分の専門領域の理解を深めていくために利用できることが、本専攻の特長である。また、本学に設置されている心理教育相談所でも実践的な体験をする。この領域は、(公財)日本臨床心理士資格認定協会より、2018年度から臨床心理士養成大学院指定コース(第1種)として認可されている。

専任教員の研究領域

教育研究領域

乳幼児期を基点とした、音楽的表現の形成過程および音楽学習の系統性の研究。昭和初期の学校音楽教育の調査等も通して、人間が音楽を学ぶことの意味の探求に取り組んでいる。

健康教育、学校保健、健康行動の研究。からだとこころを豊かに育む学習と学校環境づくりの実践と評価、諸外国の動向調査、健康行動や不健康な行動に関わる心理的・社会的要因の分析に取り組んでいる。

教育哲学・教育思想史。特に18・19 世紀のドイツを対象としながら、近代教育のあり方について哲学的・思想史的な観点から研究を進めている。さらに、現代社会において成熟し自律するとはどういうことかを考えている。

児童家庭福祉論。子どもの人権擁護の観点から子どもや家族への支援のあり方と、社会的用養育(里親等の家庭擁護・施設擁護)・児童虐待防止・子どもの貧困などに関する研究に取り組んでいる。

幼児教育の理論と実践。幼小連携教育。遊びは幼児期の重要な学習であることの定着深化を目指し、幼児理解と援助論、カリキュラム論、保育記録論などに取り組んでいる。

国語科教育学(教科教育学)。小中学校国語科の授業論・教材論・学習者論を、言語教育・文学教育・綴り方教育等の歴史も踏まえて、構築していくことを中心課題としている。小中学校の実際の教室を参観したり、教科書を編集したりして現場との連携も大切にしている。

比較教育学、生涯学習論。北欧、ロシアを含むヨーロッパの生涯学習政策の比較研究、地域や組織における学習共同体の構築のあり方と生涯学習の効果に関する研究に取り組んでいる。

教育方法、学習のしくみ、評価のあり方などについての研究をしている。子ども・保護者・地域社会との協同的な学びの形成、学習環境づくり、子育て支援、教員の資質・能力の向上などを追求している。

乳幼児期の教育・保育および子育て支援の実践研究。子どもの主体的な育ちを支える多様な人(子ども同士、保護者、保育者等)やモノや場の関係構造に着目し、その変容過程について探求している。

「豊かな教育社会とは何か」をテーマに、持続発展教育(ESD)、国際理解(多文化共生)教育、ホリスティック教育、国際教育協力などに取り組んでいる。
「アジア諸国における教育の持続可能性とレジリエンスに関する総合的研究(研究成果報告書)」(平成24~27年度 科学研究費補助金 基盤研究(B)、研究代表:永田教授)

家庭科教育、生活環境論。持続可能な社会のための教育。身近な生活環境を対象とし、人間の健康・安全性、快適性、くらしの質に与える影響を、エネルギーの観点とともに研究している。

体育科教育、舞踊教育の研究。体育科カリキュラムの国際比較研究、幼児から大学体育、生涯体育に至るまでの体育とダンスリテラシーに関する教育研究、ダンス教育の質的向上のための教師教育研究に取り組んでいる。

学習科学・教育工学の観点から、対話を通した深い学びを実現する学習環境を研究している。ICT機器や情報メディアの活用、協調問題解決場面の設定など、一人一人が持つ学ぶ力を引き出す方法を考えている。

初等及び中等美術教育学。ナショナル・カリキュラムの内容と領域の比較研究。美術教育のカリキュラムの調査と開発。図画工作科及び美術科の教科書研究。

心理学基礎研究領域

人間の記憶におけるゆがみに及ぼす感情や集団の影響、いわゆる抑圧を含んだ忘却に関与する要因、目撃証言の問題点、を実験的に研究している。

専門は視覚認知と注意に関する認知心理学。人間が、目に映るさまざまな視覚情報の中から必要な情報をどのように選択し、認識しているのかを実験的に検討している。

発達臨床研究領域

ヒトの胎児・新生児・乳児とニホンザルの新生児を対象とした研究を続けている。近年は“自発的微笑”とよばれる行動の発生メカニズムに焦点を当てている。

乳幼児のコミュニケーション能力の発達が専門である。乳幼児は言語をまだ十分に操れないが、「指さし」などの身振りで他者とコミュニケーションを行う。こうした身振りと、後の言語発達との関連を調べている。

