1. HOME
  2. ニュース
  3. 2022(令和4)年度の授業実施方針について

ニュース

2022(令和4)年度の授業実施方針について

聖心女子大学「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)」対策本部

聖心女子大学では、新型コロナウイルス感染状況を踏まえ、対面授業の安全な再開時期と方法を検討して参りました。その結果、2022年度の授業について、下記の方針を決定しましたのでお知らせいたします。

1.2022年度の授業について
新型コロナウイルス感染症対策のため(2021年度同様)教室定員の3分の2を基準とし、対面授業を中心に実施します。
学生からの意見や、これまでに培った経験をもとに、オンライン授業により学修機会を増やすことができ、効果的であると大学が指定した一部の科目はオンライン授業とします。

2.「新型コロナウイルス感染症対策のため対面授業の受講が困難である届出」の取り扱い
2021年度と運用方針を若干修正するものの、引き続き、外国人留学生で再入国が困難な学生や、身体的疾患等の理由により新型コロナウイルス感染症に感染した際、重症化する可能性が高い学生(医師の診断書等の根拠資料の提出を必須とする)には、本届出の受理後、オンライン授業(オンデマンド型、リアルタイム型、資料提示を含む)での受講を認めます。
運用の修正内容は教学支援システムSophieを通して学生に通知します。
シラバスの授業形態に「実習」と記載されている授業については対象外です。

皆様におかれましては、本学の授業実施方針につきまして、引き続きご理解とご協力のほど、どうぞよろしくお願いいたします。
なお、感染拡大の状況によって、本授業実施方針が変更になる場合もありますので、引き続き大学公式WEBサイト等を随時確認してください。

以上