1. HOME
  2. ニュース
  3. 2021(令和3)年度後期の学生支援について

ニュース

2021(令和3)年度後期の学生支援について

2021年度後期は、新型コロナウイルス感染症の状況を考慮して、当初の授業はすべてオンラインで実施しますが、その後は対面授業(含むハイブリッド授業)の再開を含めて、シラバス記載内容通りの授業形式で授業を実施できるように努めてまいります。

新型コロナウイルス感染症のリスク軽減と拡大防止を図るために、感染防止にこれまで以上に配慮をしつつ、教育活動をつづけていくという基本姿勢を保ってまいります。

併せて、学生の皆さんが学修に取り組むことのできる環境を維持・向上するために学内の学生担当部署が工夫を凝らして支援をしてまいります。以下のとおり、本学には学生の皆さんのさまざまなニーズを掬い上げ支援する部署が多数あります。何か困ったこと、心配なことなどがあれば、学生生活課を始めとして、該当する部署に何でも遠慮なくお申し出ください。皆さんひとりひとりが安全で実り多い大学生活を気持ちよくすごせるように、心より応援しています。

学生担当副学長 安達まみ

【支援内容】
1.  奨学金について(学生生活課)
経済的理由等により奨学金を必要とする学生に対して奨学制度があります。給付(返還不要)と貸与があり、貸与の場合は卒業後定められた年数内に返還の義務があります。いずれも人数に制限があり、書類等による選考(選考基準:学力・家計等)があります。
詳細はこちらから

2. 学費延納制度について(学生生活課)
学費納入については所定の手続きにより納付期限を延長できます。
詳細はこちらから

3.  1年次生へのサポートについて(1年次センター)

1年次生の大学生活や学業に関する総合窓口として1年次センターが対応しています。センターの窓口やメールにて、「何気ないこと・ちょっとしたこと」から、「本当に不安なこと・困っていること」まで相談を受け付けています。相談を受け付けた後、1年次センターから回答をしたり、学内の適切な部署につないだりしています。そして、1年次生に対して、多様なイベントや学生生活に関する情報を、バーチャル1年次センターやUSH-Cloud内「1年次センターからのお知らせ」より発信しています。学科専攻決定や次年度に向けた情報は教学支援システム「Sophie」からの情報発信となりますが、不安なこと・知りたいことなどの相談は1年次センターでも受け付けています。
詳細はこちらから(本学1年次生のみ) 

 

4. マグダレナ・ソフィアセンターによる支援
<カトリックルーム>                                                学生ミサを、毎週木曜日のお昼休み(12:35~13:05)に聖堂で行っています(緊急事態宣言発令中は中止)。本学学生はどなたでも参加できますので、初めての方もこの機会にぜひご参加ください。
宗教についての質問や洗礼のことなど何かご相談のある方は、授業の合間などでも気軽にお立ち寄りください。メール(mscenter@u-sacred-heart.ac.jp)でも受け付けています。
カトリックルームの活動内容についてはこちらから(本学学生のみ)

<ボランティアルーム>
ボランティアルームでは、ボランティア活動など社会貢献活動の支援を行っています。ご相談は対面、メール、何れでも可能です。また、オンラインを活用した活動(Ecoマスクプロジェクト、被災地と本学を結んでの講演会など)も積極的に行っておりますので、ご相談下さい。ボランティア情報の提供は、メルマガ、Twitter、学内掲示板で行っておりますので、ご利用下さい。
詳細はこちらから(本学学生のみ)

 

5.  図書館による学修支援
2021年度後期授業開始に合わせ、図書館では、前期に引き続き適切な感染症対策を講じながら、学生の皆さんが安心して利用できる学修環境を整えています。閲覧室等各エリアの換気機能強化を目的とした窓の開閉調整機能改善、利用者用資料運搬カートの設置、グループ学習に合わせた学習机配置と机上のパーテションの増加など施設・設備環境の更なる改善に加え、オンライン授業受講のための専用エリアを十分確保し、継続してご提供していきます。

また、学生の皆さんへの学習支援・研究支援を一層充実させるため、通常の運用に加えて引き続き、貸出希望図書をご自宅へ郵送するサービスを継続して行い、図書と文献複写に係る発送料金に加え、当面の間、図書返送料金も大学で負担いたします。その他、オンラインによるレファレンス体制(予約制)により、学生一人一人の環境に応じた学修支援も引き続き行っています。

一人一人が、感染防止のために「新しい日常」(図書館ホームページに掲載)を今一度ご確認いただき、すべての利用者が気持ちよく・支障なく図書館を利用できるようご協力をお願いします。
聖心女子大学図書館ホームページ