高齢者の心理や高齢者に関わる事象(特に、高齢者介護)をテーマとし研究を行っている。超高齢社会の中で、皆が安心して暮らしていくためには何が必要なのかを考えることを大きなテーマとしている。

「適応と援助」が研究テーマである。現在は、別れを体験した人が悲嘆から回復していくプロセスや孤独感、抑うつ感のような感情について検討している。

ソーシャル・ネットワークの視点から子どもの発達、適応について、研究している。また、スクールカウンセリングを含め、子どもへの援助・介入にも関心がある。

思春期青年期の発達と適応に関し、問題行動や摂食障害の関連因子の研究を行ってきた。最近は発達の可塑性に関わる要因についてリスク・グループを対象に縦断的な研究を行っている。

開講科目

シラバス検索システムサイト

委託聴講制度

人間科学専攻生・教育研究分野

この制度は、青山学院大学大学院教育人間科学研究科教育学専攻および東洋大学大学院文学研究科教育学専攻との単位互換に関する協定に基づくもので、学生が研究上の必要により、上記大学院の開講科目を履修しようとする場合に許可されるものである。
ただし単位の認定は10単位以内である。

人間科学専攻生・心理学分野

この制度は、青山学院大学大学院教育人間科学研究科心理学専攻との委託聴講生に関する協定に基づくもので、学生が研究上の必要により、上記大学院の講義科目を履修しようとする場合に委託される聴講制度である。
ただし単位の認定は10単位以内である。

