1. HOME
  2. ニュース
  3. 新型コロナウイルス感染症への対応について

ニュース

新型コロナウイルス感染症への対応について

学長メッセージ

聖心女子大学学長 髙祖敏明

新型コロナウイルス感染症は、いまだ収束の段階には至っていません。しかし、教育研究活動は対面でこそ得られる効果が大きいことも事実です。そこで、本学では、これまで蓄えた感染防止対策の経験を踏まえて安全に十分配慮しつつ、2022年度は、約8割の授業を対面形式で行うことを決定しました。これにより、大学のキャンパスで学生同士が互いに顔を合わせ、学生と教職員が直接語り合う教育コミュニティを再開します。加えて、オンラインを活用した新たな授業方法も展開し、教室を超えて、多様な社会、多様な文化との接点を広げながら、聖心女子大学本来の教育研究活動をさらに充実させていきます。

課外活動やボランティア活動は学生たちが互いに協力し合い、若い力で新たな社会や文化を創造する大切な磁場です。聖心の学生が歴代培ってきた技能や価値観を後輩に伝えていくためにも、感染防止に配慮しながら、活動を再開したいと考えています。これまで、制約が多い状況のなか、オンラインの活用や自宅での取り組みなど、様々な工夫を重ね活動実績を積み上げてきた皆さんに感謝するとともに、引き続き大学としても出来る限りのサポートをしていきます。

聖心女子大学は、学生・教職員・卒業生・保護者の皆が一体となって運営される教育コミュニティです。これまで、本学からの情報発信や要請に対して皆さんが示してくださったご理解とご協力、適切な対応に心より感謝を申しあげますとともに、コロナ禍での経験をウィズコロナ・ポストコロナ時代への糧として、「新しい日常と未来」をご一緒に創っていきたいと思います。引き続きご理解とご協力のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

1学生・保護者の皆さんへ

2大学の運営体制について

3新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する最新情報