6. 就職等の進路支援について(キャリアセンター)
職員との対面相談、またはGoogle Meetを用いたキャリアカウンセリングを実施しています。キャリアカウンセリングを希望の方は、進路支援システムTorchよりご予約ください。学年を問わず利用いただけます。
また、進路支援システムTorchでは、各種イベント情報、入社試験情報、求人情報、

インターンシップ情報等の検索ができる他、自宅で就職活動を進める際に便利な「オンライン就活コンテンツ」も充実しています。ぜひご利用ください。

進路支援システムTorchへのログインはこちらから(本学学生のみ)

7. 学生向け情報機器の貸出について(情報企画推進課)
パソコン(以下、PCと表記)を所持しておらずオンライン授業の受講に支障が生じている学生を対象として、一時的なPCの貸し出しを行っています。また、自宅にインターネット接続環境がなくオンライン授業の受講に支障が生じている学生を対象に、緊急対応としてモバイルルータの貸し出しをしています。
学生の申込方法等詳細はUSH-Cloud(学生向けページ) 「学内システム・アカウント・パソコンなどに関する情報」をご覧ください。

 

8. PCオープン利用室について(メディア学習支援センター)
学内でオンライン授業を受講する際に、基本的には個人所有のパソコン(以下PC)を持参し使用することを推奨していますが、PCを持参していない場合にPCが設置された受講室として、PCオープン利用室(メディア学習支援センター)を平日1限~4限に利用可能です。利用の際は事前の申請が必要です。

利用申請等詳細はメディア学習支援センターのWebサイトをご覧ください。

9. 来年度(2022年度)の海外派遣留学等について(国際センター)
(1) 2022年度海外派遣留学の方針について
① 来年度の長期留学(交換・推薦・認定)についての留学審査は予定通り10月、1月を予定しています。但し、実際の派遣可否についてはパンデミックの状況を踏まえて、本学の派遣方針、派遣国(地域)の入国制限状況の確認、受入大学等との協議を経て決定されます。なお、2021年度については、韓国以外への派遣留学は中止となりました。

②オンライン 短期留学について、今夏のオンライン短期留学同様、来春(2022年2〜3月)も開講を計画しています。
(2) 外国人留学生のサポートについて

①外国人留学生の出入国について

本国へ一時帰国の際は国際センターへ連絡するとともに日本との通信環境、外務省の水際対策(入国規制)を事前に確認ください。

外務省 「新型コロナウイルス感染症に関する水際対策の強化に係る措置について

② 外国人留学生の留学在留資格更新許可申請については、国際センターで対応します。手続きの詳細は、USH-Cloud(学生向けページ)外国人留学生をご確認ください。
③ 国際センターでは外国人留学生との交流を図るために、国際センターボランティアを募集しています。
以上、詳しくはUSH-Cloud(学生向けページ)よりご確認ください。

10. 学寮について

学寮では新型コロナウイルス感染症対策を多くの場面で設定しています。集団生活での健康を守るためにも、感染症対策にご協力ください。学寮の門限を20時と定め学生には不要不急の外出を控えるよう指導しています。

尚、一般の方の来寮はご遠慮いただいております。

11. 校医による対面・オンライン診察、医療スタッフによる対面・オンライン健康相談について(保健センター)
新型コロナウイルス感染症の影響で、授業も対面やオンライン等で行われています。保健センターとしても、皆様の健康を心配しています。
保健センターでは健康上の問題や不安について対面やオンライン(Google meet使用)にて健康相談を実施しています。                              なお、心の不安・不調の相談については学生相談室をご利用ください。

(1) 校医による対面・オンライン診察について
校医による対面・オンライン診察希望の方は保健センターに相談してください。

(2) 医療スタッフによる対面・オンライン健康相談について
【対面の場合】月~金 9:00~17:00保健センターへ来てください。
【オンラインの場合】 詳細はこちらから(本学学生のみ)

緊急対応が必要な体調不良などは、予約を待たず医療機関へご相談ください。
感染拡大・収束などの状況により対面、オンライン健康相談の実施については変更
の場合があることをご了承ください。

12. 心理カウンセリングや相談について(学生相談室)
新型コロナウイルス感染症にまつわる不安や変化を抱えながらの生活が長期化しており、ご自分で自覚出来ないようなストレスが蓄積してきている可能性があります。思うように課外活動に参加したり、交友関係を築くことが出来ず無力感を感じている方もいるかもしれません。学生相談室では、感染対策を講じながら臨床心理士が直接お会いしてお話をうかがいます。また、通学に不安があったり、遠方にいらっしゃる場合は Google Meet もしくは電話でのカウンセリングも実施しています。気になる事、ご心配な事がありましたら、一人で悩まずにどんなに些細な事でもお気軽にご相談ください。

相談の申し込みはこちらから(本学学生のみ)

学生相談室のツイッター
週に1回、構内の写真と共にカウンセラーからのメッセージやお知らせを掲示します。

以上