修士論文題目

年度(修了生)題目
2018(平成30)年度
  • 伝統的な環境教育に対するESDの変容的学習の意義 ──スリランカの「セカンド・ライフ」を事例に──
  • ボーカロイドを活用した表現の可能性 ──青少年を対象とした創作活動の分析を通して──
  • NON-FORMAL EDUCATION (NFE) FOR A SOCIETY'S WELL-BEING :A SPECIAL FOCUS ON WOMEN'S EMPOWERMENT AT THE KESENNUMA KNITTING COMPANY IN JAPAN
  • ベトナムにおける持続可能な社会に向けた環境教育の課題と可能性 ──日本の優良実践校との比較を通して──
  • 暮らし全体で育む内発的なESD ──タイの子どもの村学園を事例として──
  • 児童期におけるソーシャル・サポートが学校生活享受感情に与える影響 ──QOL(Quality of Life)を含めた検討──
  • 援助要請行動とその関連要因 ──医療場面を想定した検討──
  • 女子大学生のライフコース観と両親の夫婦関係 ──育児観・結婚観・就労意識の視点から──
  • 大学生における被援助行動を抑制する要因の検討
  • 自己受容とアサーション、およびシャイネスとの関連 ──異文化経験の有無による比較検討──
  • パーソナリティが曖昧な対人状況における他者や状況の認知に与える影響
2017(平成29)年度
  • 多文化共生保育における保育者の専門性 ――フィンランドの保育実践に見る日本の課題――
  • 河合榮治郎の教養観の具体的内実とその特徴 ──「高等学校時代の読書」(『第一学生生活』)における文献目録の分析を中心として──
  • 日本における児童図書館の成立と存在意義
  • 母親のがん罹患による母子の心理的葛藤 ――仮想事例を用いた女子大学生への調査による検討――
  • 幼児期におけるイマジナリーコンパニオン(IC)の働きについての検討 ――不安場面・問題解決場面におけるICとの関わりから――
  • 大学生における強迫傾向と親の期待の受け止め方との関連
  • 大学生における抑うつに耐える力と自己没入との関連 ――思考コントロール能力の側面からの検討――
2016(平成28)年度
  • 女子大学生における余暇活動と性格傾向および主観的幸福感との関連
  • 就職活動中のアイデンティティの変化と抑うつや自己成長感との関連性 ――3波のパネル調査による検討――
  • 女子大学生における孤独感および孤独に耐えられる力とアタッチメントスタイルの関連
  • 若者を対象とした「分かち合い(シェアリング)」を含んだ性感染症予防教育の事例検討
  • マザリーズと育児語の意義 ――子育ての知恵の形成という観点から――
2015(平成27)年度
  • 幼稚園におけるつくったものを使って遊ぶことの意義
  • 社会人女性における摂食障害傾向のリスク要因
  • 大人のジェスチャーの有無が乳幼児によるおもちゃを渡す行動に与える影響
  • 女子大学生における否定的他者評価に対する反応の検討
2014(平成26(年度
  • 日常の場における芸術活動の意味 ―「市民の芸術活動推進委員会(CCAA)」における事例を通して―
  • 音楽指導に用いられる比喩表現に関する研究 ―小学校音楽科授業過程の分析を通して―
  • 女子大学生の友人関係スタイルと適応との関連 ―友人との心理的距離の葛藤を含めた検討―
  • 生涯学習社会における博物館とボランティア ―学生ボランティアによる「学び」の意義―
  • 完全主義・コーピングパターンと精神的健康の関係
  • 自己開示傾向と精神的健康の関連 ―心理的苦痛における開示傾向尺度を用いて―
  • 母親同士の互恵性が母親の仲間関係に与える影響
2013(平成25)年度
  • 情報を見抜く能力の育成に関する研究 ―小学校におけるメディア・リテラシー教育を通して―
  • 韓国における高齢者向け生涯学習の変遷と実状
  • 日常場面における親子の身体接触の研究
  • 青年期女子のネガティブな経験の意味づけの検討
  • チアリーディング選手の完全主義と摂食障害傾向について
  • 育児期の母親の養護性に関わる要因の検討 ―母親になったことによる変化の視点から―
  • 自己制御能力の個人差が先延ばし行動に及ぼす影響について
2012(平成24)年度
  • 鬼遊びにおける保育者の援助の在り方 ―鬼遊びが自立的・持続的に展開されるために―
  • 小学校における平和教育実践に関する研究
  • 国際協力における教育の質の諸課題 ―ラオスの教育開発に焦点を当てて―
  • 保育における歌唱曲の意義と役割 ―相互作用の中での意味形成プロセスとして―
  • 協調的な学習を支援する学習環境デザイン ―ワークショップを中心として―
  • 小・中学生時の親子関係が青年期女子の異性関係に与える影響
  • 子どもの反抗場面における母親の認知的枠組みに影響を与える要因の検討
  • 抱きからみた母子相互交渉の変化
