1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 学部
  4. 学科・専攻案内(2~4年次)
  5. 国際交流学科

国際交流学科Department of International Studies

世界を視野に入れた価値観を築き、グローバル社会で活躍、貢献できる力を培います。

国際社会は今、政治、経済、文化などが絡み合い、複雑性を増しています。多元化する世界の諸問題を読み解くためには、世界を視野に入れた新しい価値観、多角的な視点を備えていかなければなりません。国際交流学科では、グローバル社会で活躍するために欠かせない見識、積極的に他者と関わる力、発信力を鍛え、今日の国際社会の問題解決に貢献する能力と自信を身につけた人材を育成します。

学科の特徴

1グローバル社会で活躍し、貢献するために

国際交流学科の目標は、社会の変化に適切に対応できる見識と幅広い視野を備え、異なる文化間の深い相互理解を持ち、国際社会に貢献できる人間を育てることです。本学科で身につけた専門性とコミュニケーション能力を活かし、多くの卒業生が国内外のさまざまな分野で活躍しています。

2実践的な語学力とコミュニケーション能力

原則としてネイティブの教員により、英語のほか、第二外国語(フランス語、ドイツ語、スペイン語、中国語、韓国語から選択)を実際に使えるレベルに高めます。加えて、留学等の海外体験により、国際貢献の実践に不可欠な語学力とコミュニケーション能力・発信力を徹底的に習得します。

3国際政治、経済、文化などの最新の専門的知識

今日のグローバル社会にあって、将来、国境の内外で活躍、貢献するためには、現在地球上で起こっているさまざまな出来事とその意味への深い洞察力が欠かせません。そのため、本学科では語学だけでなく、国際政治、経済、文化、国際協力・援助などの最新の専門的知識を幅広く学びます。

学びの分野

グローバル社会コース

国際政治、世界経済、国際協力、国際法、文化政策などに関する最新の専門知識に加え、英語運用力やICTを活用する実践的な能力を高める。少人数での演習、国際機関や企業でのインターンシップ、留学などによってグローバルな視座を獲得し、将来のキャリア形成を意識した自発的な学びを進める。

学びのキーワード
  • 国際政治
  • 安全保障
  • 国際経済
  • 知識経済・デジタル社会
  • ビジネス
  • グローバリゼーション
  • 国際法
  • 公法
  • 人権保障
  • 多文化共生
  • 文化多様性
  • 世界遺産
  • 国際機関
  • 国際協力
  • 開発援助
  • アクティブラーニング
  • 留学

異文化コミュニケーションコース

ほぼ全学生が海外での学びを体験し、現地で各自のテーマに応じた調査・研究を行う。帰国後、演習によって研究をさらに発展・深化させ、卒業論文へとつなげる。留学の体験から、グローバル化する社会に不可欠な、高いコミュニケーション能力と広い見識を獲得し、世界の諸問題を深く考察する。

  • 留学は本人の希望と成績等の状況によります。留学を希望する場合は、別途留学の費用がかかります。
学びのキーワード
  • 異文化理解
  • 異文化体験
  • 比較文化
  • 留学
  • スタディーツアー
  • 言語と文化
  • グローバル時代の法
  • フランス文化・芸術
  • 東アジアの社会と文化
  • 国境を超えるメディア・ニュース
  • カルチュラルスタディーズ

学びの流れ

画面を拡大してご覧下さい。

卒業後の進路

本学科の卒業生は、国際機関の職員や国内外の金融業界、商社、航空会社、IT 関連などの日本だけではなく、海外と関わりの強い業界にも多く就職しています。その他、記者やアナウンサーなどのマスコミ関係、あるいは旅行関連、法律事務所、国内外の大学院への進学など、進路はさまざまです。

【その他】
建設業/不動産取引・賃貸・管理業/法務/宿泊業・飲食サービス業/生活関連サービス業・娯楽業/学校教育/その他の教育・学習支援業/医療業・保健衛生/複合サービス事業/国家公務/地方公務/国内進学

取得できる免許・資格

  • 日本語教員
  • 博物館学芸員
  • 図書館司書
  • 司書教諭

活動紹介

教員紹介

担当科目文化多様性実習、文化遺産学、UNESCO and the World Heritage Convention、International Policies for Cultural Sustainability、Project Planning for InternationalCooperation、国際文化協力演習Ⅰ・Ⅱ

