1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 学部
  4. 学科・専攻案内(2~4年次)
  5. 哲学科

哲学科Department of Philosophy

哲学は知を恋する心。幅広い視点で、物事を深く考える力を身につけます。

今日の世界を取り巻く問題は非常に複雑です。哲学を学ぶこととは、そうした問題に対して短絡的に答えを求めず、考えるべきテーマを考察し、真理を探求する技法を身につけること。4年間で、古今東西の思想家が記した原典を通じて哲学の深淵に触れ、人間を取り巻く諸問題と向き合いながら、自らの思考を論理的に説明する力を身につけます。哲学、倫理学のほか、美学、芸術学、キリスト教学なども哲学科の学問領域です。

学科の特徴

1自分の関心・興味に応じた自由な学び

学生は自分の関心に応じて自由に講義や演習に参加することができます。幅広い分野の多様な学びを通して視野を広げ、関心を持ったテーマを深く考察することで、心に知的な栄養を与えていきます。

2原典重視の学び

外国語の文献、日本語の古文、古代漢語の文献など、原典に直接に向き合うことを重視しています。これこそが哲学的な真理探究の予備的な訓練であり、特に古代の先哲の言葉を通してその息づかいを感じることは、なにものにも代えがたい喜びをもたらします。

3演習形式の授業で哲学的な議論をする

少人数の参加者がともに考え、議論を重ねてゆく演習形式の授業にも力を入れています。講義が知識の習得を目的とするなら、演習は知識に基づく思想形成の試みであり、議論を通じてそれを実践するのは、二千数百年にわたる哲学の古い伝統です。

学びの分野

哲学・倫理学

哲学・倫理学のさまざまなテーマについて、それらが思索されてきた歴史を振り返り、現在の諸問題と関連づけて理解する。

学びのキーワード
  • 思想史
  • 存在
  • 認識
  • 言語
  • 他者
  • 自然

美学・芸術学

美や芸術に関する思想や、日本・西洋・東洋の美術史を学び、美的体験や芸術制作についての洞察を得る。

学びのキーワード
  • 美的判断
  • 間主観性
  • 美的体験
  • 芸術制作
  • 美術史
  • 芸術論

キリスト教学

聖書や神学、現代におけるキリスト教とその価値観、キリスト教音楽・美術・文学など、キリスト教について幅広く学ぶ。

学びのキーワード
  • 旧約聖書・新約聖書
  • キリスト教と現代
  • キリスト教芸術

日本思想史学

古代から現代までの日本人の世界観、美意識、宗教などを多面的に学ぶ。

学びのキーワード
  • 日本の思想
  • 日本の宗教
  • 日本的美・自然観
  • 日本の芸道・武道

生命・環境・社会の哲学

科学技術、環境、医療、人権などをめぐる諸問題について、現代社会の諸相や国際社会の情勢を踏まえながら、徹底した議論ができるように理解を深める。

学びのキーワード
  • 医療倫理
  • 自然の権利
  • 環境問題
  • 持続可能性
  • 共生

学びの流れ

画面を拡大してご覧下さい。

学びの流れ

卒業後の進路

本学科の卒業生は、広い視野、論理性、自由な発想を身につけ、金融、マスコミ、I T、サービス業(ホテル等)、運輸業(航空等)などの一般企業に多く就職いたします。一般企業以外にも、法律事務所の秘書職や研究機関、教育・公益機関、神社など幅広い就職実績があります。

卒業後の進路
【その他】
建設業/製造業/電気・ガス・熱供給・水道業/運輸業・郵便業/不動産取引・賃貸・管理業/その他の専門・技術サービス業/宿泊業・飲食サービス業/医療業・保健衛生/社会保険・社会福祉・介護事業/地方公務

取得できる免許・資格

  • 中学校教諭一種免許状(社会・宗教)
  • 高等学校教諭一種免許状(地理歴史・公民・宗教)
  • 日本語教員
  • 博物館学芸員
  • 図書館司書
  • 司書教諭

教員紹介

伊豆藏 好美

担当科目哲学概論Ⅰ、倫理学概論Ⅰ、哲学演習Ⅰ、社会思想史Ⅰ・Ⅱ

主として西洋近世哲学を研究しています。特に17世紀のホッブズ、デカルト、スピノザ、ライプニッツ等の哲学が、いかにして「西洋近代」を超える「ポスト・モダン」的な思考の可能性を宿していたかを探っています。

加藤 和哉

担当科目キリスト教学Ⅰ、キリスト教学概論Ⅰ、倫理学演習Ⅱ、キリスト教学演習Ⅲ

ギリシア哲学との接触を通じて成立した西洋中世キリスト教思想(トマス・アクィナスなど)の研究をしています。また、生命・医療・環境・技術・教育・宗教などをめぐる現代の倫理的課題も扱っています。

加藤 好光

担当科目哲学・倫理学特講Ⅰ・Ⅱ、哲学演習Ⅲ、美学・芸術学演習Ⅲ、ギリシア語Ⅰ

哲学的美学が私の専門分野です。私たちが世界の中で「外から内へ」はたらきかけられ、「内から外へ」はたらきかけていくその典型として「美的体験」と「芸術制作」とを考えています。

上石 学

担当科目美学・芸術学概論Ⅰ・Ⅱ、美学・芸術学演習Ⅱ・Ⅳ、ギリシア語Ⅱ

芸術作品を創る際の芸術家のあり方や芸術作品の鑑賞者の体験について考察し、特に作者の「自己」や、作品を中心に生み出される人と人との結びつき・共同体について研究しています。

冨原 眞弓

担当科目哲学概論Ⅱ、倫理学概論Ⅱ、哲学演習Ⅳ、宗教思想史Ⅱ、近代哲学史Ⅰ

私たちが日常的に依拠している近代的思考の妥当性と限界をさぐり、宗教・哲学・文学・政治・芸術の人為的な枠組をこえて浸食しあう「境界的な現象」を扱います。専門は近代以降の西欧哲学です。

長野 美香

担当科目日本倫理思想史Ⅰ・Ⅱ、キリスト教学Ⅰ、日本思想史学演習Ⅰ、倫理学演習Ⅲ

日本の伝統的な思想、特に信仰心をめぐる諸思想を研究しています。授業では古代から現代までを視野に入れ、古今の思想書・宗教書だけでなく、文学、また時には実地踏査も交えて進めています。

山田 庄太郎

担当科目ラテン語Ⅰ、キリスト教思想史Ⅱ、キリスト教学Ⅱ、キリスト教学演習Ⅰ、宗教思想史Ⅰ

古代末期のローマ帝国において、キリスト教思想家たちがどのようにギリシア・ローマの思想に向かい合い、自らの思索を発展させていったのかについて、思想史的観点から研究を行っています。