1. HOME
  2. 大学案内
  3. 情報公開
  4. 高等教育の修学支援制度

高等教育の修学支援制度

2020年4月からの「大学等における修学の支援に関する法律」(以下、「大学等修学支援法」という。)について、本学への入学を目指す高校生や在学生に必要な情報および文部科学省に提出した機関要件に係る申請を行い、2019年9月20日付けで高等教育の就学支援制度の対象校として認定されました。

(A) 本学への入学を目指す高校生、在学生に必要な情報

(1) 成績基準について

大学等修学支援法で支援を受ける学生は、本学での学業成績の指標となるGPAにて、各学年で上位2分の1以上であること、支援打ち切り基準は下位4分の1とされています。
この成績基準は在学生の成績により毎年変動しますが、以下に本学の2019年度(2019年2月15日調査)を例示します。
最新の基準については以下をご参照ください。
2020年2月15日調査

1年次在学生のGPA数値の分布状況

GPAの算出方法は「在学生の皆さんへ」のページの履修要覧のp.31を参照してください。

画面を拡大してご覧下さい。

在籍者数:607名(2018年度入学者で退学者を除く)
※2017年度以前入学者で1年次生を除く
GPA2分の1: 2.75
GPA下位4分の1: 2.26

2年次在学生のGPA数値の分布状況

画面を拡大してご覧下さい。

 

 

在籍者数:525名(2017年度入学者で退学者、2年次生でない者、休学の者を除く)
※2年次に修得した科目のみのGPAを集計
GPA分の1: 2.73
GPA下位4分の1: 2.26

3年次在学生のGPA数値の分布状況

画面を拡大してご覧下さい。

 

 

在籍者数:527名(2016年度入学者で退学者、3年次生でない者、休学の者を除く)
※3年次に修得した科目のみのGPAを集計
GPA2分の1: 2.77GPA下位4分の1: 2.30

※次の認定要件の詳細については、文部科学省WEBサイトをご参照ください。
・支援措置の対象となる学生等の認定要件について
・支援対象者の在学中の支援の扱いについて

(2) その他

1) 聖心女子大学の学費その他の納付金について

学費その他納付金についてはこちらをご覧ください

2) 申請等手続きについて

募集・申請に係るスケジュールなどの詳細は、決定次第、本ページやSophie(聖心女子大学就学支援システム)を通してお知らせします。

(A) 入学予定者
(入学手続時) 一旦、通常の入学手続をとっていただきます。
(入学後) 5月以降、日本学生支援機構による審査の後、決定された給付金額が返還されます。
入学後の手続につきましては、4月のオリエンテーション期間中の説明会でご確認ください。

(B) 在学生
学費の納入については、本申請に係る日本学生支援機構の採用決定通知が4月以降になるため、申請中の学生も全額を一旦納付していただきます。採用が決定した学生には、5月以降に決定された給付金額が返還されます。
ただし、(B)在学生については、4月の学費納入が難しい場合には、「授業料等納付金の延納願」を提出してください。延納願を提出した在学生については、審査結果が本学に届き次第、差額を速やかに納付することといたします。

日本学生支援機構「奨学金の制度(給付型)」はこちらをご覧ください

(B) 機関要件に係る申請書 および関連情報