1. HOME
  2. ニュース
  3. 2021(令和3)年度の授業形式について

ニュース

2021(令和3)年度の授業形式について

聖心女子大学「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)」対策本部

聖心女子大学では、2021(令和3)年度の授業形式について、基本的な方針として、対面・一部対面授業を出来るだけ多くにて実施することといたします。
具体的にどの授業が対面、オンラインであるかは、シラバスの記載内容とともに、新型コロナウイルス感染症の感染状況を踏まえた、最新の授業実施方針を確認してください。
ただし、事情により配慮が必要な学生は、事前に登録することで対面授業であってもオンライン受講(ハイブリッド形式=リアルタイム型またはオンデマンド型、課題提出などによる代替等を含む)を認めます。
また、登校前に自宅で体温測定を行っていただき、発熱や風邪症状等がある場合は登校を控えてください。この場合も、その事情に配慮することといたします。(「来校時・対面授業受講時に知っておいていただきたいこと」を参照)

本学では、授業の実施にあたって、引き続き感染リスクの軽減と拡大防止に最大限の配慮をして参ります。具体的には、対面・一部対面授業においては従来の教室定員の3分の2を新たな定員として学生同士の間隔を1m程度は開けられるようにする、学生・教職員ともにマスクの着用の義務付け、換気の徹底、などです。
学生の皆さんにも、手指消毒の徹底、大声での会話を慎む、会話する際は2m程度離れる、黙食での食事、など各自で十二分に注意していただくよう要請いたします。

オンライン授業については、これまでに実施した学生へのアンケート調査や授業担当者の意見などから、課題とともに長所も分かってきました。オンライン授業では、こうした知見に基づき、引き続き授業方法の改善に努めてまいります。これらの他にも、決定したことからSophie(教学支援システム)や大学公式WEBサイトを通してお知らせします。

なお、2021年度後期の授業形式については、以下のリンク先の文書をご参照いただくようお願いいたします。

2021(令和3)年度後期(9月24日(金))以降の授業等の対応について