  • 青年期女子のアサーションと友人関係における葛藤
  • スチューデント・アパシーの抑制要因と性差の検討
  • 青年期から中年期女性の喪失感情にコーピングが果たす影響について
  • 対人磨耗を規定する個人要因の検討 ―性格特性とプライベート空間機能の差から―
2011(平成23)年度
  • 失恋における悲嘆と成長感に関わる要因について
  • 子どものQOLに関連する母親のアイデンティティ -「個」と「関係性」の2側面からの検討-
  • 過去の過剰適応行動が現在の適応感に及ぼす影響 -媒介要因・緩衝因子を含めた検討-
  • 被援助志向性と認知的評価及びコーピングの関連の検討
  • 日本の保育者の遊びへの援助の特徴 -同時展開の複数の遊びに対する「見る」と「かかわる」-
  • 幼児の遊びにおける「役割取得」の重要性 -ごっこ遊びに着目して-
  • 児童期におけるコミュニケーション能力と学校享受感との関連 -家庭からのサポート認知を含めた検討-
  • 問題解決場面における情報の判断力の測定に関する研究 -小学校高学年を対象としたe-testingを用いた評価-
  • 青年期女性における強迫傾向についての検討 -強迫的信念としっくりこない感覚との関連-
  • 幼児の自己制御能力の発達 -父母の養育態度・協同育児との関連-
2010(平成22)年度
  • ユーモアセンスが精神的健康に影響をもたらす過程 -促進的な影響をもたらす場合とその限界-
  • 女子大学生における第二反抗期経験の意味 -過剰適応傾向と第二反抗期経験の関連-
  • ティーム保育における教師間の役割構造 -補助的教師の「働き」を規定するもの-
  • 中年期の妻による夫のサポートの評価 -帰属に注目して-
  • 幼児の「生活画」への再考察 -体験と描画の関係性から-
  • 働く男性の性役割葛藤と精神的健康 -現代男性の“葛藤”を探る-
  • 孤独感と自己肯定意識との関連 -CBAと対処行動に着目して-
  • 出産を経験することによる女性の役割意識の変化 -精神的健康との関連-
  • 青年期女子の「子どもを産みたい」理由と「子どもを産みたくない」理由について -女性性受容,平等主義的性役割態度,個人としての自己実現との関連-
  • 女子大学生における摂食障害傾向と食行動および体型に対する捉え方との関連 -拒食や過食の心理的意味とボディイメージの観点から-
2009(平成21)年度
  • 3歳児のごっこ遊びの展開における物見立ての役割
  • 日本におけるESD実践校の可能性と課題 -ホールスクール・アプローチの視点から-
  • フィンランドの教育における“自立した学び”の出発点 -エシコウルを中心に-
  • オープンスクールの効果的な活用に関する研究
  • 幼稚園における在宅育児支援の可能性 -未就園児の親子登園活動の意義と課題-
  • スウェーデンのプリスクールクラスにおける就学準備教育
  • 異年齢児との接触経験は幼児の「心の理論」獲得を促進するか?  -心の多面性の理解に対するきょうだい及び異年齢保育に関する検討-
  • 女子大学生におけるアサーションの規定要因 -アサーション経験の豊かさと他者のサポート要因を加えた検討-
  • 「過剰適応」の実態をさぐる -過剰適応測定尺度の再検討-
  • 性役割観と5因子性格特性から見る女性の怒り対処行動
  • 中年期の母親の自立受容と娘の自立との関連について -自立受容の関連要因の検討も含めて-
  • 完全主義と精神的健康の関連 -ストレス状況への認知的評価およびコーピングのパターンの検討-
2008(平成20)年度
  • 遊びの拠点成立を目指した園庭環境の工夫 -幼児の遊びが持続・発展するための試み-
  • 4,5歳児の対人関係における自己制御能力
  • 教師の感情労働の測定の試み -感情労働とバーンアウトとの関連の検討-
  • 在宅高齢者介護の現在とその性差 -介護負担感,介護満足感,生活満足感について-
  • 否定的内容・肯定的内容の自己開示への抵抗感と自尊心,シャイネス,孤独感との関連
  • 女子大学生における自己の否定的側面の受容と精神的健康との関連 -自己の諸側面における検討-
  • コーピング選択にかかわる認知過程と心理的ストレス反応
2007(平成19)年度
  • 中学生の援助要請行動とその背景 -SC・教師・親・友人に焦点をあてて-
  • 中年期夫婦に見られる認知差の検討 -夫婦関係心理的自立度を中心に-
  • 公立小学校におけるインクルーシブな理念に基づく学校づくりに関する研究
  • 親であることの意識
  • 乳児後期における泣き行動の発達
  • 小学校教師のバーンアウト -関連する諸要因の検討-
  • 小中一貫教育についての研究 -公立学校における先行的事例を中心として-
  • 在日就労外国人における文化受容態度と日本での適応 -曖昧さ耐性に着目して-
  • 大学生の友人関係に関する研究 -ジレンマに焦点をあてて-
  • 中学生の感情覚知 -日本語版LEAS-Cの構成概念妥当性の検討-