文化遺産学。比較文化政策学。世界遺産制度を通じた国際協力。国連機関で10年近く国際文化協力の現場に携わってきました。国際関係における文化の役割、文化が持続可能な発展に果たす役割を追究し続けています。

担当科目1年日本語A・B、日欧思想交渉史入門、国際比較文化演習Ⅰ・Ⅱ、グローバル・コミュニケーション、グローバル・スタディーズ

キリスト教が日本に伝わり日本の社会・文化や日本人の考え方にさまざまな影響をもたらしました。その影響がどんなものであったかを「思想」としてとらえて考察・研究しています。

担当科目English Communication Ⅰ・Ⅱ、グローバル・コミュニケーションⅣ、言語コミュニケーション演習

グローバル社会における言語と文化の関係について研究しています。難民や移民として大人になってから新しい言語を学ぶ人も増える中、人はどのように言語や異文化でのコミュニケーション術を習得するのか、文化や社会が人々の使う言語やアイデンティティーにどのような影響を与えているか、について興味を持っています。その他、リーダーシップとコミュニケーションについても研究をしています

担当科目1年中国語(文法)A、中国社会文化演習Ⅰ・Ⅱ、中国文学概論

中国の古い時代の哲学や思想を研究の対象にしています。特に論理や論理学に関係する思考に興味があります。最近は新たに出土した木簡・竹簡・帛書なども研究の対象に加えています。

担当科目国際法、公法とガバナンス、現代人権論、世界の人権、地域研究2(EU)、国際人権論演習Ⅰ

専門は国際法学、特に国際人権法です。生まれ育った環境も文化も異なる人々が対等に共存することの重要性が強く強調される現代の社会において、これをいかに実現し得るかという課題に、法学研究の立場から取り組んできました。国際法によって設定されるさまざまな人権基準の実現をいかに国内法の中で図るか、日本と高度に制度化が進んだヨーロッパを比較しながら研究しています。

担当科目グローバル・メディアⅠ・Ⅱ、国際メディア論演習

人間の活動がグローバル化することに伴ってその必要性が増してきている、「グローバルジャーナリズム」を実証的に研究してきました。最近は、「アジア共通のニュース」を構想してみようと取り組んでいます。

担当科目1年フランス語(オラル)A、表象文化論演習、フランス語コミュニケーション、グローバル・コミュニケーション

文学や映画など、さまざまな媒体を通した戦後の日仏文化交流のありさまを研究しています。とりわけ双方の文化の架け橋となる「翻訳者」の役割とその社会的立場に着目し、メディア論に基づいた新「翻訳論」を提唱していきたいと考えております。

担当科目国際政治学、政治学、国際問題特殊講義、国際政治演習Ⅰ・Ⅱ

国際政治学、国際関係論。とくに戦争という不思議な現象、それを封じ込めた現代ヨーロッパの方法、そのことを参照しながら、日本周辺のこれからの厳しい国際関係をどうしていけばいいのか、ということを考えています。

担当科目1年フランス語(文法)A、フランスの社会と文化、フランス文化演習Ⅰ・Ⅱ、グローバル・スタディーズ

19世紀にオリエント(トルコやエジプトといった近東の国々)を旅したフランス人作家が書いた旅行記を手がかりに、彼らが西洋とは異なる人々や風物をどのように眺めたのかといった問題を研究しています。

担当科目マクロ経済学、経済政策論、ミクロ経済学、ICT社会論、国際経済学2、国際経済演習Ⅰ・Ⅱ

専門は国際経済学、国際政治経済学です。問題意識は21世紀の地球社会にあります。直近の研究では、ICT技術が資本主義経済をどう変化させ、台頭しつつある意識が作り出す新しい経済協力のあり方に興味を持っています。

担当科目法律学(含国際法)、憲法、グローバル・スタディーズ、国際比較法演習Ⅰ・Ⅱ

契約上の問題につき ①当事者にとってフェアな「契約違反」の処理 ②契約当事者以外の人たちにも契約の効果が及ぶ場合 ③損害賠償のルールはいかにあるべきか、を中心に考えています。